BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■高専の就活①  2011.05.29

高専に通う息子が、
春休みを利用して、
自動車免許を取りに行った。
来春、就職するからである(予定)。

行き先は、
新潟県南魚沼市の教習所。
かんづめ合宿なので、
宿泊費、交通費を入れても、
金沢より安い。

ところが、
息子が南魚沼市に着くやいなや、
東日本大震災が起こった。
あげく、
福島第1原発の放射性物質の大量放出。

原発から南魚沼市までは、
直線距離で220km、
東京までとほぼ同じ。
東京の水道水から、
放射性物質が検出されたので、
油断は出来ない。
実際、
南魚沼市の放射線量は急増し、
通常の1.5~2倍。
いくら人体に影響はないとはいえ、
2倍は気持ちが悪い。

いつもは、ほがらかな息子だが、
毎日メールが来るようになった。
「父さん、帰りてぇ~。
放射能なんか浴びたくないよ~」(原文)

そこで、息子には、
原子炉が爆発したら、
車で救助に行くから心配すんな、
と、わけのわからない話で納得させた。

ところが、3月末、
高専から、突然連絡が入った。
息子は来春就職予定なのに、
必要な書類を提出していないのだという。
「希望する会社」を速やかに提出せよとのこと。
すでに、応募を締め切った会社もあるらしい。
えー、おい息子、大丈夫か?
ところが、
当の息子はそれどころではない。
南魚沼市で放射能におびえながら教習中 ・・・

3月末、
息子は自動車教習を終え、帰宅した。
「あ~、家はいいなぁ、パラダイスやわ」
と、すっかりくつろぎモード。
いつもの、ほがらかな息子にもどっていた。
小さい頃からお調子者で、
甘やかして育てた結果がこれだ。
息子の就職は僕が何とかするしかないな ・・・

さっそく、
求人票をチェック。
息子の電気工学科は、
就職希望者25人に対し、
求人は363社。
この中から候補を選ぶわけだ。
条件は、
1.金沢で働けること
2.離職率が低いこと
3.機械メーカーであること
4.シェアがトップであること

以下、その理由 ・・・

先ず、
「金沢で働けること」
当然のことだが、
職種が同じなら、
東京だろうが、金沢だろうが、
仕事の中味は変わらない。
技術なら設計、製造なら物作り、営業ならセールス、経理なら銭勘定、
それだけ。

であるなら、
田舎で親と暮らす方が、
生活費は安いし、
いざという時、助け合える。
僕はマイホームを中古で買ったが、
築2年、土地80坪、丈夫な4寸柱(普通は3寸柱)、
しめて、2200万円ナリ。
都心部ではまずムリ。

次の条件は、
「離職率が低いこと」
どんな自慢の大会社でも、
辞めたら意味がない。

さらに、
「機械メーカーであること」
息子は電気工学科だが、
あえて、機械メーカーを選ぶのは理由がある。

まず、
電子・電気業界はハイテクと思われているが、
じつはローテク(大手も含め)。
あちこちから電子部品をかき集めて、
組み立てているだけ。
ソフトウェアにしても、
古いソフトをコピペする人海戦術の世界。
ドキドキするようなソフトは1%もない。
なので、
思っているほど給与は高くないし、
労働条件は劣悪(サービス残業、徹夜、デスマーチ、35歳定年説)。

一方、機械業界は、
「メカの構造」や「製造方法」で
独特のノウハウを持つ会社が多い。
つまり、
「だれかれできない=ハイテク」
というわけ。
パソコンはどこでも作れるが、
工作機械は日本に集中しているのがその証拠。
一部の例外を除き、
電子・電気はローテク、機械はハイテク、
と思ったほうがいい。
(化学業界は超ハイテク)

それに、
最近の機械装置は、
必ず、電子・電気が付く。
なので、
機械メーカーでも
電子・電気の仕事はたくさんある。

最後の条件は、
「シェアがトップであること」
どんな小さな会社でも、
シェアがトップなら、
業界が無くならない限り、
潰れることはない。
これこそ、究極の安定。
「有名・デカイ・上場=安定」
は妄想に過ぎない。

さて、
綿密な調査の結果、
この4つの条件を満たす会社は2社あった。
1.焼却炉メーカー
2.研磨機メーカー

期限が迫っているという理由で、
先ず、焼却炉メーカーからアタック。
会社訪問した息子は、
こんな質問をした。
「御社の製品の優位点は何ですか?」
それに対し、担当者は
焼却炉の「パイプの形状」を自慢したという。
その夜、息子は僕に言った。
「父さん、俺 ・・・
パイプの”曲げっぷり”を競う会社には行きたくない」

