BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年4月10日 2011.04.10

ソフトバンクの孫社長が、
東日本大震災の義援金として、
個人で100億円、
さらに、
引退までの役員報酬全額を寄付する、
と発表した。
ところで、
100億円ってどんなお金?

1億円住宅を建てて、
軽井沢に5000万円の別荘買って、
アウディA4クアトロ(580万円)買って、
1日の小遣い10万円!(毎晩飲みに行ける)
しめて、
1億円+5000万円+580万円+10万円×365日=1億9230万円
こんな生活を毎年続けたとして、
100億円÷1億9230円=50年
使い切るのに50年もかかる。

つまり、
ビジネスや復興事業ならともかく、
個人で使うぶんには、
無敵の金額だ。
だから、
100億円を個人で寄付する人は、
やっぱり偉い。

また、楽天の三木谷社長も、
個人で10億円寄付するという。
三木谷さんは、
新潟県中越地震でも1億円寄付している。
その他、資産家、有名人の寄付が相次いでいる。
そんな中、
「ニュースステーション」の元ニュースキャスターの久米宏さんが、
2億円寄付したという(イチローでさえ1億円)。
しかも、コメントは一切ナシ。

久米さんが、
「ニュースステーション」のニュースキャスターだった頃、
阪神淡路大震災が起こった。
その時、久米さんの一存で、
CMをスキップして報道を続けたことがある。
”熱い”人だ、
そのときそう思った。
つねに、反体制派を標榜し、
物議をかもすことの多い人物だったが、
有言実行、
彼は「言葉の重み」を知っている。

ところで、
原発事故を引き起こした東京電力は?
歴代の会長や社長が、
退職金を返納したとか、
寄付したという話はきかない(あったら失礼)。
それどころか、
逆の話がある。

各地で被災者の受け入れが進む中、
東北電力は、
自社の敷地内の体育館に「240人」を受け入れた。
さらに、 中部電力も、
社宅「650世帯」と保養施設「90室」を提供する方針だ。

ところが ・・・

当事者の東京電力は、
多数の施設を所有しながら、提供したのは、
社宅「24世帯」のみ(3月31日時点) ・・・

さらに、
東京電力系の某リゾートホテルでは、
部屋を提供したものの、
料金を取っているらしい。
いわく、
「直接お申し込みいただいた方は、
大人お1人さま1泊3食で6000円、
市役所から要請を受けた方は無料」
被災者を馬鹿にしているのか?

東京電力に当事者意識はない、
そう言われてもしかたがない。
東電の経営陣は、たぶんこう思っている
・・・
これは天災だ。
百歩譲って、人災だとしても、
歴代の経営陣が政府と組んでやったこと。
それを、
事故が起きた時の役員の責任されてはたまらん。

言動を見るかぎり、
そう考えているとしか思えない。
日本では、こういう連中のことを、
「当事者意識がない」
と言っている。

この会社の体質を見ていると、
人間の醜悪な部分を見せられたようで、
不快な気分になる。
と同時に、
こんな会社に危険な原発を任せていたという事実に、
恐怖を覚える。

では、東電はどうすれば良かったのか?
事故が起きた以上、悔いてもしかたがない。
やるべきことをやる、それだけだ。
まず、
東電の施設から社員を出し、部屋を空け、
被災者をうけいれる。
東電系のホテルも被災者を無料で受け入れる。
原発現場周辺に、
強力な対策本部を設置し、
役員が陣頭指揮をとる。
ただし、社長も同席すべきだろう。
東京でのマスコミ対応は、
会長にまかせておけばいい。

これだけでもずいぶん違う。
少なくとも、
東電は当事者意識があるし、
やるべきことをやっている、
国民にはそう映ったはずだ。
それを、
常識や些末な事情にとらわれ、
英断できなかったのは、
東電の経営陣の無力さを物語る。
もし、東電のトップが、
ソフトバンクの孫さんや、
楽天の三木谷さんだったら、
東電の未来は変わっていただろう。
東電の不幸はここにある。

4月5日、
北茨城市沖で捕れた小魚「コウナゴ」から、
暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された。
漁業協同組合は当面の間、
コウナゴ漁を中止するという。
当然の処置だろう。

