BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■大不況的師走 2009.12.27

2009年の師走、
僕は師じゃないけど、
走り回っている。

社長のカバン持ちで、
大阪に出張。
得意先への年末の挨拶だ。
担当役員に話しかけると、
開口一番、
事業仕分け」をボロクソ ・・・

「そりゃぁ、民主党の言い分は正しいでしょうよ。
でもね、
今まで、汚いところで飯を食ってきた人がたくさんいる。
それで国も回ってきた。
それをメッタ斬り?
現実がわかってんのかいな?」

これを聞いて、ふと、
江戸時代の田沼意次(たぬま・おきつぐ)を思い出した。
足軽の小せがれからスタートして、
老中まで出世した人物。

日本史上有名な悪徳政治家で、
ワイロのウワサが絶えず、
庶民からも恨まれていた。
政治家が民から嫌われるのは世の常だが、
田沼の場合、
際立っていた。

田沼が老中になった10年後、
「天明の大飢饉」がおこった。
日本史上、最悪の大飢饉である。
天候不良で、収穫が激減したところへ、
浅間山が噴火し、
とどめを刺したのである。

人肉を喰らうほどの大飢饉が起こり、
最終的に100万人が死んだ。
ところが、人々は、
それを田沼のせいしたのである。
嫌われるのは為政者の常だが、
噴火の責任まで押しつけられてはたまらない。

こうして、
田沼は庶民に恨まれ、
ライバルにねたまれたが、
やがて、
パトロンの将軍・家治が死ぬ。

すぐに、田沼は失脚した。
代わりに、
公明正大な松平定信が老中となった。
松平定信は、
田沼のやり方を全否定し、
善政を敷いた(つもりだった)。

ところが、
彼が”正しい”と信じた倹約令は、
庶民の猛反発にあう。
あげく、
江戸の町では、
こんな歌が流行ったという ・・・

白河の(松平定信のこと:松平定信は白河藩主だったので)
清きに魚の住みかねて(清い政治は息苦しい)
もとの濁りの(以前の小汚い)
田沼こいしき(田沼の政治が恋しい)

直訳すると、
今となっては、松平定信の清い政治より、
田沼の汚れた治世の方がまだ良かったなぁ ・・・
はぁ?
浅間山が噴火したのも田沼のせいだったのでは?
・・・
為政者が民に好かれるのは難しい。

話を、大阪出張に戻そう。
担当役員のグチを辛抱強く聞いた後、
帰りに、先方の社長にも挨拶。
すると、開口一番、
「亀井のおっさんが、
ヘンなこと言ったせいで、
資金繰りが苦しくなった。
どないしてくれるんや」

現内閣の亀井大臣の「徳政令」のことである。
これで、借金の返済が猶予され、
企業は資金繰りが楽になった。
ところが、一方で、
新たな借り入れが難しくなった。
銀行が警戒するから?
あたりまえでしょ。

じつは、徳政令は、
今に始まったことではない。
日本の歴史をみると、
けっこう多い。
まあ、
借り手はラッキーだが、
貸し手はたまらない。

徳政令が出るたびに、
商人たちは深く恨み、
カネを貸さなくなった。
今回も、それが指摘されていたが、
現実になったようだ。

とはいえ、
今日明日の返済に窮している企業にとっては、
天の恵み。
今をしのがないと、
先を心配してもしかたがない。
今日破綻するか、
3ヶ月後に破綻するか、
どっち?
答は決まっている。

ということで、
亀井大臣の徳政令を、
一方的に非難するのもちょっと ・・・
やっぱり、
為政者が人民に愛されるのは難しいそうだ。

その夜、
担当役員と連れだって、
いつもの鶴橋の韓国料理屋へ。
大阪の出張は、
これだけが楽しみだ。

生レバー、キムチ、豚バラ、
そして、ブタ鍋(これは最高)。
どれもこれも美味だし、
飲んで食って、一人4000円!
久々の幸福感に浸っていると、
隣の席がやけに騒がしい。
忘年会?

隠し芸やら、なんやら、
笑いが絶えない。
とても楽しそうだ。
20人ぐらいはいるかな?
今時、元気な会社もあるんだな、
と感心する。

担当役員も気になったのか、
美人のママに、
「あれ、どこの会社?」
と聞くと、
「近くの病院ですよ」

なるほど、
医療ビジネスに不景気はないらしい。
確かに、
新型インフルエンザに感染しても、
「不況だから、今回は病院行くのやめとこ」
にはならない。

どんな恐ろしい不況でも、
確かな需要は存在する。
人の生き死にかかわること、
食料、エネルギー、安全、医療 ・・・

これを生業にしていれば、
大不況でも生き残れる?
でも、それ以外のガラクタ業は、
そろそろヤバイかも ・・・
道、間違えたかなぁ。

by R.B

関連情報