ということで、
つぎに研磨機メーカーに挑戦。
この会社は聞いたことがなかったので、
先ず、業界通の知人に相談にした。
昔、物流システムメーカーにいた頃の上司で、
今は、工業団地の事務局長をしている。

さっそく、この元上司に電話し、
この研磨機メーカーについて聞いた。
すると、
「100人ぐらいの小さな会社だが、
世界トップシェアの商品をもっている。
技術力は高いし、
儲かっとるし(年間ボーナス5~10ヶ月)
社内の雰囲気もアットホーム。
まぁ、非の打ちどころのない会社やね」
これで決まり。

息子はすぐに会社訪問した。
すると、
確かにハイテクだし、
研修・教育もしっかりしている。
しかも、
食堂はホテルなみだったという。

ということで、
今回は息子も乗り気で、
準備万端、
選考会に望んだ。
筆記試験の後、
いよいよ役員面接。
「あれ、君、 成績悪いねぇ」
ふふふ、想定内 ・・・
息子は僕が授けた史上最強の回答で、
この難局を乗り切った。

息子は、
小さい頃から、ほがらかで、
口も頭も良く回った。
それで中学までは、
優等で通したのだが、
高専に入ってからは成績は低迷。
(高専の試験は一夜漬けではムリ)

まぁ、弱点といえば成績ぐらいで、
面接はなんとかなると思っていた。
1週間後に通知のはずが、
翌日、速達で結果が届いた。
内々定 ・・・ やれやれ一安心。

ここで、話ついでに、
息子の親友のM君の就活も紹介しよう。

M君は息子同様、
ほがらかキャラだが、
それにくわえ、
ガッツがある。
以前、電気工事士の筆記に合格したのに、
実技試験を受けなかった。
もったいない、なんで?
その日アルバイトだったから。

M君と息子は、
宿命のライバルで、
40人中30番を1点差で争っている。
(但し、仲はすこぶる良い)
そのM君の就活だが、
あっぱれ、
としか言いようがない。

まず、
誰も見向きもしない5社を選び、
「先生、誰か希望者いますか?」
「誰もおらんわ」

そこで、M君は、
プレス機メーカーの「S鉄工」を会社訪問した。
ところが、
人事担当者は、
長々と世間話をするだけ。
さすがのM君も心配になり、
「あの、工場見学させてもらっていいですか?」
「え?見たい?別にいいけど」
「・・・」

さっそく、2人で工場に向かう。
M君が、
「あ、メモを忘れたんで、ちょっと取ってきます」
担当者、
「いらんいらん、そんなもん」

工場見学は10分で終了。
帰り際に、
人事担当者は、
M君の目をジーっと見すえて、
「うちは採るつもりやからね」

そして、選考会の日、
面接で社長がいきなり、
「家遠いけど、どうするの?」
「はいっ?あの、アパート借りるつもりですけど」
質問はこれだけ。
その後、
社長の独演会が延々と続き、
面接は終わった。
M君いわく、
「せめて、志望動機ぐらい聞いて欲しかったわ」

じつは、
M君は志望動機と自己PRだけ準備していたのだ。
で、その志望動機だが、
「僕は子供の頃からプレス機が大好きで ・・・」
(一体どんな子供や)
まぁ、質問されなくて良かったと思う。

後日、
M君に内々定の通知が来た。
S鉄工にしてみれば、
会社説明会や面接などドーデモよかったのだ。
地方の高専生は地頭がいいし、
専門知識もある。
しかも、
大卒のように世間ずれしていない。
中小・中堅メーカーにとっては、
高専生は金の卵なのだ。
つまり、
M君は会社訪問を申し込んだ時点で、
採用が決まっていたのである。

その後、M君は、
「やっとアルバイトに専念できる」
と喜んでいたという。

ところで、
くだんの「S鉄工」だが、
しがない中小企業などではない。
重機で世界トップのK社向けに、
プレス機を納めている会社だ。
プレス機とは、
金型に合わせ金属を加工する工作機械である。
技術力もあるし、経営成績もいいし、給与も高い。
そもそも、
世界一企業のパートナー会社なので、
ヘタな上場企業よりよっぽど安定している。
M君がそこまで考えたとは思えないが、
彼の思いっきりの良さが、
人生を切り開いたのだろう。

人生は1回切り、
ところが、なぜか、
他人の人生を歩む人が多い。
世の中不景気だから、
みんな大手がいいというから、
自分も ・・・
こういう発想で、
人生を”クタクタ”にした人をたくさん見てきた。

それにくらべ、
M君の生き方はすがすがしい。
身の丈にあった会社、人生を選び、
たくましく生きている。
そんなM君の当面の目標は、
「25歳までに父ちゃんになって、
子供の運動会で大活躍する」

M君は人生を楽しんでいる、
そんな気がしてならない。

by R.B

関連情報