BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■いい国つくろう、何度でも 2011.09.19

2011年9月2日、
宝島社の企業広告が、
全国の朝刊を飾った。

その広告とは ・・・

1945年8月30日、
連合国最高司令官のダグラス・マッカーサー元帥が、
厚木飛行場に降り立つ写真を背景に、

「いい国つくろう、何度でも」

ちょうど、
「野田新内閣」が誕生した日だったので、
日本は外圧でしか変われない、
を言いたかった?

マッカーサーが厚木に降り立つ写真は、
太平洋戦争の敗戦と復興の象徴なので、
東日本大震災は「敗戦」?

など、否定的な意見も多かった。
ただ、スンナリ受け取れば ・・・

これまで、日本は、
敗戦や災害から何度も立ち直った。
それが、我々日本人の歴史である。
そして今も、
災害、経済、政治、外交で苦難にあるが、
我々は何度でもやり直せる。

ところが、僕には、
そんなマシな考えは思いつかなかった。

ただ、心が”熱く”なったのだ。

あのキャッチコピーは、
革命家チェ ゲバラの言葉を彷彿させる ・・・

もし、我々が空想家だと言うなら、
救いがたい理想主義者だと言うなら、
できもしないことを考えている愚か者だと言うなら、
私は何千回でも答えよう、
その通りだと。

小さな革命グループから始めて、
キューバ革命を成功させた希有の革命家。
哲学者サルトルをして
「20世紀で最も完璧な人間」
と言わせた巨人。
そんな”熱い”チェ ゲバラを思い出したのだ。

いい国つくろう、何千回でも ・・・

マッカーサーが降り立つ写真、
僕は熱くなる。
あの1枚の写真には、
何千、何万という歴史が封印されているのだ。
その1つでも欠落すれば、
あの写真は歴史から消えてなくなる。

明治維新、
アジアが欧米列強に浸食されていく中、
完全な独立国を目指した日本。
朝鮮半島と満州を狙うロシアに抵抗したのが、
日露戦争だった。
国力を考えれば、
およそ勝ち目のない戦争。

やらねば、やられる、
そんな弱肉強食を地でいった日本。
最後に、原子爆弾を投下されて、
国は滅亡の縁に立った。

戦後の焼け野原、
国の支援もボランティアもない世界。
自分で生きていくしかなかったあの時代。
希望も未来もなく、
ひたすら生きるだけの毎日。
やがて、
薄日がさすように希望が見えてくる ・・・
そんな時代の象徴が、
あの写真なのだ。

我々は、
理屈をこねるのがうまくなった。
どんな災害、どんな問題も、
言葉たくみに、非難する。
だがそこに、
問題解決への”熱い”想いはない。

我々は、いつの間にか、
”熱い”心を失ってしまった。
人は必ず死ぬ。
肉体が灰になり、
魂だけが残るとすれば、
そこに記録されているのは、
”熱い”記憶だけなのだ。

by R.B

関連情報