BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■英語が必要なこれだけの理由 2010.12.26

日本では、
「英語が苦手でねぇ」
が、好意的に受けとめられる風潮がある。
特に、高齢者や中年層。
この親にしてこの子あり、
若者が英語を軽んじるのはあたりまえ。

「英語が苦手」は、
高速道路を片目をつぶって運転するようなもの。
これは脅しではない。

インターネットは、
情報のハイウェイ(高速道路網)だ。
情報が伝わる速度も量も、
紙メディアとは桁違い。
くわえて、
世界のウェブページの半数が英語、
とくれば、
情報ハイウェイを疾走するには、
英語は欠かせない。

具体例をあげよう。

今話題のウィキリークス(WikiLeaks)は、
国や企業の機密情報をすっぱ抜くウェブサイトだ。
すでに、
120万を超える機密文書をデータベース化しているという。
その中にはきっと、
ドキドキする機密情報もあるに違いない。
個人的には、
ロズウェル事件」あたりが公開されれば、
狂喜乱舞、たぶん、徹夜で読む。
ところが、問題が一つ、
すべて、英語なのだ。

10年ほど前、
絶頂期だったマイクロソフトが、
DVD版「エンカルタ総合大百科」をリリースした。
キーワード検索もできるし、
ムービー再生も可能、
紙の百科事典よりずっと使い勝手が良かった。
マイクロソフトも自信満々で、
雑誌広告にくわえ、
インターネットのスポンサー広告も出していた。
ところが、
数年前に販売中止。
ウィキペディアに取ってかわられたのである。

ウィキペディアは、
ウェブベースの百科事典だ。
紙の百科事典と比べても、正確さでひけをとらないし、
DVD百科事典と比べても、更新スピードで圧倒する。
しかもタダ ・・・
これに優る百科事典はない。

そのウィキペディア(Wikipedia)だが、
本家本元は英語。
だから?
日本版もあるから、そっちを読めば?
わざわざ、英語で読む必要がある?
いや、
それがあるのだ。

たとえば、
電気工学のカリスマ「ニコラ テスラ」。
エジソンの大人げない妨害工作にあい、
実績に見合った名声を得られなかった技術者である。
一方、知る人ぞ知るで、
電気自動車(EV)トップのテスラ モーターズの社名は、
彼の名に由来する。

さて、この不遇のテスラを、
ウィキペディアで調べてみよう。
検索キーワードは、
日本語版:ニコラ テスラ
英語版 :Nikola Tesla
その結果は ・・・

情報量で、英語版は日本語版の4倍もある。
であれば、
日本語版にどんな意味が?
問題はもう一つある。
”量”ではなく”質”。

今から30年ほど前、
球体を回転させて浮上する「球体飛行船」が開発された。
球を回して、空を飛ぶ?
摩訶不思議な話だが、
流体力学の「マグヌス効果」で簡単に説明できる。
そこで、
「マグヌス効果」を、
ウィキペディアの英語版と日本語版で比較してみよう。

キーワードは、
日本語版:マグヌス効果
英語版  :Magnus Effect
その結果は ・・・
情報量は英語版の方が若干多い程度。
ところが、
内容に大きな違いがある。

マグヌス効果とは、
野球のボールに回転を与えると、
球筋が曲がる現象(カーブやシュート)。

たとえば、
球が時計回りに回転しながら、
左方向に水平移動するとしよう。
そのとき、球体には、
上方向の力(浮力)が発生する。
前述の球体飛行船は、
この原理で浮くわけだ。

じつは、
日本版ウィキペディアの説明はここまで(2010年12月時点)。
ところが、
英語版には、
浮力を表す次の式が載っている。

F = S・W × ・・・ ①
F
 :浮力(ベクトル)
S :回転体の表面の空気抵抗に関係する係数(スカラー)
W :回転体が回転する角速度(1秒間に回転する角度:ベクトル)
V :回転体が水平移動する速度(1秒間に移動する距離:ベクトル)
×:外積(ベクトルの演算の一つで、高校で習う)
ベクトル:大きさと方向を表す。
スカラー:大きさだけを表す。

ところで、この式に一体何の意味が?
じつは、
「マグヌス効果」の説明は①式で必要十分なのである。
本来、
力には、「大きさ」と「向き」があり、
それを一撃で表すには①式しかない。
逆に、①式がないと、
不十分な情報と言わざるをえない。

これは一例にすぎないが、
英語版と日本語版では情報の質も量も違う。
(原典が日本語なら別だが)
そもそも、
日本語版が英語版の直訳とは限らない。
というわけで、
グローバルな情報を得るなら、
英語版で読んだほうがいい。
(ウィキペディアに限らず)

小さなITベンチャーを経営する社長が、
こうぼやいていた。
「今流行の『クラウド』をやるなら、英語は必須ですよ。
だって、先端情報は英語しかないんだから。
翻訳を待ってたら、商売にならないし、
でも、今さら英語と言われてもなぁ ・・・」

「最新情報=英語」は、
なにも、ITに限った話ではない。
ビジネスもしかり。
熾烈を極めるビジネス現場で、
古い情報を眺めていてもしかたがない。
勝負を決めるのは、
新しい情報をいかに速くゲットするか!
というわけで、
英語をマスターするしかない。

日本ほど、
海外文献が母国語に翻訳される国はない(たぶん)。
だから、たいていのものは、
日本語で読めてしまう。
だから、
日本人は英語が苦手なのだ。

僕は昔、
英語に何度もチャレンジしたが、
結局、ものにならなかった。
英会話スクールに2年も通ったのに、
身についたのは、
「外人に気おくれしない」だけ。
英語を日本語なみに読めるよう、
ウィキペディアの英語版に挑戦したが、
すぐに挫折した。

では、英語はどうやって学べば良いのだろう?

月並みだが、
中学校や高校の勉強が大切だと思う。
もちろん、
学校の授業だけではダメ。
「精読」と「速読」の両方が必要かもしれない。
たとえば、
学校の教科書は、精読モードで、
英語の原書は、速読モードで。

高校時代、原書で勧められたのは、
イギリスの作家サマセット・モームだった。
「月と六ペンス」が有名だが、
彼の作品は全般的に平易で面白い、
と言われている。
(僕にとっては十分難しかった)
ポイントは、
問題集みたいに断片を精読するのではなく、
原書一冊読むこと。

一方、ヒアリングは、
映画やドラマを英語で視聴するのが良いといわれる。
一見、妙案に思えるが、
これが意外に続かない。
同じものを何度も観る気にならないからだ。
なので、どうせやるなら
ストーリーより世界観で選んだ方がいいだろう。
僕は「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」』の世界観が好きなので、
字幕を英語にして視聴している。
(5回目で、少し聞き取れるようなったような、ならないような ・・・)

ということで、
英語上達の近道は、
英語をシャワーのように浴びること。
ただ、
ラジオやテレビの英会話は、
量が少ないので、「シャワー」にはならない。

英語は習得するのに長い年月がかかる。
だから、毎日継続するしかない。
若者は、
「英語が苦手」を公言するおバカな親など相手にせず、
英語を真剣に学ぶべきだ。
誰のためでもなく、
自分の実りある人生のために。

by R.B

関連情報