BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ出張・カジノ 2011.07.01

マカオ2日目。
あまりの寒さに、
夜中に何度も目が覚める。
凍死するかと思った(ホントだぞ)。
設定温度を変えてもダメ、
冷房を切ると蒸し暑い、
しかも、窓は開かない。
一体どうすればいいのだ?

睡眠時間は2、3時間。
昨晩、ワインのラッパ飲みで、
いつ寝たかも覚えていない。
ところが ・・・
ゼンゼン眠くない。

今日は、
あちこち歩き回るので、
貴重品の管理がメンドーだ。
海外旅行で貴重品といえば、
1.パスポート
2.現金
3.航空券の予約控え
4.保険証書
5.スーツケースの鍵(なくすと大変だぞ)

部屋の中に、
セーフティボックスがあるが、
利用しない。
暗証番号は4桁なので、
一発ビンゴの確率は1万分の1。
隕石衝突で死ぬ確率(2万分の1)より高い。
微妙な確率なので、
持ち歩く方が安心。

じつは、
貴重品を持ち歩くためのケースもある。
首からぶらさげるタイプ、
腹巻きタイプ、
など。

以前、ヨーロッパへ行ったときは、
腹巻きタイプを使ったが、
これがけっこう恥ずかしい。
人前でズボンを下げて、
パスポートを取り出す様を想像してみよう。
また、
首からぶらさげるタイプは、
ヒモが切れてもまず気づかない。
最悪 ・・・

というわけで、
パスポートは上着の内ポケットに入れることにした。
ウチポケットはボタン付きだし、
上着を脱がない限り大丈夫。
今日は終日ホテルだし、
ホテル内はどこも冷房がきいているので、
上着を着ていても苦にならない。

さて次は、
下着の洗濯。
(下着は2日分しか持たない)
光り輝く大理石のバスルームで、
Macao_Venetian_BathRoom
下着といっしょに風呂に入る。
入浴と洗濯が一度にすむ、
というわけだ。
自慢の習慣なので、友人に勧めたら、
白い目で見られた。

髪を乾かそうと、
ヘアドライヤーを捜すが、
どこにもない。
日程表を確認すると ・・・

◆宿泊ホテル
ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテル
【設置・サービス】
ヘアドライヤー:○
国際電話:○
テレビ:○

ほら、やっぱり、
ヘアドライヤーは「○」だ。
ところが、
どこをどう捜しても見つからない。
ただ、
棚の片隅にアイロンがおいてあった。
ひょっとして、
「ヘアドライヤー = アイロン」がマカオ式?
郷に入れば郷に従えというが、
頭にアイロンをかける気はしない。

さて、つぎは朝食。
ホテル1Fのビュッフェ「カフェ・デコ」に行く。
バイキング形式で、
食べ放題、飲み放題。
品ぞろえも味も、
日本のホテルとほとんど変わらない。

蒸しパンをほおばりながら、
周囲を観察すると、
白人が1家族、
インド人が2~5%、
あとは全部中国人(95%以上?)という感じ。
日本人は僕だけ?
(表情でなんとなくわかる)

さて今日は、
カジノ展示会「G2E」の見学だ。
G2Eは、
アジア最大のカジノ展示会で、
新しい遊技機が展示される。
会場は、
我が「ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテル」。

午前10時、会場に入るが、
規模は意外に小さい(市場が小さいから?)。
日本企業は、
パチンコメーカーの京楽(KYOURAKU)、
パチスロメーカーのアルゼ(ARUZE)、
ゲームメーカーのコナミ(KONAMI)
が出展していた。

アルゼのブースでは楊貴妃のコスプレも ・・・
Macao_G2E_Arze

日本で大ブレイクしたパチンコの「花の慶次」、
「冬ソナ」も展示されていた。
ただし、
カジノフロアでは、
日本のパチンコやパチスロは皆無。

じつは、
カジノのスロットと、
日本のパチスロは別ものだ。
日本のパチスロは、
リアルなリールがないと×だが、
カジノのスロットは○。
また、
日本のパチスロは複雑怪奇で、
説明書を読まないとわからない。
ところが、
カジノのスロットは、
掛け金ボタンを押すだけ。
ルールもすぐに覚えられる。

展示会場を一回りして、
社長の意図がやっとのみこめた。
ウチはカジノ遊技機は作っていないが、
本業の映像開発の参考になるのだ。

展示されているのは、
ほとんど洋モノのスロットだが、
日本の演出とは根本が違う。
和モノは意味不明の「紋切り型」が多いが、
洋モノは分かりやすく「タメ」がある。

絵の色合いは、
和モノはサッパリ、
洋モノはコッテリ。
あと、
日本のパチンコ・パチスロは、
ほとんど版権モノだが、
洋モノはオリジナルが多い。

それに、
日本のパチンコ・パチスロの映像演出は、
独特の文法を持っている。
CMほどの一発芸ではないし、
ゲームほど悠長なストーリーもない。
不思議なエンターテインメントだが、
完成度はかなり高い。

会場内をうろついていると、
ウチの社長と役員を発見。
12時になったので、
3人でランチに行く。

ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテルは、
3Fがショップ街とレストラン街になっているが、
広さがハンパではない。
日本語のマップもあるが、
ゼンゼン役に立たない。
広すぎて見る気になれないのだ。
ムダ覚悟で、
グルグル回ったほうがマシ。

