BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■アニメの街 2011.05.01

最近、
東京出張がコワイ、という話をよく聞く。
東日本大震災の後、
毎日地震があるとか、
放射能汚染が怖くて水が飲めないとか、
計画停電で電車が止まったらどうしようとか、
・・・

そんな心配してたら、
放射能汚染列島」で生きていけないぞ~

というわけで、
東京に出張した。
客先で打ち合わせした後、
東京で研修中のM君と食事をした。
場所は、
秋葉原のヨドバシカメラ最上階の「ゴハン・GOHAN」。
どうせワタミや~、
となめていたが、
料理はなかなかうまい。
二人で飲んで食って7500円、
値段も手頃だ。
東京は物価が高い、が常識だが、
普通の飲み食いなら、
金沢のほうが高い。

3週間前、
金沢で会食があった。
相手は上場企業の部長&役員さんなので、
奮発して、
犀川のプチ高級料亭にした。
犀川(さいがわ)は、
金沢中心部を流れる川で、
川をはさんで、
格式の高い料亭がならぶ。
近くに、繁華街「片町」もあり
雅(みやび)な一画を形成している。

しかし ・・・

「料亭」と名のつくところは、
たいてい、
高くて、不味い。
今回の料亭もそうだった。
料理だけで1人18000円!
1泊2食付きの旅館じゃないか、
それもかなり高級な部類の。

そして、肝心の料理だが ・・・
見た目は綺麗だし、
甘い辛いまでわかるのだが、
どこか人工的で、
身体に溶け込まない。
うまく言えないが、
家庭料理と真逆なのだろう。
だから、
毎日食べる気はしない。

今後は、
こんな「格式」だけをウリにする店は、
廃れていくだろう。
飲み食いは、
安くて美味しいが基本なのだから。

話をもどそう。
M君との食事を終え、
ホテルにチェックインした。
秋葉原の末広町駅に近い
「すえひろの湯 ドーミンイン秋葉原」。
部屋にバスはないが、
最上階に「露天風呂」があるという。
さっそく行ってみると、
これがけっこういい感じ。

露天風呂につかり、
のんびりしていると、
雨がパラパラ。
あ、放射能 ・・・
あわてて、中にかけこんだ。
なんだ、オレも放射線を気にしているじゃないか?
人のことは言えないな。

翌日、
外注先のデザイナーに会うため、
代官山に向かった。
前回良い仕事をしてくれたので、
これからも継続してやってね、
というお願い。

東急東横線「代官山駅」で下車し、
駅前のこじゃれた喫茶店で、
ランチしながら、
1時間ほど話し込んだ。
シンプルな鶏肉サラダとパンなのだが、
これがマジでうまい!
しかも、1000円。
3週間前の18000円のあのクソ不味い料理は、
一体何だったんだ?

それに ・・・

店で働くお兄さん、お姉さんたちが美形!
さらに、
お客さんまで美男美女。
マジか?
さすが、ファッションの街「代官山」。
こんな街で暮らしたかったなぁ ・・・ もう遅いけど。

その後、
高田馬場まで行き、
西武新宿線で「上井草」へ。
たまたま先頭車両に乗ったのだが、
運転席から望む路線風景が素晴らしい。
都会過ぎず、田舎過ぎず、
どこか懐かしい ・・・
運転手さん、
毎日、電車を走らせるのは楽しいでしょ?

20分ほどで「上井草」に到着。
駅の構内に、
アニメのポスターが貼られている。
後で聞いたところ、
上井草はアニメの街なのだという。

少し歩いて、
目的のアニメ制作会社に着く。
先方のディレクターと、
次案件のアニメ制作の打ち合わせをする。
あとで、
社長と専務も同席したが、
60過ぎのジジイなのに、
どこかお洒落。
さすが、アニメ会社。

東京は、
1300万人が住むメガポリスだ。
山手線の内側は、
高層ビルが立ち並び、
その合間に、
人がひしめいている。
見ているだけで、
息が詰まりそうだ。

ところが、
山手線を一歩外にでると、
風景が一変する。
高層ビルが消え、
人もめっきり減って、
都会の喧騒がない。

昔、三鷹に住んでいた頃を思い出した。
会社の寮にいたのだが、
周囲に緑が多く、
会社までの道筋も閑静だった。
そこを、毎日、
自転車で通勤するのだった。
春になると、
井の頭公園で花見 ・・・
なつかしいなぁ。
東京はいろいろの顔をもつ、
不思議な街だ。

by R.B

関連情報