BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ再び・市内観光  2012.07.07

昨晩、早く寝たので、
朝6時に目が覚めた。

シャワーを浴びた後、
朝食をとりに、
ビュッフェ「カフェ・デコ」に行く。
時間が早いので、
スカスカ↓

Macao2012_CafeDeco

そのぶん、
客の顔がよくみえる。
いつもより、
日本人とインド人が多いような ・・・
さては、
中国人はカジノで徹夜か?

今日は、
マカオの半日観光。
朝9時15分に、
マイクロバスが迎えに来るので、
それまで、西側ロビーで待つ。
(正面ロビーは私用車は乗り入れ禁止なので)

その間、ヒマなので、
ウチのディレクターと新人のカジノの戦果を聞く。
昨晩、解散した時点で、
ディレクターは2万円の勝ち、
新人は2万円の負け。
その後、
2人で一勝負したはずだが ・・・

結果は、
ディレクターは15万円の負け、
新人は8万円の負け ・・・
あらら、状況が一変。

どうやら、
2人そろって、
「大小(サイコロゲーム)」にはまったらしい。

興味がわいたので、
ネホリハホリ聞くと、
ディレクターは一路トイレへ、
そこで、
新人に問いただすと ・・・

最初、ディレクターは連戦連勝、
7万円をゲットしたという。
そこで、気分を良くして、
大勝負にでる(全額賭けた)。
ところが、
ぞろ目がでて、
親の丸取り ・・・

「あの時の部長(ディレクター)の顔、
一生忘れられません」
としめくくった。

じつは、この2人、
バクチが大好きなので、
僕が10万円ほど貸すハメになるのでは、
と心配していた。
まぁでも、
この程度なら、
杞憂に終わりそうだ。

じつは、
僕が2万円勝ってやめた理由はここにある。
長くやればやるほど、
遊技者の「最終的な勝ち目」はゼロに近づいていく。
もちろん、
勝たないと負けるわけで、
負ければ、
10万円ですまない。
実際、
知り合いのベンチャーの社長が、
ラスベガスで250万円すっている(10日間で)。
だから、2万円の勝ちは、
10万円以上の価値があるのだ。

ディレクターがトイレから帰ってきたところで、
「これで人生おしまい、
というわけじゃないから」
と慰めると、
2人は口をそろえて、

「大丈夫ですよ。
今晩、勝ちますから」

やっぱり、
10万円はとっておこう。

やがて、マイクロバスが到着。
今回のガイドさんは、
35歳ぐらいの日本人男性だ。
これは意外 ・・・
というのは、
マカオのガイドは初老の男性が多い。

去年のガイドさんは、
35歳ぐらいの中国人女性だった。
大連生まれの美人で、
金沢の大学に留学していたという。
頭の回転が速くて、
楽しい人だった。

彼女が言うには、
「わたし、会社(観光会社)で一番若いです」
つまり、マカオでは、
若いガイドはありえない。

なぜか?

マカオの失業率は1%で、
若者が仕事にあぶれることはないから。
巨大なカジノ需要が、
労働力を丸呑みしているのだ。
カジノは、
職種にもよるが、
給与はいいし、
職場は綺麗だし、
冷暖房も完備している。
なので、
ガイドみたいな割の合わない仕事は、
年寄りしかやらないのだという。

今回のガイドのNさんは、
以前、カジノで働いていたという。
奥さんは、
僕らが宿泊しているベネチアン・マカオ・リゾートで、
今も働いているらしい。
ということで、
夫婦でマカオ暮らし。
ただし、
永住権はなく、就労ビザ。
(マカオの永住権はまず取れない)

Nさんに、
カジノの戦果を聞かれたので、
2万円勝ってやめたこと、
カジノは引き際が肝心、
など、素人のウンチクをたれると、
神妙になり、
「身につまされます ・・・
でも、
カジノのことは何でも聞いてください」

さては、
カジノで痛い目にあって、
今のマカオの人生?

Nさんに、
「マカオで骨を埋めるつもりですか?」
と、聞くと、

「先のことは分かりません」
と、遠くを見る目つき ・・・

深入りはやめとこう。
ひょうたんから駒が出ても困るし。

ホテルを出ると、
外は意外に涼しい。
去年、マカオに来たとき、
異様に蒸し暑かった。
外に出た瞬間、クラっ~、
あれは強烈だった。
去年は6月初旬、
今年は5月下旬で、
2週間早いだけなのに、
こんなに違うんだ。

ホテルからマカオ市街に向かう途中、
道路沿いに、
大規模な工事をしている。
Nさんに聞くと、
交通渋滞を解消するため、
モノレールを建設中なのだという。
マカオは土地が狭いので、
新たに交通網を敷くなら、
地下鉄かモノレールしかない。

ところが、
マカオは埋め立て地が多いので、
地下鉄はムリ。
地盤がゆるいので、
簡単に海水が入るだろうし、
そうなると
車両は潜水艦 ・・・
シャレにならんわ。
ちなみに、
工事が完成するのは5年後だという。

