BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ゴッドオブウォー3・PS3 2010.04.25

12年間使ったテレビが壊れ、
修理不能と宣言された。
ブラウン管は、もうどこにも作っていないのだという。
これ以上ない理由で説得され、
結局、
地デジを買うはめになった。

ついでに、ブルーレイが欲しくなり、
店に行ったが、
10万円!
買うのをやめた。
再生だけなら、
プレイステーション3がベストチョイスと聞いて、
結局、
プレステ3に落ち着いた。

ところが、
ブルーレイ対応の映画が少ない。
仕方がないので、
ゲームソフトを買うことにした。
おカネがないので、
吟味に吟味を重ね、1本だけ購入。
それが、
「ゴッドオブウォー3(God Of War III)」だった。

ゴッドオブウォー3は、
今どき珍しいプレステ3専用ソフト。
それもそのはず、開発元は、
ソニー(SCE)のサンタモニカ・スタジオ。
聞いたことはないが、
サンタモニカにあるのだろう。

数あるゲームタイトルの中から、
ゴッドオブウォー3を選んだのは、
Amazonの評価が高かったから。
ところで、なんでAmazon?
任天堂の開発者が、
やたら、Amazonの評価を気にしていたから。
あんな高ビーな人(失礼)が、
一目置くなら間違いないだろう、
というワケ。

家に帰り、
さっそく、プレステ3の電源を入れる。
ファームウェアをアップデートし、
ゴッドオブウォー3をセットして、
ゲーム開始。

おぉぉ~、オープニングが凄い!
これまで、洒落たオープニングといえば、
映画「007シリーズ」と思い込んでいたが、
それに優るとも劣らない。
オープニングでこれなら、
ゲームはさぞかし ・・・
と、期待に胸を膨らませ、
「新しいゲーム」を選択。

ゲームの難易度は3つ。
1.簡単
2.普通
3.難しい
何ともベタな設定だ。

何の迷いもなく、
「難しい」を選択。
何を隠そう、
僕は、かつてゲーマーだったのだ。

15年前、
セガサターンのバーチャファイターにはまったことがある。
だけど、それ以来、
テレビゲームはやったことがない。
とはいえ、パソコンでは、
3Dアクションゲーム「Doom」、「Quake」を全クリしている。
まだまだ、若いモンには負けん。
意気揚々、ゲームを開始した。

ところが、瞬殺 ・・・
何度やっても、瞬殺 ・・・
気合いを入れても、瞬殺 ・・・
歳のせいかな?

あらためて、
プレステ3のコントローラを凝視すると、
1.十字カーソル
2.左右のスティック
3.○、□、△、×ボタン
4.R1、L1、R2、L2ボタン

なんと、14個もある!
これじゃ、とても覚えきれん。
どうせ、使うのは一部だろうと思っていたが、
ゴッドオブウォー3では、
すべて使う(後で判明)。

ゲームは激ムズだが、
グラフィックはリアルだし、センスもいい。
しかも、
画面全体がアニメーションするので、
臨場感は超弩級だ。
そして、
コアなゲームで重要なのが世界観。
意識を乗っ取るほどではないが、
深い没入感がある。

ということで、
「最後まで見る」に集中することにした。
プライドを捨て、
難易度を「簡単」に落とし、
再度、挑戦。
ところが、
おっさんゲーマーには、
それでも骨身にこたえた。

アドレナリン大量放出で、
セッセと指の運動。
なんでこんなことをやってるんだ?
と、まともな疑問もわくのだが、
1秒ももたず、
そんな疑問は霧散する。

ところで ・・・

ゴッドオブウォー3のモチーフはギリシャ神話。
そして、
主人公の名は「クレイトス」。
クレイトスと言えば、
アレクサンドロス大王の家臣だったはずだが ・・・
ギリシャ神話と関係があるのか?

実在のクレイトスは、
アレクサンドロス大王の竹馬の友だった。
ところが、
歴史に名高い東方大遠征のさなか、
アレクサンドロス大王によって殺害される。
宴席で、クレイトスとアレクサンドロス大王が口論になり、
逆上した大王が、
クレイトスを刺したのである。
クレイトスは日頃から、
大王を公然と批判していたので、
積もり積もった思いがあったのだ。

だが、クレイトスは、
アレクサンドロス大王にとって、
幼い頃からの友であり、
有能な家臣であり、
戦場で大王の命を救ったこともあった。
そんな大切な友人を、
自らの手で殺してしまった。
激情から冷めた大王は、
己の過ちを悔い、
何日もふさぎ込んだという。

歴史上最も有名なこの英雄は、
その偉業とは裏腹に、
少年のようなナイーブさが、
文献のあちこちに見いだされる。
不思議な人物だ。

ところが、
ゴッドオブウォー3の「クレイトス」は、
まるで別人。
ゲームには関係ないが、
気になったのでWikipediaで調べてみた。

すると、
1.クラトス(別名クレイトス)はギリシア神話の神。
2.強さ・力の擬人化。
3.ステュクス(母)とパラース(父)の子。
4.ニーケー(勝利)、ビアー(暴力)、ゼーロス(鼓舞)を兄弟に持つ。

なるほど、ゲームのキャラまんまだ。
ただし、
ゴッドオブウォー3では、
クレイトスの父は神ゼウスとなっている。
まぁ、些末なことには目をつぶろう。

ゴッドオブウォー3のクレイトスは、
見てくれが悪い。
スキンヘッドで、マッチョ。
しかも、
顔には赤い入れ墨がある。
感情移入など、とてもムリ。
しかも、ストーリーは、
オリンポスの神々を滅ぼし、
最後に、父神ゼウスも殺す!
親殺しゲーム?

ところが、
ゲームが進んでいくと、
それどころではない。
とことん、グロいし、
たまに、エロい。
さすが、CERO Z指定(18禁)だ。

こんなもの、子供に見せられない。
そこで、
プレステ3を居間のハイビジョン・テレビからはずし、
自分の部屋のハイビジョン・モニターにつないだ。

それから、毎夜、
子供に悟られないよう、
照明を暗くし、
ヘッドフォンをつけて、
ゲームに没頭した。

暗闇に浮かぶ32インチの光景は、
異形だが、現実よりリアル世界。
そして、
体験したことのない
重い重い没入感。

未来のある青年に、
こんなものをやらせてはならない!
売ってもいけない!
これは社会悪なのだ!
・・・
と繰り返しながら、
毎夜、
人差し指が、
プレステ3の電源スイッチに吸いよせられるのだった。

by R.B

関連情報