BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ出張・ホテル 2011.06.09

ある日の昼下がり、
やっかいな問題で、
頭を悩ませていると、
社長が来て言った。
「おい、マカオに行くぞ」
「は?」
それが今回の旅の始まりだった。

社長によれば、
6月8~9日の2日間、
マカオの「ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテル」で、
「G2E」が開催されるという。
G2Eとは、
アジア最大のカジノの展示会で、
最新の遊技機が展示される(らしい)。
その見学のためにマカオに出張する、
というわけだ。

だけど、
ウチはカジノの遊技機を作っているわけじゃないし ・・・
取引先のからみとか、
映像開発のからみとか、
何かあるのかもしれない。
まぁ、社長命令だし、
行くしかないけど(でも中国だしなぁ)。

参加者は役員3人。
つまり、
飛行機が墜ちたら経営陣全滅 ・・・
残された社員や会社は、
どうなるのだろう?

日程表をみると、
3泊4日になっている。
あれ?
たしか、社長、
「展示会の見学は2時間もあれば十分」
と言っていたけど、
なんで、3泊4日なんだ?

6月8日晴れ、
僕らは関西国際空港からマカオへ飛び立った。
飛行時間はわずか4時間、
ところが、
快適な空の旅とはいかなかった。
マカオ航空は、
座席が狭いし(特に足元)、
アルコールはビールだけ、
しかも、テレビもない。
それに僕は、
「高所恐怖症+飛行機恐怖症」なので、
生きた心地がしなかった。

午後7時30分(現地時間)、
マカオ国際空港に到着。
すぐに、機内アナウンスがあり、
「日本からのお客様は放射能の検査がございます」
あー、やっぱりな、福島第1原発事故だ。
メンドーというより、
どんな検査をするのだろう、
と興味がわいた。

飛行機から出たとたん、
クラっときた。
蒸し暑いのだ!
さすが亜熱帯、
日本の梅雨とは比べものにならない。

ターミナルの入り口に、
白い防護服を着た検査官が2人立っている。
おー、いたいた。
ところが、
検査官は乗客には目もくれない。
乗客はそのままターミナルの中へ、
検査は一切ナシ。
はぁ?
あの2人は何のために立っているのだ?

ターミナルに入ると、
今度は寒い!
寒い → 蒸し暑い → 寒い
身体がついていかない。
入国審査は、
ヨーロッパのように、
「What’s the purpose of your visit?(何しに来たん?)」
など、ウザイ質問は一切ナシ。
でも一応、
パスポートの顔写真はチェックしていた。
なんと、アバウトな ・・・

ターミナルの外にでると、
「○△×様」と書いた紙をもった人がたくさん立っている。
現地係員(ガイド)だ。
僕らのガイドさんは、
30歳ぐらいの中国人女性で、
スラリとした長身の美人。
生まれを聞くと、「大連」だという。
やっぱり ・・・
中国人は東北部(旧満州)と南部では体型が違うのだ。

接待でよく使うラウンジに、
長身で美人の中国人女性がいる。
彼女が言うには、
「北の中国人は、背が高くて、顔も綺麗で、色白、
南の中国人は、背が低くて、顔は○△で、浅黒い」
ちなみに、
彼女の出身は瀋陽(大連のさらに北)。
ただの自慢やろ、と思っていた。
ところが、
今回のガイドさんも同じことを言う。

このガイドさん、
名は「ランディ(Landy)」という。
中国名もあるらしいが、
英語名「ランディ」で呼んで欲しいという。
どうやら、これがマカオ流らしい。
じゃ、僕も英語名で、
と思ったが、
良い名が思いつかない。
この顔で「ロバート」はないだろうし。

専用のマイクロバスに乗りこみ、
ホテルに向うが、
10分ほどで到着。
バスを降りて、
ホテルを見上げると、
首が折れそうになる。
100メートル離れないと、
視界におさまらない ・・・
さすが世界一の巨大ホテル。
Macao_Venetian_view

この「ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテル」は、
中国名「澳門威尼斯人度假村酒店」???
左から読むのか右から読むのかもわからない。
まぁ、中国名はどうでもいいが、
全室スイートルームで、
3000室もあるという。
信じられん ・・・
こんなデカいホテル、
日本にあるのかな?

