BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■尖閣諸島の中国漁船衝突事件  2010.09.26

2010年9月7日、
尖閣諸島沖で、
日本の巡視船と中国漁船が衝突、
中国人船長が逮捕された。

中国政府はただちに反応した。
丹羽・中国大使を呼びつけ、
猛烈に抗議、
東シナ海のガス田開発を再開、
閣僚以上の交流を停止、
交流行事を次々と中止、
レアアースの日本への輸出停止、
そして、
日本企業フジタの社員4名を拘束した。

そして、9月25日、
那覇地検は、
「日中関係を考慮する」という理由で、
中国人船長を釈放した。
政府に非難が浴びせられると、
菅首相は、
「あれは、沖縄地検の判断、政府は関係ない」
と言い切った。

え?

ローカルな地検が、
「日中関係を考慮」
なんて政治判断をする?
どこのバカがこんなウソを信じる。
すぐにバレるのに、
平気をこんなウソをつく。
しかも、
無責任極まりない責任転嫁。
恥を知るべきだ。

中国側は、
船長の釈放を確認すると、
今度は、日本側に謝罪と補償を求めてきた。
菅首相は、
この妥協で、問題が解決すると思ったのだろうが、
なんという愚かさ。

中国側にしてみれば、
船長を拘束されていることが、
唯一の弱みだったのに、
それをこちらから解消してあげたわけだ。
弱みがなくなった中国は、
今後はやりたい放題、とは考えなかったのか?
これが、自慢の”政治主導”なら、
”官僚主導”にもどしたほうがいい。

少し前、
民主党の代表選で、
小沢氏と菅氏が争った。
両人とも、権力志向が強いが、
これは政治家として当然のことである。
しかし、
この2人には決定的な違いがある。
小沢氏は、意外に潔いところがあるが、
菅氏は権力に執着するタイプだ。
これは、日本にとって憂慮すべき事態である。

今回の愚挙によって、
中国は味を占めて、
さらに日本領深くに侵出し、
石垣島の支配権まで要求するかもしれない。
中国は、東南アジア海域でも
同じ事をやっているからだ。
かつて、
「日本はアメリカの属国」
と言った有力代議士がいたが、
これでは、
「日本は中国の属国」でもある。
では、
アメリカと中国の利害が対立したら、
日本はどっちのご主人様の
顔色をうかがうのだ?

・・・

これが、
GNP世界第2位、
世界最高水準の技術を有し、
世界有数の軍事力をもつ国家?
御大そうに抱えこんだマネーも、テクノロジーも、軍事力も、
なぁ~んの役にも立たない。
これ、本当に主権国家?

もちろん、
すべての責任は、
菅首相にある。
外交の最終決定権は、
首相にあるからだ。

今回はっきりしたことは、
この人は体験からしか学ばないことだ。
政治、経済、軍事、なんであれ、
指導者は「歴史」から学ぶものだ。
「体験」から学んでいては国が滅ぶ。
菅さんも、
歴史を勉強しておけば良かったのに。
東工大の受験科目に社会はなかった ・・・ なるほど
でも、次の話は、
「社会」というよりは「常識」ですよ ・・・

1938年3月、
ドイツは威嚇だけで、オーストリアを併合した。
さらに、ヒトラーは、
チェコスロバキのズデーテン地方の領有も主張。
チェコにしてみれば、
青天の霹靂(へきれき)で、
何に付いた話かもわからない。

ところが、
イギリス首相のネヴィル・チェンバレンは、
ヒトラーを刺激し、事を荒立てることを怖れた。
忍耐も我慢もなく、
まともな外交もせず、
簡単に、ヒトラーに屈したのである。
どこかの首相そっくりだが、
それが、どれほどの代償を支払うことになったか。

1938年9月29日、
ドイツで、ミュンヘン会談が開催された。
出席者は
ドイツ首相ヒトラー、
イギリス首相チェンバレン、
フランス首相ダラディエ、
イタリア首相ムッソリーニ。
不思議なことに、
当事者のチェコスロバキアが招へいされていない。

