BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■新型カムリを買う(燃費と評価) 2012.04.29

トヨタの新型カムリ(ハイブリッド)を買った。
息子が就職して車が必要になったので、
トコロテン式に・・・
愛車プジョー307SW → カミサン
カミサンのパッソ → 息子
カムリ → 僕

本当は、
プジョー307SWをこよなく愛していたのだが、
ガソリンの高騰がムカつく。
日本の石油需要は激減しているのに、
値段だけがつり上がっている。
消費者をどれだけマヌケだと思っているのだ?

それもこれも、
「先物取引=マネーゲーム」のせい。
汗水垂らして稼いだおカネが、
社会価値を一切生まない
マネーゲーマーのフトコロに入るのが、
我慢ならないのだ。

ということで、
アウディ → プジョーと乗り継いだ
”Fun to drive”の欧州車をあきらめ、
ハイブリッドカーに乗り換えた。

じつは、僕は
ハイブリッド(混成技術)が嫌いだ。
歴史が物語るように(たとえば機帆船)、
短命だし、
美しくないから。
でも、背に腹は替えられない。

100%電気のテスラモーターズは、
コンセプトも、スペックも最高だが、
値段も最高!(1000万円)
金沢なら中古の家が買える。

三菱の「iMiEV(アイミーブ)」もあるが、
ブリキにメッキ(失礼)、
衝突したら、たぶん、イチコロ ・・・
コワくて乗る気がしない。

日産のリーフは、
一見、まともに見えるが、
テスト期間が短すぎる(僕は騙されません)。
もし、交差点のど真ん中で、
電池が切れたらどうするのだ?

ということで、
選択肢はハイブリッドカーしかない。
そして、
ハイブリッドカーならトヨタ。
ホンダのハイブリッドカーは中途半端だし、
それがスペックにも現れている(燃費)。
まぁ、ホンダ車にアドバンテージがあるとすれば、
購入価格ぐらい?

もちろん、
外車のハイブリッド、
はありえない。
あんな複雑でデリケートな機械は、
日本しか(トヨタしか?)作れない。
ヘタをすると、
走行中に爆発するぞ!
(まぁ、冗談ですけど)

ということで
トヨタなら安心。
関係ないけど、
原発の管理も、
トヨタにやってもらったら?

話をカムリ・ハイブリッドにもどそう。

去年、10月に注文して、
今年の3月21日に納車。
ざっと、半年待ち。

若い頃は、
新車が来るのが待ち遠しかったが、
今はすっかり冷めてしまった。
本当は、
もう1週間早く納車できたのだが、
雪が降ると面倒なので、
1週間おくらせたほど。

まぁ、そんな些末はさておき、
まずはサイズから ・・・

車種 全長(mm) 全幅(mm)
プリウス 4,480 1,745
カムリ・ハイブリッド 4,825 1,825
クラウン・ハイブリッド 4,870 1,795
レクサス・ハイブリッド(LS600) 5,060 1,875

デカい ・・・ クラウンとほぼ同じ。
都会で乗り回すなら、
やっぱりプリウスかな?
(田舎でも、カムリのサイズはきつい)

カムリのエンジンは、
直列4気筒DOHCで、排気量は2500cc。
総重量が1.8トンもあるので、
燃費とパワーのバランスをとるなら、
これしかない。

燃費は、
10・15モードで26.5km/L(実燃費にあらず)、
ガソリンはレギュラー。
なので、フトコロに優しい。
(欧州車はハイオクだし、燃費も悪い:2000ccクラスで、6km~8km/L)。

つぎに、グレードだが、
大きく3つある。

グレード 本体価格(円) 「標準」との主な違い
ハイブリッド「レザーパッケージ」 3,800,000 ・本革シート
・本革ハンドル
・17インチアルミホイール
ハイブリッド「Gパッケージ」 3,170,000 ・本革ハンドル
・17インチアルミホイール
ハイブリッド「標準」 3,040,000 ・16インチスチールホイール

