BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■「マヤの人類滅亡の日」は忘年会 2012.12.24

2012年12月24日、
クリスマスイヴ、
外は大雪↓

Chrismas2012

サンタクロースが寒そうに、
プレゼントを運んで来る、
なんて、
信じていたのはいつの頃だろう。
明日はきっと、
ホワイトクリスマスだ。

3日前の12月21日、
会社の忘年会があった。
例年は温泉で一泊するのだが、
今年は日帰り。

というのも、
1ヶ月前に、別の温泉忘年会があったから。
取引先の専務が来社するというので、
ついでに、忘年会をやろう、
ということになったのだ。
この取引先は、
大のお得意様だし、
一部上場企業だし、
失礼があってはならないと、
芦原温泉有数の老舗旅館を選んだ。

ところが ・・・

床が変わると眠りが浅く、
疲れがなかなか取れない。
しかも、
歳を取ると、
相手に合わせて会話がするのがメンドーになる。
若い頃は、
美味いものがタダで食えるし、
会話そのものが楽しかったのに、
今は、ひたすら辛い。
正直、
家でサンドイッチをほおばりながら、
何か創作している方がよっぽど楽しい。
役員なんぞ辞めて、
クリエーターに戻ったほうがいいのかなぁ。
戻れればの話だが。

ということで、
今年の会社の忘年会は日帰り。
会場は、
JR金沢駅に近い中華料理店「招龍亭」だ。
友人によると、
中華料理なら、金沢で一番うまいという。

店舗は豪華で綺麗。
それに、部屋がけっこう広い。
社員35人がゆったりおさまる。

まずは、社長の音頭で乾杯。
食前酒の「桂花陳酒(けいかちんしゅ)」は、
クセはあるが、
病みつきになる酒だ。
気をつけよう。

前菜は食器と盛り付けが綺麗↓

Bonenkai_2012_1

そして、美味い!

次にフカヒレ↓

Bonenkai_2012_2

フカヒレの味がする。
当たり前?
そもそも、
フカヒレは歯触りがいいだけで、
特別美味いものではない。

一番、美味かったのは、
能登豚の角煮↓

Bonenkai_2012_3

肉厚でジューシーで、グッド!

福島第一原発事故があった後は、
能登の肉しか食べないようにしている。
金沢に出回る能登豚は産地直送で、
安心だから。
他の肉は、
どこの肉かわかったもんじゃない。
内部被曝だけはゴメンなので、
特に子供は。

ということで、
料理はなかなかうまい。
紹興酒でチビチビやりながら、
隣のチーフプログラマーと、
歴史談義に花を咲かせていた。

宴もたけなわ、
夜10時をまわったあたりで、
幹事にうながされ、
壇上に上がって、一本締め。
これで宴会終了。

送迎バスで、
JR金沢駅まで行って、
スタッフと別れる。
腕時計を見ると、
午後10時30分。
カレンダーが「21」になっている。

21 ・・・ 今日は12月21日?

マヤの予言「人類滅亡の日」じゃないか!
あと、1時間30分で世界は終わるぞ!

でも、街行く人に、
そんな悲壮感はない。
やがて、
カミさんが車で迎えに来たので、
その話題を振ると、
「あ、そうね」
でおしまい。

マジか?
誰も信じてないんだ ・・・
少なくとも僕の周りの人たちは。

ということで、
人類最期の日は、
あっけなく過ぎてしまった。

じつは、以前、
マヤの暦を詳しく調べたことがある。
そこで分かったことは、
1.マヤ暦には長期の周期があり、確かに「区切り=終わり」はある。
2.しかし、その「終わり」が「人類滅亡」である証拠はない。

さらに、
マヤ暦の周期を実際に計算してみると、
紀元前3114年8月11日+1872000日=2011年12月22日
つまり、
去年の12月に終わっている。
なので、
マヤの予言は嘘っぽいな、
と思っていたが、
今となってはドーデモいい話だ。

じつは、
過去を振り返ると、
この手の終末予言は枚挙にいとまがない。

たとえば ・・・

7つの頭をもった獣が人類を滅ぼす「ヨハネの黙示録」、
1999年7の月に恐怖の大王が来る「ノストラダムスの大予言」、
地球に未曾有の大災害を引き起こす「惑星直列」、
などなど。
もちろん、
これまで当たった試しはない。
もし、当たっていたら、
この一文は存在しないのだから。

しかし、
だからといって、
安心するのは早い。
予言はデタラメでも、
世界が終わる日は必ず来るのだから。

たとえば ・・・

地球に巨大隕石が衝突すれば、
ただではすまない。
場合によっては、
人類滅亡の可能性もある。
しかも、
起こることはほぼ確実で、
問題は「いつ起こるか」だけ。

また、
中国が今後も覇権主義を続ければ、
いつか全面核戦争が起こるだろう。

さらに、
人類滅亡どころか、
宇宙が終わる可能性もある。
物質の基本粒子「陽子」に寿命があるかもしれないのだ。
もし、この陽子崩壊が起これば、
宇宙そのものが「死ぬ」。

それにしても、
人間はなぜ「終末予言」に執着するのだろう?
自分たちに最期が来るのを知っていて、
それを紛らわすために、
まやかしの「終末」をでっちあげているのかもしれない。

でも、ひょっとして ・・・

我々は「終末」を本当に望んでいるのかもしれない。
なぜなら、
現実は戦争、災害、貧困、死と病 ・・・ 世界は苦しみと悲しみに満ちている。

シャカは、ある日、
城の東門から外に出ると、「老人」に会い、
南門から出ると、「病人」に会い、
西門から出ると、「死者」に会った。
そこで、シャカは、
人間には「老病死」があり、
人生が苦しみであることを知った。
最後に、北門から出ると、
一人の「沙門(出家者)」が立っていた。
その時、
自分が進むべき道「出家」を悟ったという。

おそらく、
我々凡夫も、
無意識のうちに、
「北門」を選ぼうとしているかもしれない。
出家、つまり、世界のリセットを。

そういえば、
ある宗派の教義に、
「審判の日」に善人は墓から生き返る、
というのがある。
であれば、
信じる者にとって、終末は幸いだ。

とはいえ、
今回も人類は滅びなかった。
だから、これからも、
これまで同様、
変わり映えのしない日が続くのである。

by R.B

関連情報