そして、その会談で、
ズデーテンをドイツに譲ることが確定したのである(ミュンヘン協定)。
もう領土を要求しないというヒトラーの言葉を真に受けて。
ウソのような話だが本当だ。
ミュンヘン会談を終え、
イギリスに帰国したチェンバレンは、
カメラの前で、誇らしげに、
署名された協定文書をかかげた。

その一年後、
ドイツはポーランドに侵攻した。
さすがのチェンバレンも、
やっと、ヒトラーの野望に気づいた。
ヒトラーの望みは、
「生存権の拡大」、
つまり、「ヨーロッパの征服」にあったのだ。
こうして、
第二次世界大戦が始まったのである。

イギリスのチェンバレンは、
立派なひげを生やした紳士だったが、
外交官でも、首相でも、指導者でもなかった。
戦争を避けたい一心で、
愚かな妥協を受け入れたのである。
未来を見通す力、問題解決能力、胆力、
何一つ備わっていなかった。

そして、
このチェンバレンの外交ミスが、
ドイツに領土と時間を与え、
さらに、
「侵略しても、イギリスは何もできない腰抜け」
とヒトラーに思わせたのである。
その結果起こったのが、
第二次世界大戦だった。

与えられた強大な権限、
後世に与えた影響を考慮すれば、
チェンバレンの妥協は、
万死に値する。
政治家というものは、
それくらいの”責任”と”覚悟”をもってやるべきなのだ。
明治維新の政治家をみれば、
それがヒシヒシと伝わってくる。

第二次世界大戦が始まると、
イギリスでは、チャーチルが首相になった。
早くから、ヒトラーの野心を見抜いていた人物である。
チャーチルの指導のもと、
イギリスはジョンブル魂を発揮、
ドイツ空軍の猛爆撃にも屈しなかった。
そして、最終的に、
勝利を勝ち取ったのである。

イギリス人は賢い。
もし、チェンバレンが首相だったら、
イギリスはドイツに降伏していただろう。
外交は、行き着くところチキンレース。
土壇場で物を言うのは、
教養でも知識でもない、
「胆力」である。

さて、ひるがえって、
日本と中国。
今回の尖閣諸島沖の衝突事件で、
日本人は、中国の方が悪いと思っているだろう。
なんて理不尽なことをする国なのだと。
だが、それは的が外れている。

地球には、
有史以来、覇者の大原則がある。
1.「生存権(領土)の拡大」を目指す。
2.闘う気力のない国、弱い国は、外交で脅す。
3.外交がダメなら、武力制圧(戦争)する。

ミュンヘン会談から第二次世界大戦への道筋、
今回の「尖閣諸島沖の中国漁船衝突」の経緯も、
この大原則に従っている。
そして、重要なのは、
どこの国でも、大体こういう考え方をしている、
ということだ。

そもそも、
明治維新以後、日本は何をやったか?
富国強兵をかかげ、
勝ち目のない大国ロシアに挑み、勝利した。
その後も大東亜共栄圏をめざし、ひた走った。
その結果はどうだったか?
不幸だった?
そうかもしれない。
だけど、
そんなことにはお構いなく、
「生存権の拡大」を狙う国は必ず存在する。

中国もしかり。
日本みたいな気力も胆力もない国はなめてかかろう、
ガンガン行こうぜ、
は歴史の必然なのである。
だからこそ、
人も国家も力を持たなければならない。
日本は、
そういう現実を忘れている。

その象徴が、日本の現政権だ。
何かと言えば「議論、議論」とはしゃぐ、サラリーマン議員、
目をおおいたくなるような素人外交、
市民運動出身がウリで、目がウツロな首相。
あげく、外交戦略は、
アメリカと中国の属国?

これで本当にいいのだろうか?

その昔、
極東の小国ながら、
強大な欧米帝国に挑んだ心意気を思いおこすべきだ。
日本を守ってくれるのは、
日本だけなのだから。

by R.B

関連情報