BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■トヨタのリコール 2010.02.20

「Please,believe me!(私を信じてください)」
トヨタのトップが吐いた一言が、
世界中を駆けめぐった。

こんなセリフを吐くのは、
何を言っても信じてもらえない状況にあるわけで、
そこで、
「とにかく、俺を信じろ」
とは、ずいぶんな言い分ではある。
かつて、トヨタは、
「巨大な田舎企業」と揶揄(やゆ)されたが、
それを彷彿させる。

日本には、
「KY」という言葉がある。
「K(空気が) Y(読めない)」という意味。
それほど日本人は、
気遣いを大切にする民族らしい。
でも、
冒頭のセリフが本当なら、
「日本人=KY」とはいえない。

本当の気遣いとは、
空気を読んで、
「相手に伝わる言葉できちんと説明する」
であって、
「自分の思いをそのまま口にする」
ではないだろう。
もっとも、気遣いの前に、
「日本人は説明がヘタ」
という事情もある。

オバマ大統領と比べるまでもなく、
日本のリーダーの演説のヘタぶりは、
際立っている。
東南アジアのリーダーは、
欧米の教育を受けたせいか、
演説はスマートだ。

日本人のスピーチは、
話の展開にキレがなく、
言い回しもありきたりで、
抑揚がない。
演説上手と言われる政治家でも、
たいていは、紋切り型で、
本人が熱くなっているだけ。
これでは、
聴衆の心には響かない。

日本は明治維新以来、
欧米文化を信奉し、
さかんに取り入れてきたが、
浸透しなかったものもある。
「修辞学(しゅうじがく)」もその一つだ。

修辞学とは、
聴衆を言いくるめる話術で、
古代ギリシャ、ローマで発達した。
欧米ではエリートの必須科目とされ、
学問の一つにも数えられた。

これに、
シェークスピアのシャレた言い回しを散りばめれば、
欧米流話術のできあがり。
ポイントは、
万国共通の「泣き笑い」を突くこと。
ハリウッド映画が世界でヒットする理由もここにある。
日本の「わびさび」はダメ。

最近、会社にスペイン人が入社した。
油絵出身の男性で、
CGツール「Maya」を使いこなす。
手が速く、クオリティも高い。
しかも、大学院で、
バーチャルリアリティを修得している。

彼は、とても礼儀正しい。
朝会うと必ず、日本語で、
「おはようございます」
その後、顔を合わせるたびに、
「ごくろうさまです」
日本人より日本人らしいと、
社内でも評判だ。

彼は、
スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語が話せる。
日本語も流ちょうで、
漢字以外は、ほぼパーフェクト。
もっとも、漢字となると、
日本の総理でもあやしいのだが。

彼は、平易な単語を組み合わせ、
巧みに日本語を操る。
分かりやすく、
説得力があり、
思いがビンビン伝わってくる。
日本人より語彙(ごい)が少ないのに、
どうして?

ある時、
僕は彼の故郷について尋ねた。
彼が生まれ育ったのは、
ピレネー山脈に近いフランスとスペインの国境の町。
それを、彼はこう説明した

「僕の町は、
国境を一歩またぐと、
左足がスペイン、右足がフランス。
日本では考えられないでショ。
だから、
郵便配達も大変 ・・・ ハハハ」

誰でも、イメージできるし、
難しい言葉もない。
やはり、話術というのは、
単語ではなく、
文章の組み立て方、
ロジックなのだろう。

とすれば、日本人にも脈はある。
退屈なシェークスピアを読んで、
気の利いたセリフを覚える必要はない。
誰でもわかる平易な言葉で、
相手がイメージできるよう、
論理的に説明すればいいわけだ。

では、あの時、トヨタのトップは、
どう言えば良かったのだろう?
普天間基地の報復説もあるほどで、
たぶん、何を言っても同じ。
今と状況は変わらない。

今回のトヨタのリコールで、
「トヨタの安全神話」は地に落ちた、
とまで言われた。
だけど、その根拠は、
「真実」ではなく、
「作為」にあるような気がする。

僕は今でも、
「トヨタ車は世界一安全」
と思っている。
プリウスのようなハイブリッド車ならなおさらだ。
輸入モノのハイブリッド車なら、
おそらく ・・・
「ブレーキが甘い」ではすまない。

自動車の部品点数は10万と言われるが、
もう一つ隠れた大部品がある。
走行を制御するコンピュータソフトだ。
そのステップ数は、
100万行にも達しているという。
1行は、ハード部品1点に相当するので、
実質、部品点数は110万!
昔の旅客機の部品点数を超える。

今回リコールの対象となったのは、
ブレーキの効きが甘い、
瞬間、効かないことがある、
という点。
原因は、ABSの制御ソフトにあるらしい。

凍結した路面でブレーキを踏みつけると、
スリップすることがあるが、
一旦、滑り出せば制御不能になる。
ABSは、
ブレーキのON/OFFを自動制御し、
このような事態を防ぐ機構だ。

プリウスの場合、
通常の油圧ブレーキにくわえ、
モーターでエンジンブレーキをかける回生ブレーキも装備する。
これらすべてを、
コンピュータが制御しているわけだ。
これほど完成度の高いハイブリッド車は、
トヨタしか作れない(たぶん)。

もちろん、だからと言って、
「ブレーキが効かなくてもいい」
と言うつもりはない。
それくらいの常識はある。
だが、今回のトヨタ・パッシングは、
常軌を逸している。

問題があれば、そこを直せばいい。
そのための「リコール制度」だ。
ところが、今のアメリカは、
トヨタを破滅の縁まで追い込んでいる。
政府と議会はトヨタを非難し、
消費者は訴訟に余念がない。
中には、
今回のリコールで評価額が下がったから、弁償しろ、
というものまである。
こんな連中を相手にするのは大変だ。

トヨタが、
「巨大な田舎企業」と皮肉られたのは、
脇目も振らず、
物作りに集中したから。
トヨタ車の完成度は高いし、
企業体質も極めて強靱。
決して油断しない企業だ。

それでも慢心は生まれ、
いつかはミスを犯す。
だから?
するべき修理を行い、
なすべき補償をすればいいのでは?
なにも、
クビまで取ることはないだろう。

世界中からパッシングされるなら、
せめて日本だけでも、
トヨタに救いの手をさしのべよう。
ここは、アメリカを見習って、
「バイ・トヨタ(Buy Toyota)!」

しかし ・・・

大きな声では言えないが、
僕はトヨタ車が好きではない。
トヨタが作っているのは、
「クルマ」ではなく「売れるモノ」だから。

ということで、
クルマ好きの僕がこよなく愛するのは、
プジョー 307SW。
電気系統は弱いし、
ワイパーは拭き残すし、
トランスミッションはギクシャク、
だけど、いつまでもドライブしていたい ・・・
トヨタさん、
これが”Fun To Drive”では!

by R.B

関連情報