BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年3月29日 2011.03.29

【3月28(月)】
 今回のような大惨事が起こると、
必ず、悲観的な予測をする人がいる。
すると、
したり顔の識者から、
「不安をあおる危険人物」
と指弾される。

今回の東日本大震災もしかり。
政府や御用学者の答弁を聞いていると、
「事態は予断を許しませんが、
”直ちに”健康には影響しません。
”念のため” ・・・ してください。
冷静に、
風評には惑わされないように」

確か、風評とは、
「虚偽の報道」のはずだが ・・・

東京電力の発表が、
訂正続きで、ひんしゅくを買っている。
たとえば、
福島第1原発2号機の水たまりの放射性物質が、
通常の1000万倍と発表したが、
3月27日夜には訂正し、
さらに、
3月28日に再訂正し、
現在は10万倍。

これでは、
信じろという方がムリ。
もっと厳しく言えば、
信用に値しないという点で「風評」とかわらない。

また、
「不安をあおる連中は秩序を乱す反社会分子」
という常識も、今回は考え直したほうがいい。
「政府やマスコミを信じて、まったり」
より、
「最悪に備え、機敏に」
のほうが、生きのびる確率は高いからだ。
とくに、年寄りや子供をかかえる家族は。

たとえば、
政府が20~30km圏内を「屋内退避」と決めたとき、
「不安をあおる連中?」の意見に従い、
80km圏外に避難していれば、
「自主的避難」に切り替わった今、
辛い思いをすることもなかっただろう。

以前、在職した会社の同僚から、
こんな話を聞いた。
この会社は、
大震災で壊れた自社製品を修理するため、
福島県に保守要員を送り込んだ。
すると、納入先の担当者にこう言われたという。
「あんたら、放射能浴びに来たんか。
相手しているヒマはないから、
もう来なくていい」

この事があって、
放射能に対する会社の認識が変わった。
東京に転勤したほとんどの社員が、
妻子を金沢に帰郷させたという。

これを、
「風評におびえる愚者」
ととらえるか、
「最悪を想定し、備える賢者」
ととらえるか?
という話。

だがもし、東京電力が
最悪を想定していれば、
今回の大惨事は防げただろう。

【3月29日(火)】
 参院予算委員会で、
田元久・副経済産業相が、
「福島第1原発の行く末は、神のみぞ知る」
と発言し、ひんしゅくを買った。
失言には違いないが、
真実だろう。
事態はそれほど深刻化している。

福島第1原発の土壌から、
プルトニウムが検出された。
微量とはいえ、
こんな猛毒の放射性元素まで検出されるとは ・・・

さらに、
1~3号機のたまり水から、
高濃度の放射性物質が検出され、
復旧作業が停滞している。
ところが、
排水のメドは立っていない。

それでも、
現場の作業員たちは、
決死の作業をつづけている。
福島原発の職員から得た情報によると、
現場は戦場。
決して比喩ではないだろう。

本人や家族にしてみれば、
なぜ、自分たちだけがこんな犠牲を強いられるのか ・・・
こうしている間にも、
ゲートボールやゴルフに興じたり、
宴会で酔っぱらっている人もいるだろうに。
憤りを覚えて当然だ。
彼ら、彼女らに責任はないのだから。

未曾有の国難にあって、
作業可能な人が、
命を賭けるのはやむえない。
だが、彼らだけに犠牲を強いるのは理不尽だ。

民主党の海江田氏は、
東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に、
「速やかにやらなければ処分する」
と圧力をかけたという。
これから死地におもむく部下に、
そんな言葉しかかけられないのか?
最低のリーダー ・・・
そこまで言うなら、おまえが行け。

また以前、
民主党の仙谷氏が、
自衛隊を「暴力装置」と言った。
彼の造語というわけではないが、
有事に命をける自衛隊員のプライドを、
どれだけ傷つけたことだろう。
こんな連中が国の指導者?
この国はどうかしてる。

その自衛隊員と消防隊員だが、
今は、命を賭けて危機に立ち向かっている。

ところで、海江田さん、仙谷さん、
国を束ねるリーダーとして、
君たちは今何をしているのか?

