BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東京都知事選・候補者と情勢 2016.07.23
■候補者

2016年、東京都知事選の候補者が出そろった。

顔ぶれをみると・・・

公費乱用で辞めた舛添・元都知事がマシにみえるのは気のせいだろうか?

都知事選にかぎらず、選挙になるといつも思う。なぜ、タレントやスポーツ選手やら政治のトーシロがノコノコ出てくるのか?

ひょっとして勘違いしている?

政治家はイスにふんぞり返って、あとはよきにはからえ、のお気軽な管理者だと。

じつは、政治家はただの管理者ではない、戦場で戦うプレイヤーなのだ。切れ者の舛添・元都知事でさえ、不用意な一言であそこまで追い込まれたのだから。

百歩ゆずって、政治家が管理者だとして、業務やルールを知らない管理者ってありうる?

野球ルールを知らない野球監督、譜面が読めない指揮者、医学知識ゼロの外科部長(殺される!)・・・絶対にありえませんよね。

ところが、政治家は・・・

政治・経済・軍事がゼンゼンわからなくてもオッケー!

はぁ?

それで、どうやって判断するのだ?

事実、今回の参議院選もタレントやら歌手やらスポーツ選手やら・・・政治家になって何をするつもりなのだろう。

一方の東京都知事選の候補者・・・

まずは、与党が支援する増田寛也。政治の知識はある。ところが、どこにでもいるサラリーマン、公務員の風。東京都知事は日本の顔だけど大丈夫?

というのも、リーダーは顔が重要だ。「顔の造り」ではなく「顔の相」。歳をとると、人生が顔の相にあらわれる。つまり、顔はその人の人格、能力、経験、そして、何を目指しているかを体現しているのだ。

知人で、平成天皇を間近に拝した者がいる。そのとき、近寄りがたいオーラのようなものを感じたという。

頭がいいとか、決断力があるとか、コミニケーション力が高いとかは、スタッフの資質。リーダーはそれにくわえて「何か」が必要だ。増田という人には、それが感じられない。

つぎに、野党が支援する鳥越俊太郎。究極の後出しジャンケンでのしあがった人物だ。いわく、

私はジャーナリストの世界で長年やってきた・・・

その歳ならキャリアがあってあたりまえ。それに、ジャーナリストは政治家に最適といわんばかり。勘違いしていない?

政治家は決定者・実行者、ジャーナリストは批評家・評論家、真逆でしょう。

さらに、小池百合子にガン(健康)を指摘されて「弱者への差別だ」と反論・・・

弱者と認めるんだ。弱者が東京都知事になっていいの?知事ってそんな甘い仕事?

よほど、シャクにさわったのか、追撃の手を緩めない・・・ガンだったら何もできないのか!

ガンでもできることはたくさんある。でも、東京都政のトップが務まると思う?

知事は心技体がそろってあたりまえでしょ。

さらに、鳥越節はつづく。

私は聞く耳を持つ初めての知事になる・・・

言ってることが70度ずれている。なにかおかしいぞ、この人。

年寄りでガンで余命少ないから人生最後の思い出作り・・・がプンプン。それを隠すため、力強くふるまうのが不自然で痛々しい。演説の内容はカラッポだし、言葉の選び方も稚拙。ゼンゼン感動しない。都知事って、これでいいの?

この人は何か勘違いしている。

そもそも、都知事って、リタイアした人のやる仕事?

サラリーマンの再雇用のノリで都知事をやられたらたまらない。税金を払う都民はいい迷惑だ。

おかしな候補者はまだいる。

タレントの石田純一は論外だが、弁護士の宇都宮健児は、不退転の決意を表明していたのに、野党の支持が得られないと、サッサと撤退。肝心なところで、ブレ過ぎ。弁護士なら「言葉の重み」を認識するべきだろう。

今回の立候補者のほとんどがコレ。

当選しそうなら立候補、見込みがないならやめとく、これが「条件付き立候補」なのだ。見方を変えれば、計算づく、コソクというか、女々しいというか、これがリーダー?

そこへいくと、小池百合子は立派だ。究極の天上天下唯我独尊だから。

出世欲満々なのに、計算づくが感じられない。堂々として、不退転の決意がムンムン伝わってくる。有力候補では、唯一の女性だが、他の男性候補より男らしい!?

小池百合子は敵が多い。所属する自民党からも、裏切り者とか、何を考えているかわからないとか、裏表が激しいとか、非難を浴びまくっている。

ところが・・・初めから終わりまで「立候補でGo!」は小池百合子だけ。

自民党の支持が得られようが得られまいがカンケーねー。実際、自民党の支持は得られなかったが出馬している。政治家にかぎらず、リーダーには、このような力強さ、わかりやすさ、そして、「ブレない」が必要だ。

一方、小池百合子以外は・・・

うかりそうなら出馬しよう(計算づく)

人生の思い出作り(自分探し)

そんな「あざとさ」がプンプン臭う。

損得勘定や自分探しで都知事になられてはたまらない。都知事という職責をなめていないか?

■若者よ投票に行こう

あと若い世代に一言。

投票に行こう!(知事選にかぎらず)

建前で言っているのではない。若者の「一生の損得」がかかっているのだ。

政治家と老人は、国の負債を若者世代におしつけようとしている(意識しているかどうかは重要ではない)。

日本は先進国の中で、若者より年寄りに税金を使うまれな国・・・ご存知だろうか?

年金制度、老人医療、その他諸々、税金の使い方を精査してみるといい。とことん、年寄りに有利にできている。一番の被害者は赤ちゃんだ。選挙権どころか、自分の権利を主張することもできないのだから。それをいいことに、年寄りが得をする社会になっている(選挙権があるから)。

若者世代や現役世代から、高額な社会保険料を没収し、一丁上がりのリタイア組や老人に手厚い年金を払っている。そして、若者世代が年金をもらうようになったら、寸志でガマンしてね、もらえないよりはマシですよ・・・やっとれん。

現在、格差の問題貧困女子の問題が取り沙汰されているが、じつは、一番深刻なのは「世代格差」なのだ。年金が支給される時期、金額をみれば一目瞭然・・・これは「差別」というより「区別」だろう。

世代格差の証拠は枚挙にいとまがない。

子育て支援どころか、待機児童の問題さえ解決していない。これでは、少子化はあたりまえ、人口が減るのもあたりまえ。つまり、日本は若者や子供を育てる若年層に厳しい国なのだ。

そもそも選挙権からしておかしい。

18歳未満に選挙権がないのは、知識と判断力が不足しているから。

それなら、5分前のことも思い出せない年寄り(すべてではない)に選挙権があるのはどういうわけだ。

国の未来をつくるのは一丁上がりの世代ではない。若者世代なのだ。ところが、政治家と老人は若者に国の負債を押し付けようとしている。

口当たりの良い「お年寄りを大切に」は「子供と若者を犠牲にせよ」の同義語なのだ。なぜなら、この世界の資源(カネ・モノ)は限られているから。

ということで・・・

若者よ、投票に行こう!

by R.B

関連情報