BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■さわがしい楽園(選挙カー騒音) 2015.08.09

今の日本で、
何がムカツクかというと ・・・

騒音。

静寂を好む種族にとって、
これほど不快なものはない。
中でも、選挙は最悪だ。

最近、
町会議員選挙があったが、
20台もの選挙カーが町中をうろつき、

「騒音太郎、騒音太郎、騒音太郎でございます。
騒音太郎をよろしくお願いいたします!」

「騒音太郎」、一度言えばわかるでしょう。

それに、
まともな情報は「騒音太郎」だけなので、
意味するところは、
「オデは騒音太郎だ、名前、覚えとけ!」

なんという傲慢さだろう。

ちなみに、
数ある選挙の中で町会議員選挙は最悪だ。

国政選挙なら、
候補者は少なく、選挙区は広い。
だから、
騒々しい選挙カーが回ってくる頻度も少ない。

ところが ・・・

町会議員選挙は、
候補者が多く、選挙区が狭い。
だから、
騒音発生器(選挙カー)が、家の前をうろつく頻度が高い。

朝から晩まで、
「騒音太郎、騒音太郎、騒音太郎、
どうぞよろしくお願いいたします。
皆様の暖かいご支援ありがとうございます」

オレはあんたを支援した覚えない。

受かる前からこんなテキトーこいてるようでは、
受かったら、何をしでかすやら。

そんな細かいこと、
気付かなかった?

なら、議員に立候補しないほうがいい。
正しい日本語の使い方も知らないのに、
政治家になるって、
おかしいでしょう。

とはいえ、
選挙カーの騒音には、
笑えるものもある。

「騒音太郎、騒音太郎、騒音太郎、
騒音太郎は全力で頑張ります」

オレに断る必要はない、勝手に頑張れば。

ちょっと笑えるが、
やっぱり、ムカツク。

というわけで、
選挙期間中、僕はすこぶる機嫌が悪い。

何十台もの選挙カーが、
大音響でがなり立てながら、
狭い町内をうろつく、
究極の”高密度”騒音だ。

これが、
どれほどの迷惑行為か、
考えたことがあるのだろうか?

近所に知り合いの看護師さんがいる。
公立病院なので、夜勤が多い。
夜勤を終え、帰宅して、
寝ようと思ったら、

「騒音花子、騒音花子、騒音花子でございます ・・・」

騒音花子がどうしたというのだ!

一日中眠れないことは確かだし、
寝不足で診療ミスをおかす可能性もある。
それで患者が死んだら、
誰が責任とるのだ?

さらに ・・・

近所に生まれたばかり赤ちゃんがいる。
やっと寝かしつけたと思ったら、
「騒音花子、騒音花子、騒音花子 ・・・」

おぎゃあ~

「騒音暴力」以外の何ものでもない。

そもそも、選挙というのは、
国を変えるとか、
町を変えるとか、
たいそうなことを言っているが、
詰まるところ、議員の「就活」。

自分の就活に、
なぜ住民を巻き込むのだ?
一体、何様?

だって、そうではないか ・・・

一般人が、
スピーカー付きの騒音カーで、
「騒音プータロー、騒音プータロー、騒音プータロー、
現在無職で、仕事をさがしております。
どうぞよろしくお願いいたします!」

なんて、町内をうろついたら、どうなるのだ?
通報されて、逮捕されるのがオチだろう。

つまり、こういうこと。

同じ無職でも、
議員候補は「就活」のために、騒音をまき散らしてもいいが、
一般人がやったら、犯罪!

議員って、公僕じゃなかったっけ?
つまり、広く公衆に奉仕する者。
それが公衆より優遇されるって、
どういうこと?

TV、インターネット、スマホ、
これだけ道具がそろえば、
学生の就活同様、
議員の就活の方法はいくらでもある。

にもかかわらず、
議員選挙だけは特別で、
生活者に迷惑をかけてもOK、
なんて、おかしいでしょう。

どうして、こんなカンタンな矛盾に気づかないないのだろう。

どうして、こんな迷惑行為が許されるのだろう。

大騒音で、生活者に迷惑をかけておいて、

「皆様のために命を捧げるつもりでございます ・・・」

アタマおかしくない?

まぁ、しかし、
候補者が悪いのではない。
制度が悪いのだ。
もっと、静かで、効率のよい選挙はいくらでもある。
このムカツク悪習はさっさと止めて欲しいものだ。

さらに、町内会といえば ・・・

役場からのスピーカーでのお知らせもムカツク。

津波とか火事とか、
緊急の通報ならいざしらず、
知らない住民の葬儀のお知らせとか、
小学校の行事の案内とか、
住民に関係ないことを、
町中の空に向かって、
スピーカーでがなりたてるのだ。