今の日本は、
「犯人捜しはやめて、前に進もう」
というような状況にない。
なぜ、こんな取り返しのつかないことをしたのか?
すぐに、責任を追及すべきだ。
なぜか?
こういう連中は放っておくと、
また同じ災いをもたらすから。

格納容器をもっと大きく、丈夫に作っていたら、
原発をもっと高台に作っていたら、
こんな大惨事にはならなかっただろう。
ではなぜ、
こんな簡単なことをやらなかったのか?
人の命より、金儲けを優先させたから。
だから、
東京電力の経営陣は、
断罪されてしかるべきだ。
もちろん、政府にも監督責任はある。

だが、なにより、
今、現場にいる作業員とその家族に、
可能な限り報いるべきだ。
彼ら、彼女らは命をかけて、
国難に立ち向かっているのだから。

しかし ・・・

政府は、
「行く末は神のみぞ知る」、
東京電力と原子力安全・保安院は、
「原発の制御を回復するのはムリ」
と思い始めている(たぶん)。

昔、工場設備の開発に携わった経験から推測すると、
原発の制御を回復するには、
奇跡が起こったとして1ヶ月、
最低、半年~1年はかかるだろう。

中央制御室の設備は、
デジタル装置とアナログ装置からなる。
デジタル装置の基本パーツ「IC」は、
モノリシック構造(一枚岩)なので損傷は少ない。
ただし、
ICと回路基板をつなぐハンダが破損、
または接触不良をおこしているかもしれない。
さらに、
ICが実装された回路基板同士をつなぐコネクター、ケーブル類は、
間違いなく損傷している。

また、
システム全体を一気に電源ONというわけにはいかない。
何が起こるかわからないからだ。
そこで、
ブロックごとにチェック、修復していくしかない。
気の遠くなるような作業だ。

中央制御室の写真を見ると、
計器類はアナログのようだ。
アナログ機器は機械的振動に弱い。
怪しいものはパーツ交換する方が無難だ。
計器が信用できないと、
何もできないから。

このように厄介な作業なのに、
高濃度の放射線にさらされ、
満足な作業ができなくなっている。
このまま排水ができないと、
いずれ、作業員を撤収せざるをえない。

そうなれば、
冷却は外部からの注水に限られ、
十分な冷却ができず、
いつかは、深刻なメルトダウンを引き起こすだろう。
燃料棒の原子崩壊による発熱は、
3ヶ月~数年もつづくからだ。

メルトダウンのシナリオは2つ考えられる。

第1に、
燃料棒が溶け落ちて、格納容器の底を溶かす。
結果、容器内にある大量の放射性物質が外に出る。

第2に、
燃料棒が溶け落ちて、冷却水が蒸発、
格納容器内の圧力が急上昇し、
容器が爆発する。
そうなれば最悪だ。
大量の放射性物質が空に吹き上げられ、
現在の1000倍の放射線が放出される(ロバート・ゲール博士)。
まさに、チュルノブイリだ。

結果、
放射性物質は1000km彼方まで飛散し、
日本列島すべてが射程に入る。
その時どうなるか、計算してみよう。

3月29日午前の新宿の放射線量は0.1uSv毎時。
放射線がその1000倍なら、
0.1uSv毎時×1000=100uSv毎時。
この状態が1年間続くとすると、
100uSv×24時間×365日=876000uSv=876mSv
この放射線量が人体に与える影響は、
「リンパ球の減少」。

もちろん、識者が言うように、
密閉された屋内にいれば放射線の量は、
1/10程度になる。
ただし、これは大気汚染の話。

水質汚染は、
今度は「乳児制限」ではすまないだろう。
土壌汚染も深刻だ。
大気汚染とは違い、蓄積する一方なので。
放射性物質が降り積もった土やアスファルト ・・・
外を歩くのもためらわれるだろう。
当然、首都機能はマヒする。

もし、そうなれば、
首都圏4240万人の一斉避難がはじまる。
日本の総人口の1/3。
現実には、
全員が避難することはできないだろう。
都市文明の崩壊は始まっているのかもしれない。

あおっているのではない。
最悪の事態を想定しているのだ。
事が起こったとき、
僕は東京にいるかもしれない。
それに、東京には、
部下、親戚や友人がたくさんいる。
だから心配なのだ。

今後、政府は、
政府機能の移転、
首都圏の避難も視野に入れるべきだろう。
「想定外」は二度と許されないだろうから。

by R.B

関連情報