BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■破綻したアニメ制作 2011.03.06

久しぶりに大阪に出張した。
金沢から大阪まで、
特急サンダーバードで3時間弱、
所要時間は「東京-大阪」とほぼ同じ。

ただし、
サンダーバードを利用する場合、
注意が必要だ。
「指定席」より「自由席」がおすすめ!
なぜか?

この沿線には、
加賀温泉と粟原温泉があり、
必ず温泉旅行客が乗っている。
そのほとんどが、
有閑おばさんグループ、
(おじさんグループは皆無)、
年金生活者ツアー、
老人会、
つまり、
一丁上がりのお気軽身分(失礼)。

乗車するやいなや、
座席を回転させ、
4人セットで、
酒を飲んだり、
大声でしゃべったり、
もう宴会が始まっている。
うるさいのなんのって。
「携帯電話が他のお客様のご迷惑になるので ・・・」
なら、
あのバカ騒ぎもなんとかして欲しい。
こっちも、電車賃払ってるんだから。
ということで、
JRに強く要望する。
団体旅行客とビジネス客を別車両にしてくれ。

だけど、こんなことを言うと、
「差別発言」とかになるんだろうなぁ。
だから、僕は現実的に対処している。
「指定席」でなく「自由席」に乗ること。
温泉旅行客は必ず「指定席」に乗るので。

大阪駅に着いて、
構内をみわたすと、
何か様子がおかしい。
駅がデカくなったような ・・・

駅の外に出ると、
周辺も一変している。
見知った場所なのに、
ここはどこ、私はだれ?
という感じ。
どうやら、大阪駅周辺は大改装中らしい。

ところで、
今回出張したのは、
知り合いの会社から相談をうけたから。
進行中のアニメ版権の映像開発が破綻したらしい(最近よくある話)。
ディレクターによると、
ある会社にアニメ制作を発注したところ、
1.品質は専門学校の生徒なみ。
2.制作スピードが異様に遅い(1週間でショボイ人物1体)
3.リテイク(直し)のレスポンスが遅い、または、応じない。
4.ガミガミ言い出したら、音信不通になった(おいおい)。

というわけで、
この外注を切ったらしい(そりゃそうだろう)。
当然、新たな外注先が必要になり、
こっちにお鉢が回ってきたというわけ。
さっそく、
社内のディレクターに声をかけたが、
目が血走っている。
進行中の案件が炎上中なのだという。
ムリに仕事を押し込めば、
「死んでくれ」
というようなものだ。

そこで、
知り合いのアニメ制作会社に頼むことにした。
版権と仕様を確認し、
候補を3社にしぼりこんだ。
今回の出張は、
その結果を報告するため。

それにしても、
最近、この手の話が多い。
日本のアニメ制作会社は、
社内にディレクターだけおいて、
案件ごとにアニメーター(作業員)を集めることが多い。
つまり、
「発注元 → 元請け → 下請け → 孫請け ・・・」
ゼネコン&土建業界そのまま。

このスキームで問題が発生すると、
発注元は元請けに文句を言う。
以下同様に、
元請けは下請けに、
下請けは孫請けに、
それぞれ文句を言う。
正しく伝わるわけがない。
もちろん、
レスポンスも最悪。

しかも、最近は、
「孫請け=中国」が増えている。
理由は?
もちろん安いから。
ただし、品質に問題アリ。
たとえば、
1.品質そのものが悪い。
2.品質は悪くないが、日本のテイストではない。

そこで、リテイク(直し)の嵐となるわけだが、
意図がうまく伝わらない。
たとえば、
「車はベンツのように」
と指示すると、
まんまベンツを描いてくる。
しかも、ご丁寧にベンツのマーク入りだ。
「これベンツやろ。頼んだのはベンツの”ような”車!」
と、押し問答が始まる。
でも、言うだけムダ、
元々、文化が違うんだから。

そんなドタバタを見て、
新しいビジネスを思いついた人がいる。
日本企業と中国企業の間をとりもつ会社だ。
つまり、
「日本企業 → とりもち会社 → 中国企業」
もちろん、ただの仲介なら昔からある。
ポイントは、
「とりもち会社」が制作のディレクション(制作指揮)まで行うこと。
当然、このディレクターに要求されるのは、
1.日本語ペラペラ
2.中国語ペラペラ
3.コミュニケーション能力抜群
4.アニメーターをアゴで使える

これで問題解決?
とんでもない。
言葉の問題が解決しても、
「ベンツの問題」はクリアされていない。

問題はまだある。
この「とりもち会社」のディレクターのお値段だが、
日本価格。
もちろん、
中国人の人件費分は安くなるが、
品質の問題で時間をロスするので、
こっちの費用がアップする。
グロスでみると価格は日本と変わらない、
が個人的な感想。

とはいえ、
日本のアニメ・CG業界が安泰というわけではない。
この業界は小さな会社が乱立し、
安い価格で受注し、
切った張ったの商売を続けている。
淘汰と寡占は時間の問題だ。
(すでに兆候はある)

打ち合わせが終わると、
この会社からタクシーチケットをもらった。
ご協力に感謝、というところ。
タクシーで大阪駅に向かう途中、
大阪駅の大工事を思い出し、
運転手さんに話をふった。
僕:   「大阪は景気がいいみたいですね」
運転手:「最悪ですわ」
「北新地の店なんか、1/3が店じまいですわ。
町がなくなると心配する人もいてはります」

大阪の北新地と言えば、東京の「銀座」。
日本を代表する繁華街だ。
その1/3が消失?
大阪、大丈夫かなぁ?
ところが、
タクシーの数は逆に増えているという。
当然、一人あたりの取り分は減る。
ちなみに、
この運転手さん、
日当が2000円だという(時給にあらず)。
そのうち、
タクシーの運転手は年金生活者しかできなくなる、
とぼやいていた。

それもこれも、
東京一極集中のせいだ。
広告代理店の友人によると、
ヨーロッパのデザイン会社は、
ミュンヘンやハンブルグのような大都市には存在しない。
大部分が田舎町の森の中の一軒家。
日本だけが、
都心の高層ビルに入っていないと信用されない ・・・

おかしな話だ。
デザインの出来が家賃に比例するとは思えない。
それに、
「国のリスク」という点で大きな問題がある。
政治も経済も人も東京に集中し、
そこへ大地震が起きたら ・・・
都市文明の怖さはここにある。

先日、不吉な一文を目にした。
30年以内に、東京に直下型地震が起きる確率は70%。
それ以来、
東京の地下鉄に乗るたびに、
自分にこう言いきかせている。
お前はもう70%死んでいる ・・・

by R.B

関連情報