一方、
漁業関係者にとっては、はた迷惑、
ではすまない。
新聞報道によると、
「東電にコップで水(放射能汚染された海水)をかけてやりたい」
とコメントしたという。
また、東電と国に補償を求めるというが、
今後、こんな話が続出するだろう。

たとえば、
東京電力の株価は大震災前の「1/6」。
大暴落どころか、紙切れに近づいている。
電力会社の株は「安定」が唯一の取り柄、
そのため、富裕層では、
電力株は安定資産として受け継がれてきた。

東電の株を相続した子孫たちは、
親からこう言い含められている。
「電気がなくなることはないし、
東電がつぶれることもない。
だから、
東電の株は安定した資産。
決して、
目先のことで売り買いしてはならない」

それが、1ヶ月足らずで1/6?
シャレにならん、
一体、どうしてくれる!
株主にしてみれば、
気持ちの持って行き場がない。

ということで、
今後は「株主訴訟」もありうるだろう。
「株主訴訟」とは、
株で大損こいた株主が、
役員個人を相手に損害賠償を求めること。
問題は、
役員に過失があったかどうかだが、
ほじくれば、いくらでもでてくるだろう。

たとえば、津波対策を怠ったこと。
想定外の津波だった、
はもう通用しない。
過去に同じ場所で、もっと大きな津波が起こっているからだ。
これで想定外と言い切るバカはいない(原発の利害関係者をのぞく)。
つまり、
予想できたのに対処しなかった ・・・
裁判で負ければ、
東電の役員は自己破産するしかない。
(金額が半端じゃないので)
もっとも、すでに、
資産を保全しているだろうが。
妻に財産を譲渡して、離婚するとか、
方法はいくらでもある。

今後、放射能汚染が拡大する可能性が高い。
今でも、原発から放射性物質が出ているので、
減るわけがない。
とくに、
土壌汚染は蓄積なので、
増える一方だ。

自主避難地区(半径20km~30km)の住民が、
一旦、避難した後、
帰郷を始めている。
避難所の生活はつらいし、
家も心配だし、
政府が主張するように、
「ただちに健康に影響はない」。
だが、これは非常に危険である。

たとえば、
国際原子力機関(IAEA)の測定では、
原発から20km離れた福島県浪江町付近の大気の放射線量は、
161uSv毎時(3月21日)。
政府いわく、ただちに健康に影響はない ・・・
「時間」を忘れていないか?

たとえば、
このままの状態が1年続くと、
161uSv毎時×24時間×365日=1410mSv
この数値だと、
「吐き気、嘔吐の症状がでる」(放射線と被ばく影響の表
つまり、
「ただちに健康に影響する」

放射性物質の放出がつづくかぎり、
土壌汚染は進む。
結果、何万、何十万の人間の土地が奪われ、
それが何十年、何百年もつづく。
土地そのものが汚染されているので、
復旧作業ができないからだ。
被災者の苦難は筆舌に尽くしがたい。

そんな思いで、
東京電力の会長の会見を見ていると、
無性に腹が立つ。
カメラと記者を威圧するような目、
この人の表情には、
罪悪感のカケラもない。
これが東京電力のトップなのだ。

犯人捜しはやめよう、
終わったことはしかたがない、
これからが大切 ・・・
などと分かったようなことを言うのはやめよう。
人間は、時として、
悪を憎む激しい感情が必要だ。
でないと、
こういう連中はまた同じ災いをもたらす。

人間は極限状況で、
本性を現すものだ。
加害者でもないのに、
わが事のように苦しみ、援助を惜しまない人、
加害者でありながら、人ごとの連中。
人間は多様だ。

だが、被災者は、
こんな引いた見かたはしてくれない。
やがて、
彼らは自分たちの故郷が永遠に失われたと悟り、
怒りと憎しみをつのらせるだろう。
(特に半径20km圏内)

こんな状況で、被災者が、
「すべて水に流そう」
と言ってくれるはずがない。
東京電力の経営陣は覚悟が必要だ。
悪いことは言わない。
今のうちに、
全財産を寄付するなり、原発現場に行くなり、
やれることをやっておいたほうがいい。

by R.B

関連情報