BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■がれき受け入れ問題 2012.01.21

年明け早々、
仰天ニュースが飛び込んできた。

石川県輪島市が、
震災がれき(放射能がれき)を受け入れるという。
同市の美谷町にある廃棄物処理施設「輪島クリーンセ ンター」で焼却し、
灰を埋め立てるらしい。

そもそも、
焼却施設には、
猛毒ダイオキシンの問題があり、
住民の反対が多いのに、
「放射能がれき」まで受け入れるとは ・・・

梶文秋 輪島市長は1月16日、
北國新聞社の取材に対し、
「被災地(輪島)が被災地を救うのは筋だ」
と語ったという。

なるほど、”筋”ですか ・・・

輪島市長なら、
輪島の自然環境と、
輪島の住民の安全と、
輪島の産業(観光・漁業)を守るのが”本筋”では?

国の基準によると、
焼却した灰の放射性セシウム濃度が、
1キログラム当たり8000ベクレル以下であれば、
一般廃棄物と同様に自治体で埋め立てできる。

ところが、
放射能がれきを焼却した場合、
放射性物質が「10~33倍に濃縮される」
という測定結果もある。
そんな濃密な放射能灰を、
土に埋めて大丈夫?
土壌汚染、水質汚染はどうするのだ?

さらに、
基準値を超える超えない以前に、
安全基準そのものがウソ」という説もある。
安全基準は、
「しきい値を境に、放射線量がそれ以上なら人体に影響アリ、それ以下ならナシ」
を前提としている(しきい値説)。
ところが、
「直線仮説」によれば、
「しきい値は存在せず、放射線量に比例して、人体に影響を与える」
しかも、
「直線仮説」を支持する研究データもある。

「基準値」が存在するかどうかも分からないのに、
安全基準を満たしているから放射能がれきを受け入れる?

仮に、百歩譲って、
危険か安全か五分五分として、
あえて、
”危険”な方に賭ける?

それに、
放射能がれきの一部を持ち出したところで、
放射能汚染地域の住民の危険度は変わらない。
つまり、
安全は増えず、危険だけが増える。

しかも、
輪島市長は地域住民の同意を得ていない(2012年1月)。

これが、まともな為政者のやること?

利害がからんでいるのか、
頭のネジが外れているのか分からないが(両方かも)、
地域住民にしてみれば、
迷惑な話だ。

放射能がれきは、
通常のがれきとは根本が違う。
燃やして消滅するものではないからだ。

まして、
放射で汚染された灰を埋め立てれば、
土壌汚染、地下水汚染、河川汚染、海の汚染、
ひいては、
住民の命をおびやかす可能性がある。

でも、
「可能性」の話なら、
安全である可能性もあるのでは?
ノー、考え方が間違っている。

取り返しのつかないリスクなら、
悪い方に備えるのが、
リスク管理の基本だ。
最近のニュースをみていると、
つくづく、
為政者には「一般常識テスト」が必要だと思う。

じつは、
放射能がれき問題は、
去年の12月にも起こっている。
佐賀県武雄市が、
がれきの受け入れを発表し、
猛烈な抗議を受け、撤回したのだ。

では、輪島市は?

輪島市は能登北端にある人口3万人の小さな市だ。
能登の土地柄は、
権利意識が希薄で、性質も温厚。
だから、
簡単に押し込めると思っているのだろう。

今回の決定は、
輪島の梶文秋市長の独断らしいが、
同地の他の首長はどう考えているのだろう?

美谷町の区長は、
「安全基準を満たしたものならば考える」
しかし、
安全基準があるかどうかも分からないのに、
どうやって判断するのだ?

一方、
光浦町の区長は、
「被災地の惨状も分かるが、
農作物や漁業への風評が怖いのも事実」
と反対している。
中学生でもわかる”筋論”だ。

2011年3月11日以降、
福島第1原発から大量の放射性物質が放出し、
福島の未来を深刻なものにしている。
街中の空間放射線量からして異常で、
海水、河川、土壌も汚染されている。
しかも、それが、
何十年、何百年も続くのである。

一方、
除染すれば大丈夫という意見もあるが、
山はどうやって除染するのだ?
山を除染しない限り、
平地の土壌も河川も地下水も、
放射能で汚染される。

だから、
解決方法は1つしかない。

汚染地域の住民を速やかに避難させ、
新しい住居と生活を確保し、
放射能汚染地帯を封印する、
これしかない。

ところが ・・・

今の日本がやっていることは真逆。
住民を放射能汚染地域に放置し、
危険な放射能がれきを、
安全な地域に持ちだそうとしている。

なんという愚かさ。
しかも、
マスコミも世論も沈黙 ・・・
なんという冷淡さ。

輪島市の放射能がれき受け入れが発表された同じ日、
環境省までが、
「がれき受け入れ推進」ホームページを開設し、
全国の自治体に、
放射能がれきをひきとらせようとしている。

日本全体が、
福島の現実から目をそむけ、
「きずな」とか「つながり」とか、
問題解決のタシにならないきれいごとで、
自分を納得させている。

だから ・・・

放射能汚染の中に暮らす人たちは、
日本から見捨てられたと思っている。
もちろん、
「きずな」なんか感じるわけがない。

問題解決能力が欠落し、
問題に立ち向かう勇気もなく、
偽善に満ちた日本。
つくづく、この国が嫌になった。

そんなにイヤなら、
日本から出て行ったら?
しかり!

だから、最近、
英語の勉強に余念がない。
通勤の車中、
TOEICのCDをBGMにし、
休日は、
海外ドラマ「Lost」を英語字幕にして、
猛勉強している。

狭い日本、
そんなにたくさん原発抱えてドースル?
あと1回、東日本大震災クラスが発生すれば、
日本はおしまいだぞ。
そうなれば、
好むと好まざるにかかわらず、
「国外脱出か、死か?」
を迫られる。

では、どこへ逃げる?

先日、
あるデザイン会社の社長と食事をした。
彼のおススメは、シンガポール。
(この会社はシンガポールに拠点を持っている)
ところが、
永住権を取るには見せ金「10億円」が必要だという。
あらら ・・・
定期預金を解約しても、150万円。
あと9億9850万円をなんとかしないと ・・・
ちょっとムリかな。
(全然ムリやろ)

地球のどこかで、
150万円で永住権とれる国はないですか?
(北極は除く)

by R.B

関連情報