BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■円安に強い商品・米国株 2015.08.09

以前いた会社の後輩が、
5年ぶりに上海から帰国した。
中国法人の首席代表から解放されたのである。
(ただし、本社にもどれば課長待遇)
彼は、2012年の尖閣諸島問題に端を発する、
反日・官製暴動も体験している。

あのときは、尖閣諸島戦争寸前だった。

というわけで、
昔の仲間と一席もうけ、
彼の無事帰還を祝ったのだが、
その席で、
彼は不吉なことを口走った。

「上海の物価は日本より高いんですよ。
僕が最初に赴任したときの2倍。
ランチが1000円なんですからね。
そこで、週に半分は自炊してたんですが、
材料費も日本より高い ・・・」

信じられないような話だが本当だ。

円安が進み、
中国の物価が2倍になったのだ。

これはモタモタしていられない。
円安に対抗して、
資産運用しなければ ・・・
もっとも、
投資額は小遣いに毛が生えた程度なのだが。

一方、
大金持ちは投資金額がハンパじゃない。
たとえば、
世界第4位の大富豪ウォーレン・バフェットは約5兆円!
・・・・
小さな国の国家予算じゃん。

では、我々庶民が投資に回せる金額は?

ゼロやわ!

なんて居直っていると、
激動のインフレ・円安の世界は生きていけませんよ!

そこで、「ゼロやわ」の人に重大なメッセージ。

これからの日本は、
物価は上がるけど、銀行利息は上がらない、
給料は公務員と大企業以外は上がらない、
社会保険料は上がるけど、年金受給額は減る。

何かの冗談?

いえマジです!

というわけで、
働いて稼ぐのは当然として、
資産も増やさなくては!

ただし、
増やすには種金が必要だ。
ここでいう種金は、
余剰資金のことで、
当面は使わなくてよいお金。
少なくとも100万円は欲しい。

もし、なければ、
3食を1食にしても貯めよう。

でも、
100万円を120万円にしてもねぇ~、
と余裕をかます、そこのあたなた!
20万円をなめてはいけません!

インフレが進めば、
この程度の儲けはチャラになるんですからね。
実際、2015年4月に入って、
値上げが目白押しだ。

たとえば、
デフレの象徴「すき家」までが値上げした。
牛丼並盛りが「291円→350円」。
じつに、20%の値上げだ。
「すき家」の裏切り者!
と言いたいところだが、
円安で輸入牛肉が急騰しているのでしかたがない。

つまり、
100万円が120万円になっても(20%上昇)、
物価の値上りで帳消しになる。
そこで、
100万円を少しでも増やそうと、
定期預金に入れても、
1年で200円しか増えない(金利0.02%)。
焼け石に水、
なんてシャレている場合ではないですよ!

そんなこと言っても、
100万円でできる投資なんてあるの?

ある。

インフレと円安を回避するには、
米国株の投信もいいが、
もっと儲かる商品がある。
「米国株の一本釣り」だ。

一般論として、
株式投資は投信よりリスクが大きいが、
銘柄さえ間違えなければ、
リスクは小さい。

そもそも、投信は、
ダウ平均を買うようなもので、
米国株式市場に連動する。
だから、
上がっても下がっても平均値。

一方、
株の一本釣りは、
優良銘柄であれば、
ダウ平均が暴落しても、
下落で済む。
しかも、
上がる時は、ドドーン。

もちろん、
元本保証ではないので、
ドドーンと下がることもある。

ただし、
心配は無用。
下がったら、売らなければいいのだ。
急落しようが暴落しようが、
売らない限り、損は確定しない。
余剰資金でやっていれば、
こんな芸当(長期投資)ができるわけだ。
だから、
株は意外にコストパーフォーマンスの良い商品なのである。
(ただし、信用取引はNG、現物取引に徹すること)

一方、
株は投信と違って、
どの銘柄を、何株、いくらで買うか、
自分で決めなければならない。

まずは、
どの銘柄を買うか?

もちろん、成長株!

それがわかれば苦労しません ・・・
では身もふたもないので、
僕が実際に購入した米国株を紹介しよう。

まずは、どの株(企業)を買うか?

