BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■高専の就活②  2011.06.05

今年4月、
常務になったので、
労働者の権利が消失した。
取締役会で解任されれば、
その場でクビ、
しかも、
失業手当は1円ももらえない。
(ホントだぞ)

仕事の内容も変わった。
コンピュータのハード開発からスタートし、
ソフトウェア開発、
シミュレーションゲーム(GE・TEN)、
と心ときめくサラリーマン人生を送ってきたのに、
今では、
完全無欠の「間接人員」。
人生一丁あがり?
ウソや ・・・

技術者として、
クリエーターとして、
まだまだ若いもんには負けん、
と意気込んでみたところで、
見苦しいだけ。
それに、
本当に勝てるかどうかも怪しい。

昨日、
金沢で「百万石まつり」があり、
町を歩いていると、
「キャー、マジ、カワイイ!」
と頭の悪そうな声がするので、
顔を曲げて振り向くと、
女子高生が、
目にもとまらぬ速さでケータイを操作していた。
負けた ・・・
少なくとも、
頭の回転ではかなわない。
脇役に徹するしかないな ・・・

ということで、
人材の確保と育成に力を入れることにした。
毎日、リクルート情報をシャワーのように浴びながら。
そんなある日、
高専生の面白い法則を発見した。

高専生は、
成績の良い子と悪い子で、
就活の戦略が真逆なのだ。
以後、
成績の良い子は「成績○派」
成績の悪い子は「成績×派」
とよぶことにする。
(差別と言われたくないので)

まず、「成績×派」は、
日がな、ゲームかアルバイトに精を出している。
だから、勉強などしているヒマはなく、
成績は悪い。
高専の赤点は60点なので、
65点当たりを目標にするか、
行き当たりばったりか、
いずれにせよ、
成績も志も低い。

一方、「成績○派」は、
学問の重要性を十分認識し、
きちんと勉強している。
当然、成績は良い。
そして、
「成績×派」を見て、
「将来を考えたほうがいいぞ」
と「アリとキリギリス」の寓話を思っている。
そう、大切なのは「将来」、
つまり、就職なのだ。

ところが、
興味深いことに、
高専生の就活
は、
「成績○派」と「成績×派」で、
逆転することがある。

「成績×派」は、
そもそも、成績が悪いので、
大会社など頭にない。
条件といえば、
1.地元企業(金沢人は地元志向が強い)
2.そこそこ安定
3.給料まぁまぁ
4.なんとかやっていけそう
ぐらい。

じつのところ、この条件なら、
高専生の就活はすぐに終わる。
なぜか?
需給関係を見れば明らかだ。

まずは供給面。
地方の国立高専の場合、
偏差値は県内の高校のトップレベル。
つまり、地頭がいい(と思われている)。
さらに、
1年生から専門科目が入るので、
即戦力(と思われている)。

次に、需要面。
中小・中堅企業は、
有名大学からは、
なかなか来てくれない。
だから、
ヘンな大卒(失礼)を採るくらいなら、
高専を狙い打ちにするほうがいいと思っている。

そこで、
中小・中堅企業(製造業)は、
高専と太いパイプを築き、
直接、学生を確保しようとする。
だから、高専生は、
マイナビ、リクナビのような一般市場にはでてこない。

高専生は、
一旦、内定が出たら、
他社に浮気することはない。
つまり、必ず入社してくれる。
ここが複数の内定を取る大学生と違う点だ。
反面、
企業は推薦状付きの高専生は落としづらい。
パイプが細くなると困るからだ。
ということで、
高専と中小・中堅の製造会社には、
奇妙な信頼関係がある。

じつは、
この仕組みを享受しているのが、
高専の「成績×派」だ。
彼らは、就活が始まると、
大手など見向きもせず、
中堅・中小企業を狙ってくる。
結果、
成績が悪かろうが、
留年していようが、
面接で最悪の事態にならない限り(全くしゃべれないとか)、
内定をもらえる。
ちなみに、
ある高専では、
70%の学生が1社目で内定をとる。

ところが ・・・

「成績○派」は違う。
初めから大手を狙ってくるのだ。

たとえば、
電気工学科で成績がシングル(1~9番)なら、
一番人気は電力会社だ。
あんな恐ろしい福島第一原発事故が起こった後でも。

理由は簡単、
電力会社の待遇が破格だから。
親戚に某電力会社の社員がいるが、
今、1ヶ月の長期休暇中。
しかも、毎年、
超一流旅館のタダ券がもらえる。
もちろん、
給与は人に言えないほど高額。
その分、電気料を下げればどうだ、
と言いたいところだが、
最近、値上げした!?

