BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年4月3日 2011.04.03

【原発】
福島第1原発は今後どうなるのだろう?

廃炉の方法については、
専門家の意見は分かれている。
1.原子炉を解体し、燃料棒を取り出す。
2.原子炉内にコンクリートを注入し、放射線を封じ込める。

一方、期間については、
1.原子力安全・保安院は、廃炉が完了するまで「10~20年」。
2.原子力が専門の学者は、すべて終わるまで「数十年」(僕はもう死んでいる)

どちらにせよ、
長い年月がかかる。
今後、日本は、
「放射能汚染」を現実として受け入れ、
共存していくしかないだろう。

だが問題が一つある。

10~50年?
その間、放射性物質の放出は続く。
当然、
土壌汚染は進むだろう。
大気汚染は風と共に去りぬだが、
土壌汚染は蓄積する一方だからだ。

放射性物質が地上に降り注げば、
そのまま土壌に入り込む。
それを植物の根か吸い上げ、
再び、大気に放出する。
だから、
放射性物質は簡単には減らないのだ。

もちろん、その間、
水道水や農作物も汚染される。
そういう状況にあって、
放射性物質の量は少ないから、まだ大丈夫、
で安心できるだろうか?
特に、小さな子供をかかえる家族は。

我々が知りたいのは、
どこまで汚染が進んでいるか?
政府の「半径20~30kmは自主避難」は正しい?
本当は圏外も汚染されているのでは?

そして、
それは現実となった。

3月30日、
IAEA(国際原子力機関)は、
原発から40km離れた福島県飯館村で、
IAEAの避難基準の2倍近い放射性物質を検出したのである。

40km?
たしか、政府お墨付きの安全地帯だったはず ・・・
一体どうなっているのだ?

一つ確かなのは、
原発から40km以遠でも安全とはいえない ・・・
放射性物質は風で運ばれるので、
40km圏内でも安全な場所もあれば、
逆に、圏外でも危険な所がある。
では、自分で調べるしかない?
だけど、
アマゾン(amazon)のガイガーカウンターは、
今も売り切れ。

IAEAの報告をうけ、
政府はさっそくコメントした。
今すぐ健康に影響があるわけではない ・・・
みっともないから、もうやめたら?

では、
原発周辺の住民は、
これからどうしたらいいのだろう?
半径40km圏内でも、
汚染された地域とそうでない地域がある ・・・
という発想はやめたほうがいい。

仮に、地雷原があったとして、
全域が危険というわけじゃないから、
地雷のない場所を捜して住もう、
と考える人はいない。

子供のいる家族や若い世代は、
半径80km以遠に移住したほうがいい。
自分の家族以外はすべて捨てる、
その覚悟さえあれば、
必ず未来は拓ける。
そもそも、
我々の祖先は、
今から5万年前、
1万3000km離れたアフリカから移住してきたのだから。

政府は現実を直視し、
国民に真実を伝えるべきだ。
被災者にあらぬ希望をもたせ、
問題を先送りしても、
いずれ真実は明らかになる。
そうなってからでは遅い。
政府の信用は失墜するだろうから。
もう失墜しているか ・・・

【津波】
今回の津波の高さは異常だった。
4階の最上階まで水がかぶったビルもある。
波の高さは10m以上。
これでは、逃げも隠れもできない。
実際、
津波の避難所までが、
丸のみにされている。

ところが、
沿岸部が壊滅した岩手県宮古市にあって、
被害を免れた一画がある。
12世帯が住む姉吉地区だ。

この地区は、
明治と昭和に2度の大津波に襲われている。
1.1896年(明治):生存者2名
2.1933年(昭和):生存者4名
ほぼ壊滅である。
そこで、住民は石碑を建立し、こう刻んだ。
「ここより下に家を建てるべからず」

その後、
住民たちはこの教えを守り、
石碑より高い場所で暮らすようになった。

3月11日、地震発生後、
大津波警報が発令された。
港にいた住民たちは高台の家を目指し、
必死で駆け上がった。
背後に迫る津波。
ところが、
波は石碑の50メートル手前で止まったという。
住民たちは先人の教えに救われたのだ。

ちなみに、
この石碑があるのは海抜60m。
プレート断層が生む巨大津波の凄まじさを物語る。

山のような津波が、
防潮堤を軽々と乗り越え、
町をのみこんでいく。
町全体が海の下、
無数の車が海面に漂う ・・・
その映像をみた瞬間、
既視感(デジャヴュ)に襲われた。

どこかで見た光景、
写真でもないし、映画でもない、
そして思い出した ・・・
1年前、夢で見た「ノアの大洪水」。
あまりにリアルさに、
夢から目覚めた後、身動きできなかった。

その夢とは ・・・
トンネルを抜けると、そこは別天地だった。
360度、地平線のかなたまで見渡せる。
どうやら山の頂にいるらしい。
ついさっきまで寝ころんでいた砂浜、ホテル、町、
すべてが海に呑み込まれている。
巨大な恐怖が意識を丸呑みにした。

津波を回避する方法は、
誰でも知っている。
海辺に住むなら、高台。
それも、過去の津波より少し高い所。

ところが、我々は、
何世紀にもわたり、
同じ場所で、同じ被災を繰り返している。
そろそろ、
経験から学ぶべきである。

by R.B

関連情報