カジノが集中するタイパ島と、
本土のマカオ半島は、
3本の橋で結ばれている。
その一つ、西湾大橋を渡っていると、
左側に中国の広東省が見える。
よく見ると、
山肌が削られ、
こちらも工事中。
Nさんに聞くと、
マカオ政府が広東省の一部を買い取って、
マカオ人居住区を建設しているのだという。

さらに、
香港とマカオを橋で結ぶ計画もあるらしい。
全長60km!(世界最長)
しかも、建設費は数兆円とか。
人口57万人の国の公共投資ではない。
(正確には中国の特別行政区)

一体どれだけお金を持っているのだ?
カジノで儲けようが、何で儲けようが、
国が豊かなことはいいことだ。
みんなハッピーで、
犯罪も減るだろうから。

実際、
マカオは犯罪が少ないらしい。
Nさんによれば
日本より治安がいいという。
凶悪犯罪はなく、
あってもスリぐらい。
しかも、
犯人を捕まえると、
みんな外国人だとか。

ただ、問題もあるという。
マカオの若者は職に困らないので、
給与が5000円でも高ければ、すぐに転職、
仕事がイヤになったら、すぐに辞める ・・・
マカオも日本同様、
おゆとり様世代なのだ。

ところで、
マカオの人件費は?
ベネチアン・マカオ・リゾートのような一流どころで、
月給12万円ぐらい。
中国本土の数倍で、
香港よりも高い。

ひょっとして、
カジノ業 > 金融業?

じつは、
これを示す別のデータもある。

マカオのカジノのディーラーの初任給は20万円!
月給ですよ、しかも、18歳で。
日本より高い ・・・

そんなこんなで、
マカオの若者の一番人気の職業は、
スポーツ選手でも、
公務員でもなく、
カジノのディーラーなのだという。

現在、マカオには、
5万人のディーラーがいるが、
それでも数が足りないらしい。
そこで、
専門学校で6ヶ月研修しただけで、
実戦配備される。
それで、
あくびをしているディーラーもいるわけだ。

そんなんじゃ、
本場ラスベガスの凄腕ディーラーに乗り込まれたら、
イチコロだぞ!
心配無用。
ディーラーはマカオ人しかなれないので。

というわけで、
ガイドさんの話はためになる。
去年に続いて、
マカオ観光をしたのはそのためだ。

それに、
同じ会社の半日観光でも、
ガイドさんによって、
案内する場所が違う。
もちろん、大筋は、
セナド広場を中心に、
一気通貫で世界遺産めぐり、
最後にマカオタワーでランチ、
は変わらないのだが。

では、
今回の観光と去年のマカオ観光とどこが違うのか?
ポルトガル統治時代の「民政総署」がカットされ、
代わりに、
「天主教藝術博物館」が追加された。

天主教藝術博物館は、
聖ポール天主堂の裏側にあって、
聖職者や海外の殉教者の遺骨がおさめられている。
写真左のガラスケースの中にある↓

Macao2012_TenshuMusium

秀吉や家康の時代、
日本で処刑されたキリシタンは、
日本で埋葬してもらえなかった。
そのため、
マカオまで運ばれて、
納骨されたのだという。
ちなみに、
殉教者の名前リストも展示されていた。
(日本人が多い)

マカオの世界遺産は、
街のサイズにあわせ、
こぢんまりしていている。
しかも、
今でも生活に使われていて、
管理がぬるい。
まぁ、これがマカオ式。

また、
マカオの街並みは、
シックなポルトガル建築、
古い中国風の建築、
近代的なビル、
が混在している。

南欧風の街並みが続いて、
角を曲がった途端、
近代的なビル街 ・・・
そんなギミックが、
なんとなく楽しい。

僕がマカオが好きな理由は、
もう一つある。
「小さい」こと。

僕は昔から、
こぢんまりした街が好きだった。
生来の田舎者なので、
「こぢんまり」が、
居心地がいいのだ。

たとえば、
昔行ったローテンブルク。
ドイツのロマンティック街道沿いにある街で、
中世の街並みをそのまま残している。
そして、なにより、
こぢんまり ・・・

もっとも、
マカオは「こじんまり」どころか、
「猫の額」に近い。
元々、
マカオは周囲2kmの小さな漁村だった(皇居の広さ)。
その周囲を埋め立てて、
6km×5kmまで拡張したのが現在のマカオ。
それでも、淡路島の1/30しかない。