さらに、
電力業界は競争がないので、
他業種のように、
「生き馬の目を抜く」努力をする必要がない。
電柱を立てていればいいのだ。

ただし、
電力会社は入るのは難しい。
理系・大卒は強力なコネがないとムリ。
一方、
文系・大卒は東大・一橋のような一流どころは入りやすい。
(文系は地味な電力会社には入りたがらないので)
そして高専。
こちらは大卒と別枠なので、
推薦状があれば、
面接でヘマをやらない限り、入れる。

ところが例外もある。

ある高専では、
今年も、「成績○派」は、
次々と電力会社の内々定を決めた。
ところが、
1社だけ、全滅。
例年は1人は受かるのに ・・・
一体何が起こったのか?

電力会社は、
高専生を落とすと、
その理由を知らせてくれる(学校に)。
それによれば、
筆記試験に問題はなかった。
受験者全員が5番以内なので、
つじつまが合う(旧帝大に編入できるレベルなので)。
ということで、
原因は、やっぱり面接。

ここで、
落とされた学生の面接を再現してみよう。
この学生は、
面接を待つ間、
誰かに見られているような気がして、
周囲をキョロキョロ、
でも、誰も見ていない。
いや、誰かに見られている ・・・
そんなこんなで、
すっかり緊張してしまった。

そして、
彼の順番がきて、
面接会場に入る。
案の定、
何を聞かれても、
「○@△#×%」
最後に面接官が言った。
「何か質問がありますか?」

ここで、彼は、
後世語りつがれるであろう、
神でさえ返答不可能な、
恐るべき質問をした。
「あの、ここ、透明の壁じゃないですか?
さっき、廊下で、
誰かに見られているような気がしたんで ・・・」
こうして、
彼の長いようで短い面接は終わった。

その後、
この事件は学校で話題になったという。
誰かが言った。
「透明の壁?
俺が面接官でも落とすわ」

別の誰かが言った。
「おい、まてよ、
透明の壁はじつは本当で、
それを見抜くような鋭い奴は危険だと思われたんじゃないか?」
深い ・・・

ではなぜ、彼だけでなく全員が落ちたのか?

先生が言った。
「透明の壁のトバッチリじゃないか?」
なるほど ・・・

というわけで、
「成績×派」のほとんどが、
テキトーに会社を選んで、
5月には内々定もらって、
今は、アルバイト、
または、
ゲームで世界を救うのに忙しいのに、
初戦でしくじった「成績○派」の就活は、
これから。

だが、僕は思う。

高専は就職する意思さえあれば、
今でも就職率100%。
募集を打ち切った後でも、
高専と企業の太いパイプで、
ねじ込んでもらえるからだ。
(会社は選べないが)

それに、
腹をくくって、
小さな会社に入れば、
大会社にはないメリットもある。
すぐに仕事を任せてもらえるし、
出世も早いし、そのぶん、給料もいい。
なにより、
大会社のように、
歯車で終わらない。

そもそも、
成績が良いのだから、
1.思考力
2.記憶力
に優れるだろうから、
技術者としての高い資質が証明されている。
それに、若いだけで、
時間を味方につけることができる。
つまり、
何度でもやり直せるのだ。

たとえ、
電力会社に入れなくても、
人生は終わりではない。
それどころか、
入らなくて良かった、
と思う日が来るかもしれない。
(今の東京電力のように)
人生塞翁が馬、
何が起こるか分からないのだ。

落胆なんかするな。
君たちが、
小さな会社で大きな果実をつかみ、
実りある人生をおくることを、
僕は心から願っている。
努力を続ける人間は、
いつかは報われるのだから。

by R.B

関連情報