本革シートは、見た目はいいが、
シートのコスレ音が気になる。
(特に、静寂なハイブリッドカーでは)
それに、
汗をかくと、面倒だ。
(カムリはアウディ、プジョーに比べ冷房の効きが悪い)

タイヤは大きい方が、
カッコいいし、
直進走行も安定するが、
燃費が悪く、ハンドルが重くなる。
一般論だが、
車種が同じなら、
標準バージョンのタイヤがベスト。
カムリなら、16インチだ。

というわけで、
本革シートやデカいタイヤに執着する人、
何でも高ければいい人、
以外は「標準」がベスト。

ただ、僕は、
ハンドルがウレタンだと、
チープな気分になるので、
オプションの本革ハンドルにした。

次に、
僕が購入した「標準+本革ハンドル」のお値段。

項目 金額
車両本体 3,040,000
付属品 226,350
手続き費用 96,475
サービスパック会員 79,000
値引き 41,825
支払い合計 3,400,000

締めて、340万円也。
さらに、土壇場で、
エコカー減税が延長され、
10万円のキャッシュバックがあった。
なので、
実売価格は330万円。
車格と燃費を考えれば、
かなりお買い得だと思う。

さて次は、
実際に運転した感想。

僕は、
車はほとんど通勤にしか使わない。
片道13kmの道のりで、
道路は高速道路なみ。
さらに、
朝は7時に家を出るので、
渋滞に巻きこまれることもない。

それを前提に話を進める。

乗り心地は、
プリウスより柔らかいが、
フニャフニャ感はない。
ただし、
アウディのような、
レールの上を走るような「安定感」はないし、
プジョー307SWのような、
「しなやかさ」もない。

ということで、
「走り」は欧州車が断然上(メーカー、価格にもよるが)。
もっとも、
カムリ・ハイブリッドも、
一昔前のトヨタ車のような、
「バタつき」感はない。
なので、一応、許容範囲。
(歳をとったせいかなー)

つぎに、静寂性だが、
とにかく、静か。
欧州車とは比較にならない。
特に、
モーター走行中(EVモード)は、
ほぼ無音。
これは ・・・ 凄すぎる。

意外に知られていないのだが、
自動車の善し悪しは、
走る、曲がる、止まる、で決まる。
カムリは、
走りはいまいちだが、
曲がる、止まるは、一応、合格。
ただ、ブレーキは、
欧州車なみに速攻で効くので「◎」。

つぎに、十八番の「燃費」。

先の通勤、冷暖房無しの条件で ・・・

買った当初:15km/L
ちょっと慣れて:17km/L
コツを覚えて:19~20km/L

カタログスペック、
10・15モード「26.5km/L」
はさておき、
驚異的な高燃費だ。

冷静に考えてみよう。
2500cc DOHCエンジン、車重1.8トンで、
実燃費 20km/L!?

ところで、
欧米のメーカーにハイブリッドカーはないの?

じつは、
欧米勢も中国市場向けに、
「環境対応車=高燃費車」を投入する予定だ。
中国は、
大気汚染が深刻化し、
ガソリン需要が急増しているから。

ただし、
ハイブリッドカーではなく、
ガソリンエンジンの改造車?!

中国では、
ハイブリッドカーは20万元(260万円)以上するので、
富裕層しか買えないのだという。

では、
ガソリンエンジンをどう改造したら、
「環境対応車」になるのか?

ダウンサイジング!

具体的には、
VWは、高級車の「パサート」の排気量を2000cc以下に、
GMは、中型車「マリブ」で排気量1600ccを投入、
フォードは、排気量1000ccのSUVを投入 ・・・

おいおい、排気量が減っただけじゃないか。

たしかに、燃費は向上するだろうが、
パワーの低下は避けられない。
実際、友人がVWに試乗したところ、
ひどいパワー不足だったそうだ ・・・

ハイブリッドカーが、
パワーを落とさず、
高燃費を実現しているのに、
馬力を落として高燃費?!

