BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■インフレと円安から財産を守る 2015.08.09

本日、
2015年3月14日、
北陸新幹線「長野~金沢」が開業した。
東京から金沢までわずか「2時間28分」。
日帰り旅行も可能になった。
(これまでは4時間)

これで、最も恩恵を受けるのが、
当地、「金沢」と言われている。
というか、
一人勝ちの声もチラホラ。

というのも、金沢は、
兼六園、武家屋敷、茶屋街、忍者寺、
など観光名所が多い。
しかも、
「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で
35年連続1位に選ばれた和倉温泉の加賀屋をはじめ、
粟津温泉、片山津温泉など温泉街も近い。

さらに、
金沢駅を中心に整備が進んで、
見違えるほど美しい街になった。
しかも、
魚が美味い!

というわけで、
アベノミクスで日本の景気が上向き、
それに便乗した形で、
金沢バブルが起ころうとしている。

しかし ・・・

景気が上向くのはいいが、
庶民の生活を直撃する、
不安な要素もでてきた。

中長期的にみて、
インフレ円安
に進むこと。

その結果 ・・・

物価は上がる。
給料は上がらない(大手企業と公務員は除く)。
銀行利息は上がらない。
銀行預金と現金は目減りする。

ヘビの生殺しじゃん!
なのだが、心配は無用、
打つ手はある。

こういう場合、
ファイナンシャルプランナーや、
経済評論家に意見を求めるのが筋なのだろうが、
鵜呑みにはできない。

だって、そうではないか。

結果にかかわらず、
口を動かすだけで、
おカネがもらえる、
そんな人の話信用できますか?

だいたい、
そんなに儲かると言うのなら、
自分で投資したら!

いえいえ、彼ら彼女らは、
「投資」で儲けるのではなく、
「トーク」で儲けるのです。
なるほど ・・・

というわけで、
自分が実際に投資した商品を中心に話を進めよう。

ただし、
そのまま真似して、損しても、
責任はとれませんから。
「絶対儲かる」なんてありえないし、
銀行預金や現金でさえ目減りしているので。

銀行預金や現金は元本保証なのでは?

たしかに額面は変わらない。
3年前の10万円は今も10万円。
ところが、
価値が目減りしているのだ。
「円高 → 円安」
で円の価値が下がったから。

たとえば、
3年前に10万円で行けた海外旅行は、
今は、13万円かかる。
つまり、今の13万円は、
3年前の10万円の価値しかないわけだ。
これで、元本保証と言われてもねぇ~。

ということで、
ここはガチで、
インフレ&円安に立ち向かおう。

まず、インフレは、
「物価上昇率 > 銀行利息」なので、
預金額が多いほど、預金期間が長いほど、
損をする。

さらに、円安では、
基軸通貨ドルに比べ、円の価値が下がるので、
銀行預金(円)が目減りする。

具体的には、
この3年間で円は37%下落しているので(円安)、
銀行預金100万円は63万円に目減りしている。
日本にいるとピンとこないが、
海外旅行に行けばヒシヒシと感じるだろう。

というわけで、
「インフレ&円安」では、
銀行預金は最悪(タンス預金を含む)。

じつは、このことを、
銀行自身が認めている。
昨年の暮れ、
定期預金しようとしたら、
銀行員に、
「定期にするなんてもったいないですよ」
と警告されたのだ。

では、銀行は何を勧めたのか?

一押しは「投信」。
※投信:株や債権を組み込んだ金融商品。

でも、僕はそうは思わない。

一押しは「自分自身」でしょ!

自分に投資して、良い仕事に就くこと。
これに優る投資、資産はないと思っている。

冷静に考えてみよう。

働くだけで、
毎月20万円以上もらえる。
つまり、年間240万円確実に増える、
そんな高利回りの資産ありますか?

これを銀行利息で稼ぐには、
100億円も預金する必要がある。
100億円、100億円ですよ!

100億円あれば、
増やす必要ないじゃん。

?!?

まあ、とにかく、
「自分=仕事」が一番の資産。
とくに大企業の社員や公務員は、
物価が上がっても、
給料もそれなりに上がるから、
インフレは(それなりに)ヘッジできる。

では、
安定した仕事があれば、
資産は不要かといえば、
この世はそんなに甘くない。

人生は災難に満ちているから。

たとえば、
洗濯機が壊れた、
家の屋根が壊れた、
謎の難病にかかった、
交通違反で罰金をくらった(最近は100万円超えも)
・・・・
これを給料で払える人は少ないだろう。

こんな不慮のトラブルに備えて、
貯金が必要なのだ。
保険で担保する方法もあるが、
万全を期すと、
保険料が膨れ上がり、
生活できなくなる(本末転倒ですね)。

ということで、
第一に、お仕事(生活費用)。
第二に、銀行預金(不慮のトラブルに備えて)。
そして、
残ったお金(余剰資金)を、
「インフレ&円安」に強い商品に投資するのである。

しつこいようだが、
投資は余剰資金だけでやること。
絶対に、生活資金を使ってはいけない。
投資で失敗するのはほとんどこのパターンだから。

というのも ・・・

お金持ちは、
誰かに騙されるか、
よほどオツムが弱くない限り、
投資で失敗することはない。

余剰資金でやるので、
中長期で構えられるから。

中長期でみれば、
どんな金融商品も上がったり、下がったりする。
だから、
のんびり構えて、
下がったとき買い、
上がったときに売ればいいのだ。

あたりまえ?

生活資金を使っていると、
これができない。
何か起こって、現金が必要になったとき、
損切りしなければならないから。

さらに、
中長期で行う投資は、
売る必要はない。
買い続ければいいのだ。

なぜなら、
中長期でみると、
経済は成長し続けているから。

1929年の世界恐慌
1987年のブラックマンデー、
2008年のサブプライムローン発リーマンショック
・・・・
いずれも、この世の終わりかと思われたが、
その度に乗り越えて、
経済は成長してきた。

だから、
資産は値上がりして、あたりまえ。
(但し、インチキ商品は別)

ではなぜ、
経済は成長を続けるのか?

経済の成長は、
1.労働力
2.資金
3.技術革新
の3つの要素で決まる。

歴史を長尺でみれば、
この3つは増加を続けている。

だから、
サブプライムローンみたいなインチキ商品や、
それを部品として組み込んだ危険な商品に手を出さず、
余剰資金で中長期的に構えれば、
たいていうまくいくのだ。

それじゃあ、
余剰資金のある金持ちは、より金持ちに、
余剰資金のない貧乏人は、ますます貧乏になるだけじゃないか。

それはそうだが、
愚痴を言っても始まらない。

われわれも、
金持ちの手法を真似ればいいのだ。

100万円を130万円にして何になるって?
100万円が70万円になるよりマシでしょう!

ということで・・・

まずは、
一生懸命働いて、
質素倹約して、
100万円の余剰資金をつくろう(1000万円、1億円でもいいですよ)。

つぎに、
余剰資金を「インフレ&円安」に強い商品に投資する。

問題は何に投資するかだが、
まずは、
インフレに強い商品からみていこう。

by R.B

関連情報