BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■2010年10大ニュース(週スモ版) 2010.12.30

2010年12月31日。
外は久しぶりの銀世界。
やっぱり、大晦日は雪がないと ・・・
ということで、
週刊スモールトーク版「2010年10大ニュース」。

【第1位】 あぁ、民主党・管政権
民主党の管首相は、
非難ごうごう、まるでさらし者だが、
良いところもある。

1.仮免許を認めたこと
この1年、
内政も外交もムチャクチャだったが、
この一言で、理由がのみこめた。
ありがとう、管さん。

2.事業仕分け
ただのパーフォーマンスだとか、
効果はないとか、
いろいろ言われたけど、
詐欺まがいの事業があることがわかった。
(税金をくすねたという意味で)
これは自民党政権ではムリ。
だから、
ありがとう、管さん。

でも、管さん ・・・

それ以外は、ちょっとまずい。

普天間基地の問題は、
寝た子を起こしたようなもの。
本来、軍事基地というのは、
軍事のためにある(あたりまえ)。
だから、
地理的条件が最優先のはず(あたりまえ)。
でなければ、
軍事基地の意味はない(あたりまえ)。
だから、
首相たる者、
国民の非難覚悟で、
国益を優先するべきだった。
もっとも、それを期待するのは、
管さんには酷だろうけど。

子供手当は支給するけど、
その分、別の所で増税する ・・・
ゼンゼン意味分からないんですけど。
財政問題、なんでそんなに難しく考える?
消費税15%しかないのに。
ヘタな考え休むに似たり ・・・

ということで、
もし、管さんに就活の「適性検査」をすれば、おそらく、
1.バイタリティ=低
2.問題解決力=低
3.ストレス耐性=低

いまどき、
こんなスペックの学生を採用する企業はないだろう。
少なくとも、ウチは採らない(30人のミニベンチャーだけど)。
やっぱり、政治家にも、
足切り「適性検査」は必要だろうなぁ。

【第2位】 観測史上最も暑い夏
今年の夏は異常だった。
熱帯・亜熱帯特有のスコールが、
金沢でもじゃんじゃん降ったからだ。
これまでの集中豪雨とは何かが違う。

気象庁の発表によれば、
今年の夏は、
観測史上、最も暑い夏だったという(113年ぶり)。
7~9月に熱中症で救急搬送された人は去年の4倍。
搬送はされなかったが、
僕もその一人。

日本が亜熱帯化しているのは間違いない。
自動車を吹き飛ばす突風、
異常な集中豪雨、
頻発する土砂崩れ、
つぎに来るのは、
新種の疫病だろう。
気象変動ほど恐ろしいものはない。

【第3位】 尖閣諸島ビデオ流出事件
 2010年9月7日、尖閣諸島沖で、
中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりし、
中国人船長が逮捕された。
ところが、その後、
処分保留のまま釈放された。

管さんはこれで解決したと思ったらしいが、
その後、
損害賠償を請求されるは、
河北省で日本人社員が拘束されるは、
レアアースの輸出は止められるは、
中国になめられるだけ、なめられた。
これで、
「売国奴政権」、「腰抜け政権」の迷声をえることとなった。

あげく、
非公開のはずの衝突ビデオ映像が、
ユーチューブで公開されてしまった。
現役の海上保安官が流出させたのである。

この海上保安官は、
ルールをやぶったのだから、
責任を問われてしかるべきだ。

しかし、
彼は利益を得るどころが、
人生を棒に振る覚悟で、
「国民に真実を知って欲しい」思いで、
断行したのである。
今どき珍しい”熱い”人物だ。
世が世なら、
評価は違ったものになっていただろう。

一方、
管さんの罪は辞職してすむ次元を超えている。

最近の報道によれば ・・・

当初、検察は、
中国人船長を起訴するつもりだった。
ところが、管さんは、
中国の強硬姿勢にすっかりおびえてしまい、
「中国と戦争する気か!すぐに船長を帰せ!」
と、周囲に怒声をあびせたという。
あまりの取り乱しように、
官邸スタッフもボーゼン。

しかも、
中国怖さに、
衝突ビデオを非公開にし、
結果、
責任感の強い海上保安官の人生をメチャクチャにした。

つまり、今回の事件の責任は、
1.バイタリティ=低
2.問題解決力=低
3.ストレス耐性=低

という最低スペックの小市民・管さんに帰着する。
これが日本の首相?
冗談でしょう、管さん。

もちろん、管さんは否定するだろう。
今回の決定は国益を優先しただけなのだと。
だが、それはウソ。
現実に、ビデオ映像は世界中に流れたが、
中国はまだ日本を攻めていない。

【第4位】 就職氷河期がつづく
就職内定率が、
調査開始以来、最悪だという。

一番の理由は、
供給力(生産力)が過剰で、
企業が積極的に採用できないことにある。
だから、
定員に満たなくても、
「数合わせ」はやらない。

さらに、
今のおゆとり様世代はあてならないと、
日本国内で、
韓国人を採用する会社もでてきた。

しかし ・・・

どこに、
自国の若者を後回しにする国があるだろうか?
明日の日本を背負うのは若者世代なのに。
若者に仕事を与え、
若者の負担を減らし(社会保険料など)、
その分、
年金生活者を含め、
国民全員が我慢する。
でないと、
日本は間違いなく衰退する。
若者が夢を持てない国が成長するわけがないから。

【第5位】 電気自動車「日産リーフ」発売
ついに、電気自動車(EV)が発売された。
日産のリーフだ。
プリウスのようなハイブリッドではなく、
バッテリーとモーターで動く、
正真正銘の電気自動車(EV)だ。

