BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■初夢と予知夢 2012.01.09

予知夢は本当にあるのかもしれない。

大学4年の秋、
研究室の教授が推薦してくれた電機メーカーに内定した。
地味な会社だったが、
入ってみると、
仕事は面白かった。

それに、
会社の寮にいたので、
オフは同期や先輩とワイワイガヤガヤ、
学生時代のように楽しかった。

ところが、
2年経って、
親から、金沢にUターンするよう懇願された。
父が病気になり、
心細くなっているという。
(じつは歯茎にウミがたまっただけ)

手回しのいいことに、
地場のコンピュータ会社を見つけ、
面接の段取りまでしている。
1週間後、東京支店で、
社長の面接を受けてくれという。

しかし ・・・

会社は辞めたくなかった。
その頃、
海中を映像化する装置を開発していたが、
IC(集積回路)で実装された基板を、
LSI(大規模集積回路)に1チップ化するプロジェクトが進行中だった。
こんな面白い仕事を投げ出す理由はない。

とはいえ、
これ以上、親には苦労をかけたくなかった。
子供の頃から、
好きなことしかやらない性分で、
わがままで、内気、
そのくせ、喧嘩っ早かった(ケンカそのものは弱い)。

そんなアブナイ息子をみて、
まともな社会人になれないのでは、
と母はいつも心配していた。
一方、父は、
「あー見えても、大丈夫、たぶん」
と信頼してくれていた(たぶん)。

その両親が、
帰ってきて欲しいと懇願している。
これを断ったら、人間じゃないな、
と思った。
だけど、会社も辞めたくない ・・・
逡巡とは無縁の性格なのに、
この時は、
死ぬほど迷った。

この会社の面接の当日、
夢をみた ・・・

大きな木造帆船がある。
僕はその船に乗る。
仲間もいっしょに乗る。
やがて、船が出航する。
海ではなく、空に向かって。

船から見下ろす世界は絶景だった。
見るものすべてが、
歓声を上げるほど、
美しく、壮大で、感動的だった。

やがて、周囲が一変し、
薄暗い街の中に立っている。
華やかな世界は消え、
仲間もいない。
旅は終わったのだ。
深い孤独感が心をおおう。

そこで、目が覚めた。

朝、面接に向かう途中、
夢のことを考えていた。
これから行く会社に入れば、
素晴らしい人生が待っている。
しかし、
最後には孤独に落とされるのだ、と。

結局、
Uターンすることに決め、
先のコンピュータ会社に転職した。
アップルが「AppleⅡ」で大成功し、
それを、IBMのDOS/Vが追い抜く、
コンピュータが今よりずっと”熱い”時代だった。

転職したコンピュータ会社は、
いわゆるベンチャー企業だった。
創業社長は、
東大卒業後、キャリア官僚になり、
日立に転職した技術者だった。
日立時代は、
エレクトロニクス研究のメッカNTTの電子総合研究所に派遣され、
日立第1号の大型コンピュータを開発している。
その後、生まれ故郷で、
創業したのである。

社長は頭が切れるし、
世の中がまだ8ビットCPUの時代に、
この会社は16ビットCPUを採用していた。
CPUが8ビットと16ビットでは、
技術的に天地の差があった。
優れたリーダーとハイテク、
すべてが刺激的だった。

2年後、
この会社は倒産したが、
次々とオファーが来た。
当時、16ビットマシンを設計できるエンジニアが
少なかったからである。
(能力ではなく経験)

この頃、僕には夢があった。
コンピュータを丸ごと一式設計すること。
その願いは、
次に転職した会社で叶った。
夢で見たとおりの素晴らしい人生 ・・・

ところが、
最後の予言も適中した。
1人ぼっちの開発者 ・・・
(自ら望んだことではあったが)
開発には成功したものの、
”その日暮らし”のアリエッティ。
孤独でビンボーな人生 ・・・
絵に描いたような予知夢だった。

そして、
2006年1月2日、初夢を見た。
あのホリエモンと商売の話をしている。
(ホリエモンとは一面識もない)

2006年1月3日、初夢第2幕。
雪の中に両手をつっこむと、
お宝がある。
3回手をつっこんだら、
3回とも、ごっそりお宝がつかめた。
いい感触だ。

2006年1月5日、初夢第3幕。
住んでいる金沢から、
実家(能登)まで続く、長い地下通路がある(現実にはない)。
この通路は歩行者専用で、
通路内の環境問題から、
自転車が通れる日とそうでない日があった(現実ではない)。
僕が行くと、
たまたま通れない日だった。
そこで、空を飛んで実家に向かう。

長い鉄橋があったので、
その上を飛び越えた。
ところが、
気がつく、と水の中。
あわてて、水面に浮かび上がろうとするが、
どれだけ上がっても水の中。
このままじゃ、死ぬ ・・・
そこにホリエモンが現れて、
水の中から助け出してくれた。

それにしても、
なんで、ホリエモンなのだ?
しかも、
現実と錯覚するほどリアルで、
3部作という念の入れよう。
ははぁ~、
今年は、ホリエモンのご縁で、
3回宝をゲットして、
リッチになる?
おー、今年はいい年になるぞ!

ところが ・・・
その18日後の2006年1月23日、
証取法違反容疑で、
ホリエモンが逮捕されてしまった。
あらら ・・・

ところが、
この年の9月、
旧知の社長に誘われ、
彼の会社に入社した。

あれから5年経って、
この会社は、
社員は17人から、35人に、
売上も2倍に増えた。
業界ではけっこうイケてるデベロッパーに成長したわけだ。

とはいえ、
「3回のお宝」は心当たりがないし、
僕自身、全然リッチじゃない。
だから、
2006年の初夢は予知夢かどうかは、微妙。

ところで、2012年の初夢は?

2012年1月4日の夢。
街の中で、
会社のデザイナーと話をしている。
ビルが爆発し、炎につつまれる。
それを見て、
僕はデザイナーに言った。
「あれは、アドビのActionScriptだな」
デザイナーが答えて、
「たしかに、JavaScriptじゃないですね」

「ActionScript」とは、Flashのプログラミング言語、
「JavaScript」とは、HTML5(厳密にはHTMLすべて)のプログラミング言語、
どちらも、ウェブで派手なビジュアルを可能にするツールだ。
ビルの鮮やかな炎が、
ActionScriptで作られたという意味(たぶん)。

そこで、
トイレに目が覚めて、
つづいて、初夢の第2幕。

急峻な坂道の上に立っている。
僕は横にいた先のデザイナーに言った。
「これくらい急峻なら、
坂道を滑走すれば、
空が飛べるな。
ちょっと、やってみよう」

坂道で加速して、
手を広げると、宙に浮いた。
やがて、
小さなビルに軟着陸。
そのビルは、
ActionScriptの開発会社だった。
いつの間にか、
デザイナーが横に立っていて、
「やっぱり、ActionScriptですね」

そこで、目が覚める。
今年、ウェブサイトのリニューアルで、
JavaScriptを使うつもりだったけど、
ActionScriptを使え、
ということかな?

まぁ、そんなこと、ドーデモいいわ。
マヤの予言によれば、
2012年12月人類は滅亡する
というのに、
なんとも、悠長な初夢だ。

by R.B

関連情報