BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■スティーブ・ジョブズ死去 2011.10.15

昔、僕はアップルから夢をもらった。
「AppleⅡ」 ・・・ 5年先をいく未来のパソコンだった。

たとえば、スペック、
・カラーグラフィック(当時のPCはモノクロ文字のみ)
・FDD・磁気ディスク(当時のPCの外部記憶装置は音楽用テープ)
・プラスチックケース(当時のPCは無骨な金属筐体)

そして、ソフトは、
ホビー、ゲーム、CG、音楽、ビジネス、
夢をかき立てるソフトでいっぱいだった。

AppleⅡを使えば、
夢を分析し、
心の仕組みを解明し、
人間の精神と知能を拡大させることができる!
と本気で思ったものだ。

ところが ・・・

あれから30年経った今、
コンピュータの進歩は、
AppleⅡで止まったまま。

小さい頃、
僕は田舎者だったので(今でもそうだが)、
ものを知らなかった。
海外ドラマ「タイムトンネル」を観て興奮し、
大きくなったら、タイムマシンを作る!
と本気で思っていたのだから。

ところが、大学に入ると、
それはムリだと分かった。
勉強に興味を失い、
なんとか、4年で卒業し、
教授が勧める会社に入り、
回路設計者として身を立てた。

そんなある日、
秋葉原の電気街で、
偶然見つけたのが「AppleⅡ」だった。
目がクギ付けになったが、
価格は40万円!
3時間迷ったあげく、
結局、あきらめた(大卒初任給が10万円の時代)。

そこで、僕は、
コンピュータに人生をかけることにした。
上場企業からベンチャー企業に転職し、
回路設計とプログラミングに熱中した。
好きなことをやって、給料をもらえる?
マジか?
夢のような人生だった。
ドツボの人生の一歩手前で、
救ってくれたのが「AppleⅡ」だった。

あれから、長い年月がたって ・・・
2011年10月5日、
スティーブ・ジョブズの死が報じられた。
TVでもジョブズの特集が組まれ、
そのカリスマが讃えられた。
でも、どこかウソっぽい。

スティーブ・ジョブズは、
TVやネットで称賛されるような、
イノベーション型の発明家ではない。
AppleⅡにしても、
設計したのは、
スティーブ・ジョブズでなく、
スティーブ・ウォズニアックである。

昔、AppleⅡの拡張ボードを設計したとき、
AppleⅡのマザーボードの設計図を見たが、
まさに、
「オッカムのカミソリ」 ・・・ 不必要なものを切り落とせば本質が見えてくる。
スティーブ・ウォズニアックは、
「シンプル回路」の天才だった。

というわけで、
スティーブ・ウォズニアックとAppleⅡがなければ、
スティーブ・ジョブズの輝かしい人生はなかった。

それに、
Macもパロアルト研究所の「Alto」のコピーだし、
iPod、iPhone、iPad(アイパッド)も、
既存の技術の延長にある。
ただ、彼には秘密の力があった。
1.執着し、妥協しない
2.「美と使い勝手」の天才
この2つである。

とはいえ、
「美と使い勝手」を極めるのは、
言うは易く行なうは難し、
だれかれできることではない。

それに、
「妥協しない」には大金が必要だ。
素晴らしいアイデアがあり、
それを形にする力があっても、
カネに余裕がなければ、
どこかで妥協する。
これが現実だ。
では、
スティーブ・ジョブズは、なぜそれができたのか?

スティーブ・ジョブズは、
社会に出て、
すぐ成功したからである。
2人のスティーブが創業した「アップル社」は、
商品第1号の「AppleⅡ」が大ヒットし、
スティーブ・ジョブズに巨万の富をもたらした。
つまり、
スティーブ・ジョブズは、
「金持ち」からスタートしたのである。

では、
その気があって、
カネさえあれば、
妥協せずに商品を作れる?

ノー!
スティーブ・ジョブズ自身が、
それを証明している。

スティーブ・ジョブズは、
自分がスカウトしたジョンスカーリーCEOによって、
アップルを追われたからである。
ジョブズは「その気」も「カネ」もあったが、
部下を心服させるカリスマは、
まだ認知されていなかった。

その後、
ジョブズがカネにあかせて創業した「NeXT」は、
一度も黒字をだすことなく、 破綻する。
ここでも、ジョブズは、
「妥協しない」を実現できなかったのである。

みんなが知っているスティーブ・ジョブズは、
アップルに出戻った後、
新型Mac、iPod、iPhoneへと、
ひた走る栄光の時代である。

だから、
「妥協しない」はカネだけあってもダメ。
アップルを追い出されても、
NeXTで失敗しても、
決してあきらめない。
だから、ジョブズは、
「美と使い勝手」を極めることができたのである。
そして、それが、
彼に成功と名声をもたらした。

もちろん、そのためには、
不屈の精神力、揺るぎない信念が必要だ。
逆に、それがあれば、
どこかで神様が手をさしのべてくれる。
ジョブズの短い人生が物語るように。

だが、
スティーブ・ジョブズは、
ただの精神論者ではない。
それを示す彼の言葉を紹介しよう。

私(ジョブズ)の近所に車好きの青年がいた。
彼はポルシェに憧れたが、
おカネがなかった。
そこで、ポルシェに似たVWビートルを買って、
ポルシェに改造しようと、
お金と手間をかけた。
ところが、
できたのは、
「不細工なビートル」だった。

執着し、あきらないことは大切だが、
「何を」を誤ると、人生も誤る。
ジョブズはそれを言いたかったのだろう。

もし、
スティーブ・ジョブズが、
あと20年長生きしたら、
どんな商品が生まれただろう。
考えただけで、ゾクゾクする。
そう考えると、
ジョブズの早逝は悔やまれる。

しかし ・・・

心配は無用。
新しい発明家はどんどん出てくる。
そして、画期的な発明も。

とはいえ、
スティーブ・ジョブズの功績は大きい。
「動けばいい」コンピューターを、
「触れたくなる」コンピュータに変えたのだから。

最後に、
アップルと2人のスティーブ
素晴らしい夢をありがとう。

by R.B

関連情報