やっと、
レストラン街を発見。
美味しそうな料理がたくさんあるので、
目うつりする。
テレビで観たベトナム風うどん「フォー」を発見。
店員がやたら勧めるので、
600円の牛肉入りにした。
(後で見ると一番高い!)
Macao_Pho

見た目はうまそうだが、
麺(めん)は米なので淡泊。
ところが、
ダシは唐辛子が利いて辛い。
つまり、
サッパリして辛く、コクがない ・・・
日本にはない食感だ。
でも、本場のフォーが食べられて満足。
社長のおごりだし ・・・

さて、
いよいよカジノへ。
ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテルは、
1Fの中心部がカジノフロアで、
それを取り囲むように、
ロビー、レストラン、ショップ、常設劇場、
客室の北スイート(Hotel Suites North)、
南スイーツト((Hotel Suites North)
が並ぶ。

カジノフロアは、
周囲から見えないように、
屏風が張られている。
未成年者(18歳未満)は、
カジノフロアに入れないからだ。
(通り抜けもできない)

カジノフロアに入ろうとすると、
黄色の上着、黒ズボンの警備員が、
こっちをにらんでいる。
黄色の警備員は、
ホテル中に配置され、
警備員が視界に入らない場所はない。
なので、治安は万全だ。

カジノフロアに入ったとたん、
あまりの広さに仰天!
(ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテルは世界一広い)
後で調べたところ、
カジノフロアの総面積は51,000 ㎡(15,500坪)、
東京ドーム丸ごと1個分。
その中に、
スロットマ シンが6000台、テーブルゲームが800台 ・・・ ウソやろ。
フロア全体が独特のオーラを発していて、
華やかで、賑やか、
いるだけで楽しい。

服装は、
カジュアルでOKで、
Tシャツ姿も見かける。
(パジャマ姿はナシ)
ドリンクは、
酒を含めすべてタダだが、
マジでマズイ。
ただし、持ち込みは禁止。

さっそく、
円を香港ドルに換えて、
いざ、出陣。
軍資金は「1000香港ドル(1万円)」。
せっかく、マカオまで来たんだから、
テーブルゲームといきたいが、
ルールがわからない。
それに、
掛け金がエスカレートしそうで、コワイ。
(僕はすごい負けず嫌い → すぐにムキになる → 大損)

ということで、
リールが5列のシンプルなスロットに座る。
やり方は簡単、
掛け金ボタンを押すだけ。
ケチなので、
掛け金は最低の「20香港ドル(200円)」

ボタンを押すと、
5つのリールが回転し、
左から順に停止していく。
リールが全部停止したら、
絵柄の並び(役)で得点が決まる。
それがインカム。
インカムから掛け金を引いた分が取り分。
それだけ。

ボタンを押して、
勝負が決まるまで、3秒ほど。
スピード感があって気持ちがいい。
それに比べ、
日本のパチスロは、
複雑で、勝負に時間がかる。
だから、
カジノに置いても、
誰もやらないだろう。

光輝くドラゴンの絵柄が3つ並ぶと、
ボーナスステージに入る↓
Macao_Casino_Slot

ボーナスステージが続く限り、
掛け金は取られないし、
当たりの確率も高くなる。
ボーナスステージでどれだけ稼ぐかがすべてだ。

ちなみに上の写真は本当は×。
カジノフロアでの撮影は禁止されているからだ。
見つかると、警備員がすぐに飛んで来る。
その時のやりとり ・・・

警備員:
「Sir, no camera!」

僕:
「It’s video」

警備員:
「No, video!」

僕:
「Ok」

警備員:
「Sorry, sir!」

こんなおバカなやりとりで、
事なきをえたが、
中国当局に連行されなくてよかった ・・・

1時間も遊んでいると、
どんな並び(役)が高額か、
カンで分かるようになる。
そうなると、
リールが止まるたびに、熱くなる。

一進一退がつづいたが、
2時間ぐらいたつと、
徐々に減り始め、
ついに、
1000香港ドル → 180香港ドル。
資産は1/5に目減りしてしまった。

ところが ・・・

その後、
ボーナスが3回連続し、
1000香港ドルに持ち直す。
そこに再びボーナスがきて、
1200香港ドルに。
おぉぉー、マカオで勝ったぞ!
このあたりが引き際と、
直感が騒ぐ。

で、いくら勝ったんだ?
200香港ドル(2000円)。
おいおい、
わざわざ、マカオまで来て、
本場カジノで2000円勝っておしまい?
いつもの貧乏根性丸出しじゃないか!
情けない ・・・
俺はそんなケチな男じゃないぞ、
とツッパッて、さらに続ける。

ところが ・・・

その後、
一度もボーナスを引くことなく、
あっという間に、
1200香港ドル → 0
あらら ・・・

でも、不思議なことに、
悔しくない。
いやむしろ、すがすがしい。
(あんな負けず嫌いなのに)
4時間遊んで、1万円の出費。
あー、楽しかった。
身の丈で遊ぶなら、
カジノは気持ちよく負けられるなぁ。

カジノフロアで気づいたことがある。
プレイヤーの99%が中国人。
大歓声をあげるのでわかる。
ところが、
インド人はゼンゼン見かけない。
カフェ・デコ(朝食)では、
そこそこ見かけたのに(2~5%)。
インド人はどこへ行ったのだ?

カジノで気分よく負けたところで、
つぎは、「ZAIA(ザイア)」。
「ZAIA」は世界トップのショーで、
ヴェネチアン・ホテルでしか観ることができないという。
ガイドのランディに頼んでおいたチケットを受け取るために、
ロビーへと向かった。

by R.B

関連情報