BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ビデオをPCに保存する 2011.05.08

棚に並んだビデオテープが恨めしい。
その隣に並んだLD(レーザーディスク)はもっと恨めしい。
どっちも再生できなくなる日は近いが、
LDは大金払ったぶん、
よけいに腹が立つ。

僕がLDを買ったのは、
映画やドラマを見るためで、
銀色の円盤が欲しかったわけではない。
ところが、
LDプレイヤーは店の棚から消え、
円盤だけが残った。
今ではただのフリスビー。

とはいえ、
LDタイトルのほとんどは、
DVD版が出ている。
だから、
カネさえ出せば、
また観ることができる。

しかし、例外もある。
米国TVドラマ「タイムトンネル」だ。
タイムトラベルものでは、
類をみないスケールで、
ストーリーも面白いのに、
DVD版は存在しない。
このままだと、
「タイムトンネル」は、
LDプレイヤーとともに歴史から消える。

家族のビデオ映像は、
さらに深刻だ。
そもそも、
この世でマスターテープしか存在しない。
だから、
ビデオカメラがなくなれば、
家族の記録も永遠に失われる。
どうしてくれるんや ・・・

個人て録画したニュース映像もしかり。
ドラマはさておき、
過去のニュースが再放送されるとは思えない。
つまり、
VTR(ビデオテープレコーダ)とともに、
事実上消滅する。

ということで、
「取り返しのつかない映像」を、
PCに保存することにした。
問題はメディアだが、
DVDは×。
「LD → DVD → ブルーレイ ・・・」
の歴史をみれば、
光磁気メディアは信用できない。
PCのファイルに変換して、
ハードディスクに保存しておくのが一番だ。
これなら、
時代を超えて複製できる。

映像をPCに保存するには、
ビデオテープに記録されたアナログ映像を、
デジタル映像に変換する必要がある。
作業は難しくないが、
時間はかかる。
2時間テープ100本なら、
2時間×100本=200時間!
テープを丸ごと再生する必要があるからだ。

使用するツールは、
トムソン・カノープス製の「超編 Ultra EDIT2」。
7年前に購入したもので、
1.ビデオキャプチャーカード(アナログ映像をデジタル映像に変換するハード)
2.編集ソフト(映像の変換・編集ソフト)
が同梱されている。
(今は生産中止)

まず、
ビデオキャプチャーカードをパソコンに装着し、
その入力端子とVTRの出力端子をつなぐ。
それから、
編集ソフトをインストールすれば、
準備完了。

次に、
ビデオテープをVTRにセットし、
再生ボタンを押し、
編集ソフトの録画ボタンを押せば、
「アナログ映像 → デジタル映像」
の変換が始まる。

デジタル映像のファイルフォーマットは、
1.AVI
2.MPEG2
のどちらかを選ぶ。

教科書的には ・・・
「AVI」は非圧縮なので、
画質がいいぶん、データサイズが巨大。
一方、
「MPEG2」は圧縮がかかっているので、
データサイズは小さいが、画質が悪い、
となる。
まぁ、理屈は合っている。

しかし、今回の映像ソースは、
ビデオテープ(SVHS)とLDなので、
元の画質が良くない。
こういう場合、
「AVI」でも「MPEG2」でも、
画質は大して変わらない。
であれば、
サイズが桁違いに小さい「MPEG2」のほうがいい。

作業を開始して、
すぐに問題が発生した。
テープが劣化し、
くっついているのだ。
そのため、
テープが巻かれたリールが回転しない。
ムリにはがして再生したが、
映像は消失していた。

また、
テープが断裂している場合は、
セロハンテープでくっつけて、
そのまま再生した。
切れた部分以外は、
問題なし。

こうして、
ビデオテープの90%は復元できた。
とはいえ、
元の映像ソースが、
劣化したビデオテープなので、
できた映像もしれている。

こういう場合、
動画再生ソフトが重要だ。
映像ソースが劣悪なほど、
再生映像に差がでるので。

そこで、
1.CyberLink社の「PowerDVD9」
2.Corel社の「WinDVD 9」
の2製品を購入し、比較してみた。

差がでたのは、
1950年~1960年代のカラー映像。
この時代、
商業映画は「35mmフィルム」、
テレビドラマは「35mmフィルム」か「16mmフィルム」が使われた。
この頃の映像は、
全体に色が濃くて、油絵っぽい。
これを忠実に再現したいなら、
CyberLink社「PowerDVD9」の方がいいだろう。

一方。
Corel社の「WinDVD 9」は、
コントラストが低く、くすんだ感じ。
上品な色味が好きな人なら、
こちら。

さて、
半年間におよぶ作業が終わり、
できたてのデジタル映像をPCで再生してみた。
意外に面白いのはニュース。
時代の世相が反映されていて、
懐かしい ・・・

2006年のニュースを観ていると、
突如、緊迫した映像が飛び込んできた。
ヘリコプターから地上を見下ろすカメラアングルで、
複数の車がサイレンを鳴らして、疾走している
・・・ ライブドア事件だ!
たしか、
ライブドア社長のホリエモン(堀江貴文)が逮捕され、
拘置所まで護送されるシーンがライブで放送されたのだ。

あれから5年経った2011年5月1日、
堀江氏の実刑が確定した。
彼はたぶん確信犯だが、
当時の法律は未整備で、
実刑は厳しいという気もする。
堀江氏が「不公平だ」と声を荒げるのも、
一理ある。

これに対し、メディアは、
「反省の姿勢がみじんもない」
と一刀両断にする。
だが、これは本末転倒。
「法の前の平等」は何より優先すべきことだから。

まぁ、いろいろあったけど、
ホリエモン&ライブドア事件は、
時代を象徴する”熱い”事件だった。

by R.B

関連情報