BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■アニメ業界の謎 2011.10.02

東日本大震災の後、
初めて大阪に出張した。

JR大阪駅で降りて、
大阪環状線に向かうが、
勝手がわからない。
大阪駅がすっかり変っている!
人の数も増えたようだ。
福島第1原発事故の後、
本社機能を東京から大阪に移した企業もあるというが、
そのせいだろうか。

今回の出張は、
取引先の新任ディレクターに、
ウチのディレクターを紹介するため。
ディレクター同士、仲良くしてくれれば、
制作もスムースに進むし、
僕の出番も減る、
メデタシ、メデタシ。

取引先で、
2時間ほど話をして、
会食のため、梅田へ。
場所は、
スイング梅田ビル4Fの「酉の舞」。
手羽先、唐揚の専門店だという。

手羽先と言えば名古屋だが、
こっちの方が、
さっぱりして美味しい。
唐揚げも上品な味付けで、
豆腐料理もけっこううまい。
4人で飲んで食って、
15000円ちょっと。
さすが、大阪は食い道楽。

宴もたけなわ、
盛り上がったところで、
取引先のKディレクターから、
奇妙な話を聞いた。

ある開発案件で、
Kディレクターは、
アニメパートをS社に発注した。
評価用サンプルを提出させたところ、
品質は良いし、
価格も相場の半分だったという。
こりゃいいわ、で即決。
ところが、
これが悪夢の始まりだった。

締め切りの前日、
KディレクターはS社に電話を入れた。
「明日、納品ですけど、大丈夫ですか?」
「ゼンゼンOKです」

そして、翌日、
何時になってもデータが来ない。
(成果物はネット上のサーバーでやり取りする)
そこで、KディレクターS社に電話。
「納品どうなってます?」
「それがダメなんです」
「え?何がダメなんですか?」
「今日納品はムリです」
「は?昨日、大丈夫だって言ったじゃないですか!」
「はい、それが急にダメになったんです」
「意味わからんやろ!」

あげく、
数日経って、上がってきた絵が、
メチャクチャ。
グラデーションからしてつぶれていたという。
(グラデーション:色を滑らかに変化させること)
一体、どんなツール使っとんや?
お前らプロか!(Kディレクターの代弁)

数ヶ月経って、
らちがあかないと判断したKディレクターは、
S社から仕事を引き上げ、
社内でやることにした。
そのため、
S社がそれまで制作した絵を提出するよう命じた。
ところが、
またもや問題発生。

一般に、アニメ制作では、
1.画像編集ソフト(Photoshopなど)で静止画を編集する。
2.それをベースに動画編集ソフト(Director、After Effects)で動画を作る。

なので、
すべて作り直すには、
動画だけでなく、元の画(静止画)も必要になる。
ところが、
S社から届いたのは動画のみ。

そこで、
Kディレクター、S社に電話。
「画像ファイルも欲しいんですが?」
「ないです」
「は?動画の元絵ですよ」
「この世に存在しないです」
「え~、じゃ、どうやって動画作ったんですか!」
マジ、ありえない。

ということで、
Kディレクターは、
一から作りなおすハメに。
ところが、
彼自身、別の案件を抱えており、
全部作り直しているヒマはない。
そこで、
ウチに話がきたのだが、
別の案件が進行中で対応できない。
そこで、
代わりにN社を紹介した。

Kディレクターはさっそく、
N社に評価用サンプルを提出させたが、
それを見て仰天した。
なんと、
以前、S社が提出してきたサンプルにソックリ!

そこで、
興奮したKディレクターは、
サンプルについて、
N社を問い詰めた。

すると、N社によれば、
そのサンプルは、
「S社」から頼まれたのだという。
ところが、
カネは払ってもらえず、
その後も仕事は来なかったという。
そしてその時期だが、
KディレクターがS社にサンプルを依頼した頃と一致した。

こうして真実が明らかになった ・・・
1.KディレクターがS社に評価用サンプルを依頼。
2.S社はそれをN社に丸投げ(N社の品質は高い)。
3.S社は、N社が作ったサンプルをKディレクターに提出。
4.サンプルの出来が良かったので、KディレクターはS社に発注。
5.S社は、別の会社で制作 → 無惨なほど低品質。

まるで、NHKの経済ドラマだ。
面白すぎる!(Kディレクターごめんね)
熱く語ったKディレクターは、
最後にこう付け加えた。
「この業界、ほんとに狭いですね。
悪いことできないですよ」
ホント。

デザイン会社やアニメ会社に仕事を出す場合、
先ず、評価用のサンプルを出してもらう。
たいてい、エースに描かせるので、
出来は良い。
(この時点で不出来なら論外)

ところが、
実際に作るのはエースとは限らない。
結果、
「なんやこれ?」
はよくある話。

CGにしろ、アニメにしろ、
出来はクリエーター次第(会社ではない)。
しかも、バラツキは、
工業製品の比ではない。
人手に頼る工芸品だからだ。
なので、ウチは、
バラツキを吸収するディレクターをおいてもらっている。
ディレクターが優秀なら、
バラツキは小さくなるので。

ソフトウェアも人手頼りだが、
「バグだらけ」でない限り、
品質は目に見えない。
ところが、
絵の善し悪しは、
一目瞭然。
だから、
アニメ、CGに「ごまかし」がきかない。

最近、
パチンコ、パチスロ、ゲームで、
アニメ版権が増えている。
当然、アニメパートは、
アニメ制作会社にいくのだが、
たいてい問題が発生する。
中には、
破綻したアニメ制作もある。

一方、
パチンコ・パチスロ業界の映像制作会社は、
融通がきくし、粘り強い。
そんな彼らがアニメ制作会社と手を組むと、
必ず、問題が発生する。

彼らが言うには、アニメ会社は ・・・
1.スタート時期が少しでも遅れると、アニメーターを他の仕事にまわす。
2.すべての仕様と素材がそろわないと着手しない。
3.納期は守らない

だから、彼らにしてみれば、
アニメ制作会社は宇宙人なのだ。
このギャップは当面埋まらないだろう。
もっとも、埋まる必要もないかもしれない。

現在、版権を買う力があるのは、
パチンコ・パチスロメーカー、
あと、一部のゲームメーカーぐらい。
今は、パチスロはアニメ版権が繁盛しているが、
どこかで、一服するだろう。
そうなれば、こんなトラブルもなくなる。

by R.B

関連情報