選定条件は・・・

1.財務状況が良く、5年~10年は倒産しない。
・倒産したら元も子もない。

2.成長市場。
・自動車や家電のような成熟産業では成長は見込めない。

3.粗利率が一貫して高い。
・粗利率=(売上 – 原価)÷売上=会社の製造部門の利益率
・会社の付加価値を表し、高いほど競争力がある。

4.未来技術をもっている。
・これがないと株価が上がりようがない。

5.株価が急落している。
・いくら優良株でも、高値で買ったら、あとは下がるだけ。

というわけで、
今回、買ったのは「IBM」。
理由は、
「1~5」をすべて満たしているから。

ところで、IBMって何?

という人は、若い人だ。
少なくとも20歳未満。

IBMは、
かつて、世界最大のコンピュータメーカーだった。
1960年代、コンピュータといえば汎用大型コンピュータで、
その覇者がIBMだったのだ。

IBMの優位を決定づけたのが、
1964年、IBMが発表した「IBM360」だった。
ライバル企業が、「トランジスタ」に移行しようとする時期に、
次世代の「IC」を搭載し、
全機種に「共通OS」を採用し、
機種間のアプリケーションの互換性を保証したのだ。

このハードウェア(IC)とソフトウェア(共通OS)は、
ライバル企業の想像を絶するものだった。
数年~10年先をゆく未来技術だったのである。
この後、
コンピュータ業界は、
「IBMと7人の小人たち」とよばれるようになった。
このような寡占状態は、
1960年代から1980年代まで続いた。

ところが、
その後、コンピュータは、
「大型コンピュータ → パソコン → インターネット(クラウド)」
と大きく変化した。
そこで台頭したのが、
Apple、Microsoft、Intel、Googleである。
一方、IBMの影は薄くなるばかり。

ではなぜ、
そんな過去の遺物(失礼・・・)を買ったのか?

他社の追随を許さない「未来」をもっているから。

たとえば、ライバル企業を圧倒する未来技術。

IBMの技術ってそんなに凄いの?

ハンパじゃないです!

論より証拠、
まずはアメリカにおける特許取得数をみてみよう。

ベスト5を列挙すると、
1.IBM
2.サムスン
3.Microsoft
4.キャノン
5.パナソニック

見てのとおり、IBMがナンバーワン。

さらに ・・・

某大手メーカーの特許部にいる友人によれば、
「IBMの特許は中身が違う」

特許は数だけではないのですね。
(数も一番だけど)

このIBMの技術力の源は、
圧倒的なヒト・モノ・カネをかけた研究体制にある。

たとえば、
世界10ヶ国、12の研究所で3000人以上の研究員を擁し、
その中にはノーベル賞受賞者もいる。
ノーベル物理学賞を受賞した日本の江崎玲於奈博士も、
かつて、IBMのワトソン研究所の研究員だった。

というわけで、
IBMの研究体制は、
コンピュータ業界ではトップ!

でも、
体制がどんなに立派でも、
成果が上がるとは限らないのでは?

では、
今起こりつつある、
40年に一度のイノベーションの話をしよう。
(前回は1970年代のマイクロプロセッサ革命)

それは「人工知能(AI)」。

何を今さら、 昔、失敗したじゃん、
なのだが、
今回はホンモノだ。

これまでの人工知能は、
良く言えば、アカデミック、
悪く言えば、科学者のオモチャ、
もっと言うと、マスコミの記事ネタ。

ところが、
今回の人工知能は、
過去の遺物とは一線を画している。
人間のような感情をもつとか、
夢を見るとか、
そんな浮ついた話ではなく、
「問題解決=実用」
に徹しているのだ。

たとえば ・・・

ナマの文章(非構造化データ)をそのまま読んで、
有用な情報を抽出して、知識として貯えることができる。
さらに、
センサーから入力される膨大なビッグデータを分析し、
人間さえ気づかない相関関係を見つけることができる。
しかも、
自分で学習できるのだ(機械学習)。

そして、
この分野で頭一つ抜けているのがIBM。
たとえば、
IBMが開発した人工知能「ワトソン(Watson)」は、
2011年、アメリカの人気クイズ番組「ジェバディ!」で、
人間のチャンピオンをやぶった。