昔からある非力な車を、
「環境対応車」と言いかえただけじゃないか!
まぎらわしい ・・・

そう考えると、
カムリ・ハイブリッドは、
「魔法」にみえる。

僕は今でも、
「安定性」ならアウディ、
「Fun to drive」ならプジョー、
「走り」では、
カムリ(トヨタ車)は、
10年経っても欧州車に追いつけないと思っている。

でも ・・・

こんな魔法を見せつけられたら、
トヨタに「感動」するしかない。

「高度な技術は魔法に見える」、
はまさにこれ。

ところで、この魔法、
どんな仕掛けがあるの?
じつは、
原理はいたってシンプルだ。

モーターに、
電流を流せば、車輪が回る(あたりまえ)。
その逆に、
電流を切って、
モーターの車輪を回せば、
モーターに電流が生じる。
つまり、
「モーター=発電機」。
これを利用したのが、
ハイブリッドカーだ。

具体的には ・・・

アクセルを離したとき(エンジンブレーキ)、
モーターが発電機に切り替わり、
先の原理で、
「車輪の回転 → 電流発生 → バッテリーに充電」
で、電気エネルギーが蓄えられる。

さらに、
ブレーキを踏むと、
タイヤとの摩擦熱が電気エネルギーに変換され、
バッテリーに充電される。

これが、電気エネルギーを得る仕掛けで、
「回生ブレーキ」とよばれている。

つぎに、
ガソリンエンジンとモーターの切り替え方法。
これも自動的に行われるので、
ドライバーは意識する必要はない。

具体的には ・・・

低速時には、
ガソリンエンジンは燃費が悪いので、
モーターで走る。

逆に、高速域では、
ガソリンエンジンの燃費が向上し、
モーターではパワーが不足するので、
ガソリンエンジンで走る。

つまり、
ハイブリッドカーのポイントは、
1.ガソリンエンジンとモーターを効率よく使い分ける。
2.モーターの電気エネルギーは、減速時に充電する。

というわけで、
原理は至ってシンプルだ。
ただし、実装は難しい(と思う)。
もし簡単なら、
世界中の自動車メーカーが真似しているだろうから。

もっとも、
ハイブリッドカーなら、
無条件で高燃費、
というわけではない。

じつは、最近、
勤務先の会長が、
クラウン・ハイブリッドに乗り換えたのだが、
燃費を聞くと、「7km/L」。

?!?

というわけで、
ハイブリッドカーで高燃費を引き出すには、
コツがいる。

カムリ・ハイブリッドに乗り換えて、
1ヶ月ほどたったある日、
燃費の記録を作ろうと思い立った。
その日は、行きも帰りも、
燃費を上げるため、全神経を集中した。

そのときの運転方法 ・・・

まずは、発進時の注意。

前方がスカスカだったら、
一気に加速して、
すぐに、アクセルを離し、
EVモード(モーター走行)で走行。

もし、前方が混んでいたら、
ゆっくり、発進して、
EVモードでソロソロ走行。

つぎに、走行中の注意。

時々、加速し(ガソリンエンジン)、
一定速度になったら、
すぐに、アクセルを離し、
EVモードで走行する。
というのは、
速度が落ちても、
アクセルを離さない限り、EVモードに入らない。

ところが、
EVモードを多用していると、
バッテリーがすぐに切れる。
そのときは、
加速して、ブレーキをかけて(減速)、
バッテリーを充電する。
エンジンブレーキより、
フットブレーキーの方が充電量が大きいので、
積極的にフットブレーキを使う。
(ここがガソリン車との違い)

その結果 ・・・

その日の燃費は、
なんと、28.7km/L
ただ、僕はもともと、
「ビンボー運転」なので、
参考にならないかもしれない。
(あの悪燃費のプジョー307SWでも通勤で9.5km/L)

とはいえ、
こんな運転を毎日続ける気にはなれない。
ゼンゼン楽しくないから。
なので、
実燃費は「19~20km/L」
というところ。
それにしても、
驚異的な高燃費だ。
トヨタ恐るべし。

そんなこんなで、
いまだに、ガソリン車が走っているのが、
不思議でならない。
今見ている車窓は、
僕にとって、
現代の「七不思議」の一つだ。

by R.B

関連情報