BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■さらば朝青龍 2010.02.06

横綱・朝青龍が、
酔っぱらって、人をグーで殴って、鼻を折り、
引退した。
土俵の内でも外でも、力相撲 ・・・
なんて言うと、
元横綱審議委員の内館牧子さんあたりに、
「品格に欠ける!」と一喝されそうだ。
もっとも、僕は横綱じゃないので、
関係ないけど。

今回の騒動の真相は、
僕なんかには知るよしもないが、
これまでの経緯から推測するに、
「やっちまった」
だろう。

相撲協会も、マスコミも、街の声も、
「横綱としての品格に欠ける。引退すべし!」
・・・
もっともだ。

だけど、僕は、
品行方正で弱い横綱の相撲より、
品格に欠ける?朝青龍の相撲を観たい、
と思っている。
なんといっても、
朝青龍の相撲は、
正真正銘の「ガチンコ相撲(真剣勝負)」だから。

波打つ筋肉、
ほとばしる覇気、
異次元のスピード、
圧倒的なパワー
・・・
朝青龍の相撲を観ていると、
我を忘れる。

僕は相撲は格闘技だと思っている。
ルールがないと死人がでるので、
厳格なルールとマナーが決められている。
だけど、
そこに目がいきすぎると、
つまらなくなる。
相撲はいきつくところ、
格闘技なのだから。

では、格闘技とは何か?
明快に「疑似暴力」。
究極の目的は、
相手を倒すことだから。

僕は学生時代に剣道部、
ボクシングも少しかじったことがある。
その経験から推測すると、
相撲は、
キックボクシングなみの殺傷力をもつ。
朝青龍なんかに突進され、
張り手をかまされた日にゃ、
鼻が折れた!ではすまない。

そんな真剣勝負の世界で戦っているのに、
平和な外界の悪事で葬られる?
品格の問題はさておき、
悲しい話だ。
ところが、
こんな悲劇が起こるのは、
スポーツの世界だけではない。

今は亡き、俳優の勝新太郎。
映画「座頭市」シリーズは名作だが、
大河ドラマ「独眼竜政宗」も秀逸だった。
勝が演じたのは秀吉だが、
「歴史上の巨人」秀吉を、
あんな見事に演じた役者はいない。

もし、
黒澤明監督の「影武者」の武田信玄を、
あのまま、勝新太郎が演じていたら、
歴史に残る名作になっていただろう。
(勝新太郎は途中で降板)
自然体なのに、圧倒的な存在感、
立っているだけで、
何かが伝わってくる。

ところが、
1990年1月、ハワイの ホノルル空港で、
勝新太郎は逮捕された。
下着の中に、
コカインとマリファナが見つかったのである。

その時の勝のセリフは、
どんな脚本家でも思いつかないものだった。
「おっ、誰だ!オレのパンツにこんなモノを入れたのは?」
アンタしかおらんやろ ・・・
とまぁ、世間を騒がす御仁だったが、
礼儀正しい大根役者より、
勝新太郎のほうが好きだった。
役者は、観てもらってナンボ。

僕にとって、
”グレイト”な人は、
たとえ、悪事?をはたらいても、
それを認めはしないが、
心のどこかでゆるしている。

僕にとって、
力士の価値は、土俵の内にあり、
役者の価値は、銀幕の中にある。
その世界で、グレイトなら、
無条件でたたえよう。
だから、
私生活で何をしようが関係ない。

朝青龍は、第68代横綱。
本名は、ドルゴルスレン・ダグワドルジ。
モンゴル国出身の力士。

2001年1月場所に新入幕し、
驚異的なペースで勝ち星を重ね、
2年後には横綱に昇進した。
ところが、早々に、
品格の問題が露呈。

たとえば、
負けた悔しさに、「畜生」と叫んだり、
みっともない反則をしたり、
口論の挙げ句、車を壊したり
・・・
これは、さすがにヤバイです。

さらに、
ケガを理由に、夏巡業をさぼり、
モンゴルでサッカーに興じた。
マスコミは不謹慎だと大騒ぎしたが、
その映像をみて、仰天した。
あんなマッスルな体なのに、
あんな軽快なフットワーク、
あんな巧みなボールさばき、
サイボーグか?

なのに、世間は、
あの驚異の運動能力より、
仮病の方を騒いでいた。
誰かが空中浮遊したとして、
「あいつは飛行許可をとっていない!」
と、騒いでいるようなもの。
一体、どうなってる?

まぁ、そんなこんなで、
朝青龍は悪しきレッテルを貼られてしまった。
相撲界の問題児、
青鬼、
・・・
その後も周囲の期待にこたえるように、
悪役ぶりを披露していった。

そして、冒頭の殴打事件。
控えめにみても、
横綱どころか、
人としての品格にも欠けるのだろう。

一方で、僕は、
朝青龍に別の品格を感じている。
勝負に対する執念、覇気、パワー、
つまり、
格闘家としての威厳と風格だ。
もちろん、
誰もそんなことは言わない。

「品格に欠ける」という言葉には、
トゲがある。
大切なものが抜け落ちているような、
人間失格のような、
それだけで全否定されるような、
響きがある。

でも本当は、
性格が粗野なだけでは?
粗野 ・・・
一見、さげすみの言葉に聞こえるが、
歴史上は、
良い意味でも使われる。

たとえば、
奢侈におぼれる文明を、
粗野な国が征服した場合、
粗野は、
古い文化を壊し、
新しい秩序を創造する力を意味する。
つまり、スクラップ・アンド・ビルド。
歴史には欠かせないプロセスだ。

話を朝青龍にもどそう。
とりわけ、残念に思うのは、
相撲の歴史を塗り替えるチャンスが失われたこと。
朝青龍は、優勝回数25回で、歴代第3位。
歴代トップの大鵬の32勝まで、あと7つ。
まだ、若いし、
この大記録を破る可能性があったのに。

粗野な性質が災いし、
歴史的偉業を失したアスリートは他にもいる。
プロボクシング元ヘビー級チャンピオン、
マイク・タイソンもその一人。
タイソンは、
ヘビー級タイトルマッチで、
相手の耳をかじり、
かじられた耳がチョコレートに複製され、
食品売り場を飾った。
合掌 ・・・

なにはともあれ、
朝青龍は相撲界を去った。
ヤンチャで、
憎たらしいけど、
どこか憎めない ・・・
そんな千両役者も、
もういない。

相撲は肥満体の押し合い、
と信じていた僕に、
ガチンコ相撲の凄さを教えてくれたのが、
朝青龍だった。
サンキュー、朝青龍、
君のことは忘れないよ。

by R.B

関連情報