BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年3月31日 2011.03.31

【3月30(水)】
 原子力安全委員会は、
原子炉の冷却作業は「年単位」の時間がかかる、
と発表した。
事故発生から18日後、
やっと本音が出たわけだ。

「何ごとも正直に」は良いことだが、
大事なことを忘れている。
今後、何年にもわたり、
放射能汚染の恐怖におびえながら暮らせと?
現場の作業員に命懸けの作業をつづけろと?

取り返しのつかない事態だが、
現実を受け入れるしかないだろう。
つまり、これから数年、
日本は「放射能汚染列島」になる。
論より証拠、
原発から220km離れた首都圏でさえ、
中国人をほとんど見かけなくなった。

「原発は絶対安全」、
と吹いていた連中は、
どう責任を取るつもりだろう?
疑う余地のない虚言だし、
結果、
国が傾くほどの放射能汚染。

事の重大さを考えれば、
辞職や退職金返納ではすまない。
厳罰に処すべきだろう。
放っておくと、また社会に害を与えるので。
とりあえず、作業を覚えさせ、
原発に行ってもらうしかない。

それはさておき、
放射線をすぐに止める方法はないのだろうか?
ない。
放射線を止めるには、
燃料棒を冷却する必要があり、
それには、
本来の冷却ポンプを使うしかない。
では、
さっさと冷却システムを修理すれば?
ところが簡単にはいかないのだ。

原発内部のたまり水が、
高濃度の放射性物質で汚染され、
作業ができないのだ。
仮にできたとしても、
作業時間が限られ、
作業効率が著しく低下する。
しかも、
汚水を排出するメドも立っていない。

それに、
修復に何年もかかるとして、
それまで作業員がもつかどうか?
すでに、東京電力では、
内定を辞退した学生もいるという。
今後は、家族に勧められ、
東電を退職する作業員もでてくるだろう。
東電は人もうらやむ超高給だが、
命にはかえられない。
今後は、
作業員の補充体制が大きな課題になる。

現状を整理しよう。

原子力安全委員会の言い分は以下のとおり
・・・
福島第1原発が安定冷却に到るまでには、
何年もかかる。
さらに、
廃炉処理が完了するまでに数十年 ・・・ 僕はもう死んでいる。
だが恐いのは、
それまでに、
格納容器が水蒸気爆発を起こし、
大量の放射性物質を吹き上げることだ。

であれば、
格納容器内の水蒸気を外に出し、
内部の圧力を下げればいい。
もちろん、
放射性物質もいっしょに外に出るが、
爆発で吹き上げるよりはマシ。

だから、
最悪の事態にはならない?
そうは思えない。

大気汚染は風と共に去りぬだが、
土壌汚染はどうする?
こっちは蓄積する一方だ。

ロシアのアレクセイ・ヤブロコフ博士は、
長年、チェルノブイリ原発事故について調べてきた。
彼によれば、
セシウムやプルトニウムは、
土壌に入り込み、
食物がそれを吸収し、
大気に再び放出する。
だから、
なかなか減らないのだという。

さらに、ヤブロコフ博士は、
「日本政府は放射能被害を過小評価している」
と警告している。
そもそも、
「健康に直ちに影響はない」
という言い方はおかしい、と。
同感だ。

「健康に直ちに影響はない」=「そのうち影響が出る」
でしょ。
これで安心しろと?、
国民はバカではない。

夜、帰宅してTVを入れると、
東京電力会長の記者会見をやっていた。
しっかりした口調、揺るぎない自信 ・・・
ところで、
あの自信はどこから来るのだ?
悲惨な現状を理解していない。
作業を覚えて、
原発に行けば、
理解できると思うのだが。

【3月31(木)】
 テスラモーターズが、
史上初の電気自動車の量産化に成功し、
電気が「動力」の主役になろうとした矢先、
福島第1原発事故が起きた。

ひょっとすると、
オール電化住宅や電気自動車が後退し、
化石燃料が盛りかえすかもしれない。
つまり、
これからのエネルギーは、
化石燃料を含めたハイブリッド?

