BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■塩サイダーと悩めるスペイン人 2012.01.28

日曜日の夕方、
会長から電話があって、
メシ食うから、片町(金沢の繁華街)に出てこいという。
わが社の悩めるスペイン人デザイナーの件らしい。

待ち合わせ場所にいくと、
会長ではなく、社長がいる。
「あ、社長も呼ばれたんですか?」
「そうなんですよ」

1年前に就任したばかりの
39歳の若い社長だ。
創業期から、会長と苦楽をともにした
バリバリの生え抜きだが、
会長と血縁関係はない。

その直後、
会長から電話 ・・・
30分ほど遅れるので、よろしく、
とのこと。

ん~、
何をするにも中途半端な時間だ。
せっかちな性分なので、
ボンヤリ過ごすのは耐えられない。
さて、困ったな ・・・

すると、社長が、
「軽く一杯やりませんか?
近くに、いいバーがあるんですよ」
「お、いいですね」
と、意見が一致、
その店にむかった。

店の名は「セントルイス」、
片町のど真ん中にあるジガーバーだ。
午後5時なので、
お客は1人もいないが、
雰囲気はまあまあ。

この店は、
「ご当地」塩を使ったカクテルがウリなのだという。
社長に薦められるまま、
「しおハイボール」をたのむ。
これが ・・・ びっくりするほど ・・・ うまい!

感動していると、
バーテンダーが、
「しおサイダー」をサービスしてくれた。
これも ・・・ マジでうまい!
訳を尋ねたところ、
奥能登の「あげはましお」を使っているからだという。

アゲハマシオ?

待ってましたとばかり、
バーテンダーのウンチクがはじまった。

能登半島の珠洲市(すずし)に、
「塩田村」という所があって、
そこで、
500年間、同じ製法で塩がつくられているという。
それが、
「揚げ浜(あげはま)式」。
現在、この製法で塩を作っているのは、
ここだけらしい。

後で、調べたところ、
揚げ浜式とは、
・塩田(砂浜)に海水をまいて、日干しにする。
・塩田が乾いたら、砂を箱の中に入れる。
・箱に海水を入れ、海水濃度を上げる。
・海水を窯で煮て、塩を抽出する。
・塩を3日間放置して、アクをとる。

と、かなり手間ヒマがかかりそうだ(実際かかるらしい)。
そのぶん、
甘みと辛みと深みがあって(どんな塩や?)、
ミネラルが豊富で、
添加物も一切ナシ(とのこと)。

さらに、
この揚げ浜塩で作った「しおサイダー」は、
石川ブランドに認定されているという。
まぁ、有り体にいえば、ご当地グルメ。

バーテンダーが言うには、
この「揚げ浜塩」を使っているので、
カクテルにコク出るのだという。
カクテルに”コク”?
ようわからんが、
確かにうまい。

このバーの人気メニューは、
塩田マルガリータ、
春待桜(ロングカクテル)、
しおハイボール等々 ・・・
たかが塩、されど塩、
バーで塩に感動するとは思わなかった。

30分後、
能登ダイニング「ごっつお」に行く。
魚料理の専門店なのだが、
食材はすべて近江町市場からくるので、
新鮮でプリプリして、うまい。
とくに、
「のどぐろ」は絶品だ(いつもあるとは限らない)。

店にはいると、
会長とスペイン人デザイナー、
それに ・・・
会長そっくりの老紳士がいた。
聞けば、
会長の弟だという。
どうりで似ているわけだ。

ところで、
なんで会長の弟?

スペイン人デザイナーのP.Bは、
会長の弟の紹介で入社したのだが、
最近、仕事で悩んでいるという。
そこで、
わざわざ、大阪から様子を見に来たのだという。
ということで、今回の会食は、
P.Bを励ます会!

P.Bは、スペイン人だが、
おじいさんがドイツ人なので、
「陽気なスペイン人」
というわけではない。
日本人よりずっと、まじめで、ナイーブ。

しかも、
「仕事で大切なのはコミュニケーション」
を真に受けて、
ヒマさえあれば、
周囲に声を掛け、
愛想をふりまいている。

ところが、
日本人スタッフにしてみれば、
それがメンドーなのだ。
(陽気な金沢人は少ない)
勘の良いP.Bは、それに気づき、
深く悩んでいるわけだ。

P.Bは優秀なデザイナーで、
Maya(CGツール)を使いこなし、
アニメーションのセンスも抜群。
しかも、
大阪大学・大学院で、
「バーチャルリアリティ」を学んでいる。
さらに、
スペイン語(ポルトガル語)、英語、ドイツ語、イタリア語、日本語を操り、
歴史にも精通するインテリだ。
(バスク人の歴史では完敗した)

だから、
田舎の金沢人とはかみ合わないのである。
良かれと思って、
コミュニケーションを取ろうと頑張ったら、
ウザイ?
やっとれん ・・・

ということで、
P.Bにはこう言い聞かせている。
「日本人は君ほどスマート(賢い)ではないし、
ナイーブ(ガラスの心臓)でもない。
だけど、
みんな君のことが大好きなんだよ」

一方、
日本人スタッフには、
「P.Bは、
みんな思ってるようなオチャラなラテン人じゃないぞ。
じいさんはドイツ人で、
まじめな人間なんだ。
それに、
遠い異国で1人頑張ってるわけだし、
彼の想いを受け止めなきゃ」
と説得している。

会社に、
もう一人、外人(コロンビア人)がいるが、
彼は日本語がほとんど話せない。
だから、
何も語らず、笑顔でカバー。
仕事はできるし、
ハンサムで優しいので、
会社の人気者だ。

ヘタにアクションかますより、
黙ってニコニコしている方が得?
ん~、あわん話や ・・・
外人が日本の田舎で働くのは難しそうだ。

by R.B

関連情報