1997年、IBMのコンピュータチェス「ディープブルー」が、
チェスの王者ガルリ カスパロフをやぶったが、
それをしのぐ成果だろう。

というのも、
チェスは構造化されたゲームで、
プログラムしやすい。
ところが、
「ジェバディ!」の問題文は、
構造化されていない平文なので、
それ読み解く能力が必要だ。
そのぶん、
プログラムの難易度は上がる。

しかし、
ワトソンが凄いのはそこではない。
1.平文を読める(構造化されたデータベースではなく)。
2.そこから、有用な情報を抽出できる。
3.質問に答えることができる。

その用途が巨大なのだ。

たとえば ・・・

コールセンターで最適な回答を作成したり、
さまざまな災害を予防したり、
患者を診断し、最適の治療法を提案したり、
新薬を開発したり、
子供のおしゃべりの相手になったり、
・・・・
じつは、これは未来の話ではない。
すでに、ワトソンが実現しているのだ。

さらに、近々、ワトソンに、
画像認識や音声認識の機能が追加されるという。
画像認識機能があれば、
人工衛星が撮影した地球の画像から、
自然の変化や災害を予測できるようになる。
音声認識があれば、
人間とボイスでコミュニケーションできるようになる。

これらは、
限られたインテリジェンスだが、
一種の「人工知能」と言っていいだろう。

ところが、
IBMはワトソンを「人工知能(AI)」とは言っていない。
「コグニティブ・コンピューティング」とよんでいるのだ。
直訳すると、
認知コンピューティング?
なんとも控えめなネーミングだ。

ところで ・・・

それが株価とどんな関係があるのだ?

話はカンタン。

ワトソンの用途はとてつもなく広い。
だから、
ワトソンとその進化形は、
普遍的な「社会インフラ」になる可能性があるのだ。
道路や、水や、電気のように。
そうなれば、
ワトソンは巨万の富を生む。

もし、
世間がそのことに気付いたら、
IBMの株価は跳ね上がるだろう。
株式投資の本質は、
会社の未来の利益の”先取り”にあるのだから。

ところが、
IBMが凄いのは「未来」だけではない。
「現在」も凄いのだ。
たとえ、未来が素晴らしくても、
現在がダメなら、未来にまで届かない。
だから、ただのバクチ。

では、
IBMの「現在」を見てみよう。
次に示すのは、2014年のコンピュータ関連企業の経営成績。

【売上高】
1.Apple   :20兆円
2.IBM    :12兆円
3.Microsoft:9兆円
4.Intel   :6.5兆円
5.Google  :6兆円

【総資産】
1.Apple   :24兆円
2.Microsoft:17兆円
3.IBM    :14兆円
4.Google  :11兆円
5.Intel   :8兆円

ここで、
IBMを先の選定条件に当てはめると ・・・

1.財務状況:総資産で業界第2位

2.成長市場:成長を続けるIT業界に属している

3.粗利率  :常に50%前後をキープ
※パナソニック(30%)、任天堂(42%)、トヨタ(25%)

4.未来技術:コグニティブ・コンピューティング

5.株価急落:2014年12月~2015年1月に190ドルから150ドルに急落
※四半期決算が悪かったための狼狽売り。

というわけで、選定条件をすべて満たしている。

それに、
これは公然の秘密なのだが、

冒頭の大富豪ウォーレン・バフェットが
IBMの株を爆買いしているのだ! 

これだけ条件がそろっているのに、
IBMの株を買わない奴はタコだ!
の勢いで、
虎の子の定期預金を解約して、
161ドルで50株購入した(為替レート:1ドル119.25円)。
しめて、97万4700円なり(手数料含む)。

ここで、捕らぬ狸の皮算用
・・・・
まず円安が進み、1ドル「119円→160円」で「1.3倍」。
「人工知能の未来=IBM」と認知されたら、
株価は「161ドル→500ドル」で「3.1倍」。
(IT企業の現在の最高値はGoogleの500ドル)。

その2つ合わせれば、
1.3倍×3.1倍=4.1倍。
四捨五入して「4倍」!

おぉぉ~、100万円が400万円に!
夢は広がるなぁ~

ということで ・・・

IBMの社員ならびに役員の皆様方、
徹夜、サービス残業をいとわず、
死ぬほど働いてくださいっ!
僕の100万円を400万円にするために!
・・・・
守銭奴の独り言でした。

by R.B

関連情報