BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■野尻湖 2009.09.20

ホテルタングラムを出て、
野尻湖にむかった。
野尻湖周遊の遊覧船に乗るためである。
10年前にも乗船したことがあり、
それを懐かしんでいると、
下のおちびが乗りたいとせがんだからだ。

シルバーウィークにもかかわらず、
人はまばら。
奮発して、1等席のチケットを買い、
見晴らしのいい2階席へ。
みんながご機嫌なのを確認して、
トイレに行く。

ところが、トイレから帰ると、
問題発生 ・・・
「おちび Vs カミさん・上の息子2人」
が険悪な空気。
おちびが、
遊覧船をやめて、
アヒル(足こぎボート)に乗りたいのだという。
怒り心頭のカミさんが、
「じゃあ、あなただけ降りなさいっ!」
あの、船はもう出てるんですけど ・・・

カミさんをたしなめて、
おちびをなだめすかして、
遊覧船が終わったら、
アヒルボートに乗ると約束した。
それでも、
カミさんは、子供に甘いとブツブツ、
おちびは、先にアヒルに乗りたかったと不満タラタラ。
家族旅行は、
こんなトラブルが絶えない。

僕にとって、
「旅行=家族の思い出作り」
なので、
ビデオ撮影係に徹し、
みんなが機嫌良く過ごせるよう、
心をくだいている。

ところで、
遊覧船で驚いたのが、
観光案内のナレーション。
内容も声も、あのダサイBGMも、
すべて、10年前と同じ。
しかも、
音質はゼンゼン劣化していない。
一体、どうなっている?
タイムスリップしたような錯覚を覚えた。

野尻湖は、
風景も遊覧船も、
10年間、時間が停止している。
なんとも、不思議なカンカクだ。

途中、
遊覧船は弁天島に着岸した。
宇賀神社があるので、
お参りしたい方は降りてくださいという。
見るからにショボそうな神社なので、
やめようかと思ったが、
30分後に、別の遊覧船が迎えに来るという。
まあ、いいヒマつぶしだと思い、
上陸することにした。

宇賀神社は予想通り、
ショボイ。
ただし、
階段を上り、神社にいたる道は、
高木に囲まれ、
独特の雰囲気がある。
天狗が木々をとびかっても、
違和感はない。

野尻湖周遊が終わったので、
約束どおり、
アヒルボートに。
5人乗りのボートなので、
家族全員が狭い空間に閉じこめられた。
イヤな予感 ・・・

ボートをこぎ出すとすぐに、
おちびが降りたいと言い出した。
ユラユラ揺れて、恐いのだ。
はぁ~、またも問題発生 ・・・

怒り心頭のカミさんが、
「乗りたいっていったのは、どこの誰!
あなただけ降りなさいっ!」
あの、ボートはもう出てるんですけど ・・・
と、先のシチュエーションが脳裏をよぎったが、
今回はそうはならなかった。

「カミさん・上の息子2人」も、
早く降りたいという。
強風が吹くたびに、ふらふら、
すぐにも転覆しそう ・・・ マジで恐い。
初めて、全員の意見が一致した。
30分そこそこで切り上げて、
野尻湖を後にした。

by R.B

関連情報