BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■24-ベンチャー企業編② 2010.04.04

前回までのあらすじ・・・

あるデジタルコンテンツの開発プロジェクトで、
メーカーから、
「人物の服がリアルでない」
というクレームが入った。
服が”モッコリ”しているのだ。
「物理演算(物理シミュレーション)」手法を使えば、
問題解決なのだが、
コストが跳ね上がる。
小さなベンチャー企業にとって、
予算オーバーは死活問題だ ・・・

これは、とあるベンチャー企業の役員の
午後3時から午後6時までに起きた出来事である。

【3:00 PM】
 「物理演算」でやり直し、
追加費用を請求すればいいのだが、
1つ問題がある。
このメーカーとは今回が初仕事なのだ。

一般に、プロデューサーは、
おカネを含めプロジェクトの全責任を負う。
予算が確定し、
社内稟議が通った後で、
「予算がちょっと足りませんでした」
ではすまない。
どんな理由をつけたところで、
社内の立場はフリーフォール(free fall)。

そんな状況で、
追加費用でもめれば、
プロデューサーにとって、
ウチは使いにくい業者となる。
初仕事でそれをやれば、
「僕たちに明日はない」

さっそく、
社内の担当ディレクターと協議する。
彼も、「やり直し」が必要だと感じているようだ。
物理演算を使用せず、
安価な手付けでおしきる方法もあるが、
時間を食ったあげく、
”モッコリ”はそのまま ・・・
では、事態はさらに悪化する。

一方、
こうしている間にも、
外注先で作業がどんどん進んでおり、
決断が遅れるほど、
ムダな絵を生産することになる。
もちろん、
こっちもウチの持ち出だし。

そのとき、
プロデューサーが前に吐いた言葉を思い出した。
「納期がすべてに優先する」

開発現場でよくあるのが、
「商品をより良くしよう!」の大号令の元、
納期が遅れること。
ところが、この会社は、
営業の販売計画が第一優先で、
納期は絶対厳守だという。

予算ではなく、納期で攻める、
方針は決まった。
まず、
物理演算で作り直し、
服の”モッコリ”感を解消する。
その分、開発日数はオーバーするが、
重要ではない映像を削除、
または、
アニメーションの少ないものに変え、
開発日数を短縮する。
これで、最終的な納期は変更なし。

だが、現実は甘くない。
「俺は、どうしてもこれをやりたいんだ!
納期も絶対だぞぉ!」
と譲らない担当者はけっこう多い。

そこで、
メーカーの要望を一旦受け入れ、
要望リストに追加する。
さらに、
協議の上、優先順位づけし、
それを、毎週更新する。

ここまでやれば、
メーカーは進捗状況をリアルタイムで把握できるし、
一体感も生まれる。
最終的に要望がかなわなくても、
現場の状況を共有しているので、
納得しやすい。

ということで、
方針は決まった。
後はディレクターに任せよう。

それにしても、
物理演算ごときで、こんな痛い目にあうとは ・・・
物理演算とは、
物理の法則に従い、形状やアニメーションを生成する方法。
出来上がりはリアルなのだが、
膨大な浮動小数点演算(小数計算)が必要で、
時間を食う。
高くつくのはそのため。

ところで、浮動小数点演算といえば、
事業仕分けで知名度をあげたスパコン
スパコンを使えば、計算時間を劇的に短縮できるはずだ ・・・
さっそく、ネットで調べることに。

【3:50 PM】
検索エンジン
に、
「スパコン 安価 自作 ・・・」
と入力した瞬間、内線電話が入った。
サウンド制作会社が来社していて、
今、音の最終調整をしているところだという。
だから?
担当者曰く、
「先方のプロデューサーが怒ってます。
著作権の話なので、よく分かりません。
こちらに来て、応対してくれませんか?」

会議室に行くと、
サウンド制作会社のプロデューサーがいる。
いつもの笑顔はなく、顔がピクピク。
確かに怒っているような ・・・

彼が言うには、
以前、ウチに納入した楽曲が、
無断で二次使用されているという。
この開発案件では、
ウチが映像とプログラムを作成し、
この会社が作った楽曲を組み込み、
メーカーに納品している。
そのメーカーが、
ことわりもなく、二次使用しているという。

さっそく、デスクにもどって調べると、
ビンゴ!おー、二次使用だ。
ただ、契約書を読むと、
一切の知財は、
最終的にメーカーに譲渡されることになっている。

だけど、
販促ならまだしも、
対価の発生する商品で、
無断で二次使用は、ちょっと ・・・。
とにかく、
音屋さんは著作権にうるさいのだ。

サウンド制作会社には、
次の仕事も発注することを”口約束”し、
我慢してもらうことに。
このメーカーも初仕事なので、
著作権なんかでもめれば、
「僕たちに明日はない」

【4:30 PM 】
デスクにもどり、
スパコンの調査を再開。
すると、
面白ウェブサイトを見つけた。
米国NVIDIA社。

パソコンのグラフィックは、
GPUと呼ばれるグラフィックチップが処理している。
今では、「グラフィック=3D」なので、
描画時には、
三次元形状の生成、アニメーション、彩色と、
膨大な浮動小数点演算が必要だ。
そのため、
GPUの浮動小数点演算の速度は、
桁違いに速い。

そこで、NVIDIA社が開発したのが、
スパコン用GPU「Tesla(テスラ)」だ。
このチップを積んだ拡張ボードをパソコンに差すだけで、
スパコンに早変わり。
いわば、
デスクトップスパコンだ。
絶対性能では専用スパコンに劣るが、
コストパーフォーマンスは抜群。

これに、
CGツール(Maya、Max)が対応すれば、
物理演算などあっという間だ。
クオリティは上がるし、コストは下がるし、
いいことずくめ。
問題は、ソフトがいつ対応するかだ。
自社開発はムリそうだし ・・・

その時、先のディレクターから連絡が入った。
先の物理演算の件、
メーカーのOKが出たという。
ヤレヤレ ・・・
だが、まだ安心はできない。
ディレクターに、
要望リストの毎週更新を念押しする。

【5:45 PM】
不意に、社長から電話が入る。
A社の専務が来社したので、
すぐに来てくれと言う。
A社はデザインの外注先で、
最近、支払いのタイミングでもめている。
来たか、カネの問題。
一難去ってまた一難。

by R.B

関連情報