そんな「町」に毛が生えたような土地に、
マカオ人が57万人、
外国人が10万人、
観光客が8万人、
合わせて75万人がひしめいている。

ちなみに、
人口密度は、
1km×1kmあたり、1万7310人!
東京都の3倍、
鳥取県の104倍で、
ダントツの世界一だ。

単純計算で、
10m×10mに「1.7人」!?
マカオにいる人たちが、
全員ビルの外に出たら、
海にこぼれ落ちる、
という都市伝説があるが、
本当かもしれない。

そんなこんなで、
駐車場を確保するのも大変らしい。
実際、家賃より高くつくという。
もちろん、
自動車は最高の贅沢品。

さらに ・・・

人口過密といえば、
気になるのが地震だ。
そころが、
不思議なことに、
マカオには地震の記録がない。

マカオは、
16世紀初頭にポルトガル人がやってくるまでは、
寂れた漁村だった。
そのため、
それ以前の記録がほとんどない。

ところが、
ポルトガル人が来訪した16世紀以降、
記録(資料)は急増する。
それもこれも、
ポルトガル宣教師のおかげだ。

この頃、ポルトガルは、
大航海時代のトップランナーで、
遠くアジアまで侵出していた。
彼らの目的は2つあった。
物の支配、つまり、スパイスを独占すること。
心の支配、つまり、キリスト教を布教すること。

前者は、命知らずのコンキスタドール(征服者)が、
後者は、キリスト教の戦闘集団「イエズス会士」が担当した。
イエズス会士は、
神デウスの教えを広めるためなら、
地の果てまで行く、
命知らずの宣教師だった。
ところが、彼らは、
布教だけでなく、
現地の情報収集にも精を出したのである。
(アジアの記録はインドのゴアで保存された)

たとえば、
日本に来たイエズス会士ルイスフロイスが記した「日本史」は、
信長公記とならんで、
織田信長の時代の貴重な資料となっている。

というわけで、
マカオに巨大地震があれば、
記録にあるはずで、
それがないのだから、
マカオは500年間地震がないことになる。

しかし ・・・

この事実は、
重大なリスクを示唆している。
マカオには地震の免疫がない ・・・

たとえば、
マカオ市内のポルトガル建築は、
鉄骨がない。
さらに、
民家やアパートは、
見るからに崩れ落ちそうだ。

そして、
ラスベガス資本のカジノが集中するコタイ地区も、
ほとんどが埋め立て地。
大地震がおこれば、
大地はグラグラ、建物はガラガラ。
さらに、
標高0mなので、
津波が来れば一呑み。

ガイドのNさんにその話をすると、
「そのとおり!
だから、考えないことにしてるんです。
これがマカオ式ですよ、ハハハ」

しかし、
どんな場所でもいつかは地震は来る。
その時は ・・・
考えたくないな。
いまのうちにマカオを堪能しておこう。

マカオタワーに向かう途中、
「New Yaohan」の看板を発見。
あのヤオハン?
Nさんに聞くと、

「ええ、あれは日本のヤオハンです。
ヤオハンが破綻した後、
経営者が変わって、
今も営業しています。
じつはマカオでは、
ヤオハンの袋を持ち歩くのが、
ステータスなんですよ」

さらに ・・・

「100円均一のダイソーも、
マカオに進出してるんですが、
その紙袋もステータスなんですよ。
日本のブランドは、
マカオではまだまだ健在です」

「ヒャッキン」がブランド?
所変われば品変わる?
実際、
ヤオハンもヒャッキンもマカオでは
大変な人気らしい。

間もなく、
マカオタワーに到着。
高速エレベータで、
60階の回転レストランまで一気に上がる。
エレベーターの中で、
Nさんが悪戯っぽい笑顔を浮かべて ・・・

「先日、コワイことがありましてね。
言っていいのかなぁ ・・・
故障で、エレベータがとまったんです。
中にいた人が6時間も閉じこめられたらしいですよ。
(言ってますって!)」

高所恐怖症&閉所恐怖症の人間を前に、
なんてことを ・・・
急に不安になったので、

「マカオのエレベータが故障?
真っ逆さま、
ってことないですよね」

「大丈夫。
このエレベータは三菱です。
マカオの産業は、
カジノをのぞけば、
爆竹と線香ぐらいなんで、ハハハ」

60階の回転レストランは、
窓側がレストランになっていて、
フロア全体が1時間で1回転する。
なので、
1時間座っていれば、
マカオが360度見渡せる。

料理はバイキングで、
なかなか美味しい。
昨日、ポルトガル料理店で感激したポルトガルビールを飲んだが、
イマイチ。
銘柄は同じ「Sagres」なのに↓

Macao2012_Sagres

やっぱり、缶ビールはダメだ。
しかも、
HK$ 80(800円)。
高いやろ!

マカオタワーといえば、
やはり、バンジージャンプ。
回転レストランのある60階から、
飛び降りることができる。
日本の芸能人もたくさん飛んでいて、
1階には、
NHK大河ドラマ「平清盛」
松山ケンイチの写真もあった。

3万円払って命を賭ける気が知れないが、
事故は一度も起こっていないという。
(心臓発作は除く)

ということで、
午後1時30分、観光終了。
その後、
ホテルに戻って、
お土産を買う。

午後8時からは、
今回一番楽しみにしていた「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」。
世界最大の水のショーで、
シルク・ド・ソレイユ「ZAIA」をしのぐという。
これは期待できるぞ ・・・

by R.B

関連情報