ランディが言うには、
「部屋の広さは40畳、
バスはイタリアから取りよせたホンモノの大理石です、ハイ。
とても豪華ですよ。
ゆっくり、おくつろぎください」
ちょっとヘンな日本語だが、
意図するところは、ちゃんと伝わる。

どこで日本語を習ったのか聞くと、
「金沢」だという。
僕たちも「金沢」から来たんですよ、
と言うと、
それはもう、大変な喜びようで、
金沢時代のことを、
ペラペラしゃべり出した。

ランディは、
中国の大学で、
2年間、日本語を専攻し、
金沢の北陸大学に留学し、
2年間、日本語を学んだという。
「なんで金沢だったの?」
と聞くと、
「ランディが生まれた大連と緯度が同じなんで、
なんとかなると思ったんです、ハイ」

さらにランディ、
「大連は雪がないけど、金沢は多いです。
でも、大連は風が強いし、カミナリも多いけど、金沢ないですね」
金沢は日本一の落雷地域なのに、
それより多いとは ・・・
遠い異郷の街、大連に思いをはせた。

それにしても、ランディ、
そこらの日本人より、
日本語がうまい。
頭の回転もメチャクチャ速いし、
都合が悪くなると、
お得意の「ハハハ」ですませるし、
明るさと知性を備えた魅力的な女性だ。

ホテルのフロントで、
ランディが3人分のチェックインをしてくれる。
その後、ランディが帰ろうとすると、
社長がトートツに、
「明日のショーの予約もお願いできますか?」
ショー?
あー、あのラスベガスの ・・・
あんまり興味はなかったが、
3人で観ることにした。

ところが、
当のランディ、ちょっと困った顔で、
「会社に帰って、
チケット3人手配しますけど
・・・
予約した後、
賭けごと(カジノ)に夢中になって、
キャンセルする人います。
そのときは、
ランディが払わなくちゃいけない ・・・」

おー、そりゃ可哀想だ。
僕たち日本人は紳士?だから、
なんとかしよう。
ということで、
キャッシュで前払いすると、
ランディがニッコリして、
「明日の夜、チケットとどけます、ハイ」
と元気に帰っていた。

ホテルロビーから、
絢爛豪華な黄金の回廊を行く。
Macao_Venetian_Front

内装はすべてロココ様式(後で調べた)。
まるで宮殿だ。
まっすぐ行くと、
カジノフロアにつきあたる。
ワクワクするが、
今日は先約がある。
じつは、前日、
取引先の人たちもマカオ入りしていて、
いっしょに会食する予定なのだ。

部屋に入ると、
ヒンヤリ。
ホテルは全館冷房なのだが、
部屋の中は涼しいどころではない(寒い)。
設定温度を見ると、なんと「20度」!
たぶん、
人がいようがいまいが、
冷房は入れっぱなし。
「節電節電」とうるさい日本を思い出し、
おーらかなマカオに感動した。

ランディが言ったように、
部屋の広さは40畳はある。
Macao_Venetian_LivingRoom

部屋は、段差のある2つのフロアからなり、
1つはベッドフロア、
もう1つはリビングフロア。
家具は、
ダブルベッドが1つに、
テーブルとイスが2セット、
テレビは2台もある(使い分けがわからん)。

インターネットは有線と無線があり、
FAX・プリンタ・コピーの複合機まである。
何に使うのだ?こんな観光地で。

バストイレは美麗な大理石。
壁には洒落た古地図、
装飾はすべてロココ様式だ。
なにもかもが豪華 ・・・

おっと、
感慨にふけっているヒマはない。
取引先の人たちが待っている。
香港在住の社長さんたちも来るので、
面白い話が聞けるだろう。
スーツケースをそのままにして、
急いでホテルロビーへ向かった。

by R.B

関連情報