BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ガジェット③スチームパンク 2009.12.06

ガジェットは、
正真正銘の「スチームパンク・Steampunk」だ。

テクノロジーの進化がゆがみ、
スマートなエレクトロニクスが停滞し、
いわくありげなメカが支配する世界。
そんな異形世界の主役が、
キッチュな機械小物だ。
ガジェットは、
そんなオモチャであふれている。

「センソラマ・Sensorama」は、
まだ未完成の装置で、
緑色の光と、不可思議な映像で、
人間を洗脳する。
最高指導者オロフスキーは、
これで、
「人間の意識の統一」をもくろんだ。

鳥の羽のような翼なのに、
羽ばたくことなく、飛行する物体。
あの羽で滑空しても、
揚力は生じない。

高架レールにぶら下がり、
走行するモノレール?
後部にプロペラがあるが、
パラパラ回転する程度。
これでは推力は得られない。

そして、
ガジェットの主人公「エクスプレス」。
蒸気機関、電動モーター、それとも未知の機関?
動力は不明だが、
重厚で、力強く、美しい ・・・ ”It’s Steampunk.”

「スチームパンク」は、
「ニュートン力学」が「量子力学」を封印し、
「機械工学」が「電子工学」を淘汰した世界。
動力は蒸気機関、
または、それを彷彿させるもの。
制御はすべて機械式で、
機械式速度計(V2ロケットが実現)、
機械式計算機(バベッジが実現)
・・・ んー、いかにもキッチュ。

もちろん、
スチームパンクに厳密な定義はない。
ゴテゴテしているけど、カッコいい、
威圧感があるけど、スマート、
ハイテクだけど、クラシック??
・・・ 言葉で説明するのはムリか。

ならば、百聞は一見にしかず。
デイヴィッド・リンチ監督の「デューン/砂の惑星」!
この作品に優る「スチームパンク」はない、
と僕は思っている。

「デューン/砂の惑星」には、
劇場公開版と、TV放映版がある。
後者は、アメリカでTV放映されたノーカット版。
そのぶん、ダラダラしているけど、
「スチームパンク」を堪能するなら、
こっち。

15年前、
LD「デューン/砂の惑星プレミアム・ボックス」がリリースされた。
「劇場公開版+TV放映版」というマニア垂涎ものだが、
すでに絶版。
それどころか、
劇場公開版のLDもDVDも絶版となっている。
ということで、
中古以外は入手不可能。
(僕は全部持ってるけど)

ところで、
デイヴィッド・リンチが庄野晴彦の「ガジェット」にぞっこんだった、
というウワサがあるが、
たぶん、本当だろう。
デイヴィッド・リンチと庄野晴彦はお仲間なのだ ・・・
ところが、
「お仲間」はまだいる。

宮崎駿 監督の
「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」には、
様々なガジェット(機械小物)が登場する。
飛行船、戦車、ロボット ・・・
どれをとっても「スチームパンク」の匂いがする。
宮崎作品は、
ドロドロした「スチームパンク」とは無縁に見えるけど、
本当は・・・

「アーマーモデリング」という戦車専門のプラモデル月刊誌がある。
コテコテの「戦車+プラモ」マニアが、
自作のプラモを写真に撮って投稿する。
実物写真と見まがうばかりのリアリティで、
有名美大卒の連中も混じっている。

その「アーマーモデリング」で、
以前、対談があり、
タミヤの社長と宮崎駿が、
熱く語り合っていた。
宮崎駿の知られざる一面だ。

ガジェットは、
想像力で楽しむコンテンツだが、
手っ取り早く、知りたい人もいる。
それに応えたのが、ガジェット小説版、
「GADGET ザ・サード・フォース(マーク・レイドロー著)」だ。

沈黙のガジェットを、
活字で意味づけし、
一般ウケをねらったのだろう。
言ってしまえば、設定集、攻略本。
もちろん、僕は買わなかった。
ゴッホの絵をパーツごとに、
活字で説明するようなもの。
原作を壊すのは見えている。

次いで、
LD「ガジェット・トリップ/マインドスケイプ」もリリースされた。
映像と音を、繰り返し堪能するため?
だが、ガジェットの映像は、
ストーリーの合間、
一瞬見てこそ、価値がある。
美しく見るにはこれしかない。
正しく見たければ、
繰り返せばいいけど。

ガジェットは、
電子紙芝居システム、
スチームパンク、
そして、
庄野晴彦の才能と執念が、
融合した完全体だ。

だから、
最新CGでリメイクするなど論外。
モーツアルトの楽曲と同じで、
少しでも手を加えたら、
作品は死ぬ。

ガジェットは、
欧米でも高い評価を受け、
マルチメディアグランプリ通産大臣賞も受賞、
販売本数も10万本とウワサされた。
だが、現実は少し違う。

問屋のツクダシナジーの担当者によれば、
実売本数は3万本。
大ヒット、黒字は間違いないけど、
この程度の売上なら、
連発しないとビジネスは破綻する。

PCゲーム業界で、
それができたのは、
光栄(現コーエーテクモ)と日本ファルコムのみ。
そして、この2社だけが、
今も繁栄している(2009年)。

一方、ガジェットを開発・販売したシナジー幾何学は、
1998年に自己破産した。
その後、ツクダシナジーも破綻。
庄野晴彦の次回作
「アンダーグワールド・Underworld」も、
日の目を見ることなく
アンダーグラウンド(地下)へ。
そして、
ガジェットも絶版となった。

類似作品が一つとしてない秀作が、
無慈悲なビジネスの力学で、
抹殺されたのである。
版元が破綻した以上、
他のプラットフォームへの移植は難しい。

ゲームコンテンツは、
小説や漫画と違い、
再生機を選ぶ。
ガジェットが再生できなくなるのは、
時間の問題だろう。

スチームパンク史上、
「不朽の名作」になるはずだったガジェットは、
リリースからわずか数年後、
「幻の名作」となったのである。

by R.B

関連情報