世界初の実用レベルの電気自動車(EV)は、
テスラ モーターズに譲ったが、
日産の挑戦はアグレッシブで、気持ちがいい。

とはいえ、
電気自動車(EV)はガソリン車にくらべ、
走行距離で劣るし、
充電インフラも未整備で、
しかも、割高。

それでも、
次に乗り換えるときは、
僕は電気自動車(EV)を買う!
なぜなら、
原油(ガソリン)が大嫌いだからだ。

じつは、
日本のガソリン需要は30%も減っているのに、
原油(ガソリン)価格は上昇している(2010年12月末)。
無節操な投資マネーが、
原油市場になだれ込み、
価格を押し上げているからだ。
売れてないのに値段だけ上がる?
これほど消費者をバカにした話はない。
商売のルールでは、
お客様は神様だったのでは?

【第6位】中国政府 Vs グーグル
米国グーグルは、
自主検閲を巡って、中国政府と対立、
2010年3月、中国本土から撤退した。

一見すると、
知る権利を守ろうとするグーグルと、
秘密を隠そうとする中国政府の
勧善懲悪の世界にみえる。
だが、それは真実ではない。

インターネットは確かに便利だが、
国境を無効にする力がある。
結果、
拝金主義のグローバルスタンダードが、
国の法律と文化を破壊しつつある。
行き着くところは「モノカルチャー」。
これは自然の「多様性」に反している。

【第7位】 北朝鮮が延坪島を砲撃
2010年11月23日、
北朝鮮軍は、韓国の延坪島(ヨンピョンド)を砲撃、
民家を破壊し、死者4名をだした。
大きな事件だったが、
想定外というわけではない。
近辺海域では、
韓国軍が軍事演習中で、
過去に何度も銃撃戦が起こっているからだ。

しかし、
この事件の本質は別のところにある。
韓国は、北朝鮮から不意に砲撃されたのに、
世界が冷淡だったことだ(国連でさえ)。
つまり、
誰も助けてくれなかったのだ。
日本はこのことを忘れてはならない。

もし、
第3国が日本にミサイルを撃ち込んだとしても、
国際社会は何もしてくれないだろう。
頼みのアメリカでさえ(リップサービスはするだろうが)。
だから、韓国は今、
防衛強化に必死になっている。
自分の国は自分で守るしかないのだ。

【第8位】 電子書籍 元年
2010年は電子書籍元年となった。
いよいよ、本は紙から電子の時代へ?
アップルのiPad、アマゾンのキンドル、シャープのガラパゴス、
などなど電子書籍端末のオンパレードだ。

しかし ・・・

電子書籍は失敗する。
わざわざカネ払って、
ダウンロードして、
専用端末で読む?
しかも、
電子書籍は閉じられた世界だ。

一方、
インターネットのウェブサイトは、
フリー(タダ)だし、
ダウンロードの必要もないし、
端末は何でもいい。
しかも、
世界中のウェブサイトとリンクしている。
つまり、オープンな世界。

結局、電子書籍は消滅し、
あらゆるコンテンツは、
ウェブサイトにのみ込まれていく。
では、作家や出版社はどうやって食べていく?
文字を並べて金儲けなど、
あきらめた方がいい。

遠い未来、
材料の確保、加工、販売、修理のすべてを、
機械(ロボット)がやるようになる。
さらに、
機械(ロボット)が自らを生産、メンテする力を得たとき、
モノの生産コストはゼロになる。
つまり、すべてフリー(タダ)。
当然、マネーは価値を失い、
資本主義も崩壊する。
今、インターネットで起こっている「コンテンツはタダ」は、
その序章にすぎないのだ。

【第9位】 日本航空が破綻
日本航空が事実上破綻した。
再建を託された京セラの創業者・稲盛氏は、
内情を見て、
「これじゃ、八百屋(やおや)も経営できん」
とぼやいたとか。

それにもかかわらず、
社員は不満だらけだ。
リストラされた社員の恨み節が報道され、
ストライキの話まで持ち上がった。
いわく、
「我々に経営責任はない」

だから?

リストラをするな、給与を下げるな、年金を減らすな、と?

では、国民の税金を使うしかない。

であるなら、
こっちも言いたい。
「我々国民に日航の破綻責任はない」

毎日のように、
日本中で会社が倒産している。
企業年金の減額どころか、
退職金がもらえないケースもある。
だけど、彼らは、
税金を使って俺たちを保証しろ、
とは言わない。

【第10位】 羽のない扇風機
最後に楽しい話。
イギリスのダイソン社から、
「羽根のない扇風機」が発売された。
文字通り、
扇風機なのに羽根がない!

一体、どんな仕組みになっているのだろう?
解説を読むと、まさにコロンブスの卵。
ん~、してやられた!

だけど、
思ったより、風は弱いし、
騒音もデカイし、
値段も高い。
とはいえ、
発明としては間違いなく、
拍手喝采もの!

扇風機は数十年前から、
なにも変わっていない。
羽根を回して風をおこす、
それだけ。
100円ショップに並ぶほどで、
日用雑貨に近い。

ところが、
そんなローテク世界で、革命が起こったのだ。

何が言いたいのか?

人を感動させる素晴らしい発明は、
ありふれたジャンルでも生まれるということ。
アイデア勝負だし、
お金もかからないし、
特許をおさえれば、大手にも負けない。
これこそベンチャーが狙うべき世界ではないか?

ということで、
来年も、素晴らしい発明が生まれますように、
そして、
地球が夢のある世界になりますように ・・・

by R.B

関連情報