あまりの非常識さ、
思慮のなさに驚くばかりだ。
日本は「騒音」に無頓着すぎる。

ムカツク騒音はまだある。

電車の車内放送だ。

今、月一のペースで、
東京に出張しているが、
新幹線に乗るたびにムカつく。

あ、その前に ・・・

金沢人なので、
「北陸新幹線」の宣伝をしておかなくては。

これまで、
「金沢-東京」は、
特急と新幹線を乗り継いで4時間もかかったのに、
北陸新幹線なら、
乗り継ぎなしで「2時間30分」行ける。

しかも、
最新の車輌なので、
揺れはゼンゼンなく、
快適そのもの。

ちなみに、
北陸新幹線のルートは、
江戸時代に加賀藩が参勤交代した道とほぼ同じ。
ただし、旅程は12泊13日。
時間にして、125分の1に短縮されたわけだ。
テクノロジーの進化には驚くばかりである。

さらに、金沢は、
古い街並み、忍者屋敷などユニークな観光名所が豊富で、
ゴルフもスキーも登山も海水浴もOK。
さらに、
魚、肉、おでんが美味しく、
くわえて、
スペイン料理も最高!(ホントだぞ)

手前ミソだけど、
こんな良い所ないと思う。

と、金沢の街は最高なのだが ・・・

北陸新幹線の車内アナウンスがムカツクのだ。

「次は長野に止まります」

はまだしも、

「長野で、運転手が変わります。」

僕が東京に行くのに、
運転手の変更を知らせる必要がある?

しかも、
「運転手の名前」まで知らせるのだ。
僕が金沢から東京に行くのに、
運転手の名前がなぜ必要か、
説明して欲しい。

さらに ・・・

「ただいま、列車は3分遅れで長野を出発しました。
列車が遅れまして申し訳ございません」

これを何度も繰り返すのだ。

3分遅れようが10分遅れようが僕ははかまわない。
その遅れが致命傷になる人間は、
どれだけいるのだ?
そもそも、
そんな人間は自家用ジェットかヘリでしょう。

それに、
列車が遅れたからと、
クドクド謝られても迷惑なだけ。
謝った分、早く着くわけじゃないし、
騒音でイラつくだけ!

どうしても、謝罪したければ、
料金を減額したら?
それがイヤなら、
せめて静かにして欲しい。

僕は電車の中では、
愛用のMacbook Airで、
いつも、仕事をしている。
だから、
静かにして欲しい。
騒音をともなう情報は必要最小限でいい。
ましてや、
運転手の名前など論外だ。

僕が払う高い料金には、
東京までの移動にくわえ、
快適さも含まれている。

JRもそう考えたから、
技術を進化させて、
静寂な車輌を作り上げたのだろう。
それを、
スピーカーで騒音をまき散らしたら、
元も子もないでしょう。

これは、
北陸新幹線に限らず、
JRすべてに言えることだけど。

昔、スイスで列車に乗ったことがあるが、
静かなものだった。
世界中回ったわけではないが、
後進国ほど、
うるさくて、騒々しい気がする。

日本は後進国?

ところで、
日本が騒音国である理由は?

東京オリンピックの招致で、
日本の「おもてなし」が有名になった。
「表がない」なら、「裏がある」?
はさておき、
早い話が「過剰サービス」でしょう。
つまり、
うざい、うるさい、騒々しい。

ちょっと言い過ぎたかなぁ。

こんな価値観が、
「騒音に鈍感」を加速しているのかもしれない。

だが、それだけではない。

日本人という種族は、
「考える」より「コミュニケーション」が好きなのだ。

たとえば ・・・

日本人は、
家にいるときも、
道を歩いているときも、
電車に乗っているときも、
スマホとにらめっこ。
いつも、誰かとつながっていないと不安なのだ。
これじゃ、「考える」ヒマないですね。

当然、画期的な発明はムリ。

じつは、日本人は、
イノベーションを生み出したことが一度もない。
ここでいうイノベーションとは、
時代の10年未来をいく、
画期的な理論、テクノロジー、サービスだ。

たとえば ・・・

理論の分野では、
ニュートンの万有引力の法則、アインシュタインの相対性理論、
技術の世界では、
蒸気機関、自動車、V2ロケット、コンピュータ ・・・
サービスでは、
広告の自動販売機「Googleのアドワーズとアドセンス」。

いずれも、
欧米人の発明だが、
すべて、
尋常ならざる集中力から生まれている。
それを物語るエピソードも枚挙にいとまがない。

それが日本人にはないのだ。
莫大なエネルギーと時間と集中が必要な、
狂気にも似た、
論理的思考、展開思考が苦手なのである。

事実、
第二次世界大戦後、
日本が経済復興したときも、
欧米企業から、
日本の技術は「モノマネ」と揶揄された。

ところが、最近、
日本人のスペックをさらに悪化させるツールが登場した。
インターネットとスマホだ。
この2つが合体した瞬間、
すべての人間がつながった。
結果、
いつでもどこでもコミュニケーション。

ところが、
その内容のほとんどが、
「いいね!」的なたわいもないもの。
こんなもので、
人生の貴重な時間が消費されていくのだ。

哲学者パスカルは言った。

「人間は考える葦である」

スマホやLineで、
どうでもいいことを、短文でくっちゃべて、
時間を潰していたら、
人間じゃなくなるかも ・・・

なんて、不安はないのかな。

by R.B

関連情報