BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ガジェット①幻の名作 2009.11.14

いつの時代でも、どんな世界にも、
「不運な作品」は存在する。
シナジー幾何学の「ガジェット」も、
そのひとつだろう。

1997年、PCゲーム市場は
すでに氷河期に入っていた。
その頃、僕は、
ゲーム事業を担当していたが、
事業も気分も、
風前の灯火だった。

どんな問題にも解決方法はあるが、
問題全体が崩壊していると、
方法は2つしかない。
撤退か死か?

もちろん、
その前にやるべきことはやった。
まずは、販促。
問屋に頼らず、
自分でショップ営業をしたのである。
「すみません、ウチのGE・TEN切れてますけど、
追加注文いただけませんか?」
「あー、考えとく」
不毛な日々だった。

ある日、ショップの一角で、
面白い販促を見つけた。
PCを使わず、
ビデオ一体型TVでデモを流している。
場所は取らないし、操作も不要。
しかも露出度は高い。
それが、「ガジェット」だった。

店員に聞くと、
ガジェットは、
シナジー幾何学が開発・販売し、
ツクダシナジーがショップに卸しているという。
こんな丁寧な販促をやってくれる問屋はない。
さっそく、アポをとって、
ツクダシナジーを訪問した。

担当者は乗り気だったが、
どうしてものめない条件があった。
他の問屋には一切卸さないこと。
これはさすがにキツい。

すでに取引のあったソフトバンクとソフトウィングは、
販促の助けにはならないが、
かかえるショップが桁違いに多い。
最終的な販売本数では、
ツクダシナジーを上回るだろう。
結局、
この話は破談になった。

そのあと、秋葉原にもどり、
ガジェットのデモを眺める。
いいなぁ ・・・
これも何かのご縁、
「ガジェット・完全版」を買うことにした。

「ガジェット・完全版」は、
初版の「ガジェット」を一から作り直したものだという。
洒落たパッケージには、
プロデュース:粟田正憲(シナジー幾何学代表)
制作     :庄野晴彦(映像作家)
と小さく書かれていた。

メディアはCD-ROMで、
WindowsとMacで再生可能なハイブリッドタイプ。
なので、プログラムは
ハードウェアに依存するネイティブコードではなく、
Directorベース。
当然、
インタラクティブ性とリアルタイム性は、
スポイルされている。

ユーザーに許されたオペレーションは3つ、
1.周囲を見渡す。
2.アイテムをとる。
3.話しかける。

ユーザーのアクションにあわせ、
ストーリーが分岐し、
演出ムービーが流れる。
言ってしまえば、動画の電子紙芝居。
ところが、僕は、
この手のゲームは好きではなかった。

期待もせず、
ガジェットを起動、
すぐに、オープニングが始まった ・・・

ビルの合間を8ミリ映写機が無音で落下している。
感情のない英語のナレーション、
日本語の字幕スーパー、
それだけ ・・・

ところが、
それを見た瞬間、
僕はガジェットの虜になった。

by R.B

関連情報