一方で、
「原発廃止」の声も高まるだろう。
では、不足分の電力は?
太陽光発電
こう言うと、
政府や御用学者はしたり顔でこう切り返す。
「何もわかっちゃいない。
事はもっと複雑なのだ。
電力を安定供給するには原発は欠かせない」

日本人は、
「理想」より「現実」を好む。
国中を巻きこんだ議論の末、
「やっぱり、現実的には原発しかない」
に落ち着く可能性が高い。
こんな大惨事を目の当たりにしてもだ。

実際、
昨日、九州電力と北陸電力が、
「原発の廃止」はないと明言し、
事業計画に原発を盛り込んだ。
つまり、
こんな大惨事をやらかしたのは東京電力で、
我々ではない、と。

こんな連中を悔い改めさせるには、
東京電力の役員を原発の復旧作業に送り込むしかない。
そうすれば、
他の電力会社の役員もおびえて、
原発廃止に取り組むだろう。
もちろん、
今の政府には、
それを断行する知恵も覚悟もない。

僕は、
原発ゼロでも社会は成り立つと思っている。
2004年、日本の発電に占める原子力は29%。
最悪、30%節電すればすむ。
もちろん、
クリーンエネルギーは推進すべきだ。
「太陽光発電」では電力を安定供給できない?
だから?
そんなことは中学生でも知っている。
改良するか、
代わりを見つければいい。

かつて、
米国で「マスキー法」という法律が可決された。
自動車の排気ガスを規制する法律だが、
あまりの厳しさに、
フォード社のアイアコッカ社長はこう言い放った。
「技術的に不可能だ!」
すると、
起案者のマスキー上院議員は、
「技術的に不可能?
ヘンリー・フォード(フォード社の創業者)なら
そんなことは言わなかっただろう」
絶句したアイアコッカの顔が忘れられない。

ところが、
その「マスキー法」をクリアした会社が1社だけあった。
本田宗一郎率いる「ホンダ」である(CVCCエンジン)。
世界は驚嘆した。
忘れてはならない。
不可能を可能にしてきたのが、
日本の技術なのだ。

一方、
太陽光発電にかけるより、
「安全な原発」を目指したほうがいい、
と主張する人たちもいる。
一見正論にみえるが、
完全に間違っている。

原発に限っては「絶対安全」が不可欠、
という事実を忘れている。
福島原発を引き合いにだすまでもなく、
事故が起これば、
取り返しがつかないからだ。
太陽光発電や風力発電の事故とは、
次元が違う。

そして、当然のことだが、
この世界に「絶対安全」はありえない。
たとえば、
原発に隕石が衝突したら?
そんなことありえない、
とは言わせない。

1908年6月30日、
直径100mの隕石がシベリアのツングース上空で爆発した。
その時のエネルギーはTNT火薬20メガトン、
広島に落ちた原爆1333発分である。
それでも耐える原発が作れると?

滅多に起こらないから大丈夫?
このクラスの隕石が地球に衝突する確率は、
数百年に1度。
さて、それでもありえない?

原発を擁護する人間の本性は、
「人の命を犠牲にしてでも、自分の利益を守る」
ところが、
そういう連中に限って、
政府や電力会社の中枢に紛れ込んでいる。
つまり、
社会にとって最も危険な人物が、
決定権を握っているのだ。

さて、
非難するだけで終わるわけにはいかない。
具体的な提案がある。
集中発電ではなく、分散発電。
家庭で使う電力は、
各自、太陽光発電と充電装置でまかなう。
この技術は、大和ハウスがすでに開発している。
家庭の電力消費の占める比率は20%弱なので、
これで大幅に節電できる。

この分散発電なら、
もし故障しても、停電は一部ですむ。
これまでの集中発電のように、
首都圏全域に影響を及ぼすことはない。
これが、分散発電のメリットだ。

それでも、
1分たりとも停電は困る、
やっぱり、安定した原発じゃないと ・・・
と言い張る人は、
福島原発の惨状を思いおこすべきだ。
つまり、
「便利」と「放射能汚染=壊滅的損害」は”バーター”なのだ。

停電がつづく被災地で、
家族を失った男性が、
かみしめるように言った。
「電気なんか、なくていい。
家族さえいてくれたら ・・・」

by R.B

関連情報