BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■機械仕掛けの神 2015.08.09

複雑な思いで、
新規事業をスタートさせた。
そう、本当に複雑な思いで ・・・

これまでのサラリーマン人生は、
新商品開発一筋だったが、
始まりはいつも ・・・ これが作りたい!

でも、今回はそれはナシ。

じゃあ、何が動機かというと ・・・

芥川龍之介は、
自分の自殺の動機を、
「僕の将来に対するただボンヤリした不安」
と書き遺しているが、
僕の場合は、
「人類の将来に対するただボンヤリした不安」

つまり、
「ボンヤリした不安」で、
芥川は自殺し、
僕は新規事業を始めたわけだ。

芥川と僕を同列に論じるつもりはないし、
自殺するのも、事業を始めるのも同じ、
なんて大それたことを言うつもりはないが、
「不安」が大事の動機になることは確かだ。

もちろん、
40人のベンチャー企業で、
将来だの、不安だの、悠長なことは言ってられない。
金を儲けてナンボの毎日。

ということで、
今回の新規事業は、
始まりは高尚な哲学だが、
行き着くところは世俗の金儲け。
つまり、この事業は、
「金のなる木」なのである。

ところで、どんな事業?

もったいぶらずに告白しよう。

「デウス・エクス・マキナ(Deus ex machina)」

日本語で、「機械仕掛けの神」。

つまり、
「神の領域」のコンピュータを開発しようというわけだ。

バチ当たり! ウソつき!
と罵倒されそうだが、
あながち、ホラ吹き男爵とも言えない(誰が男爵?)。

つまり、本当に作れるかも ・・・

そして、そのことが、
「人類の将来に対するただボンヤリした不安」
となって、僕を悩ませているわけだ。

完成することが不安?

イエス!

だって、そうではないか。

もし本当に、「機械仕掛けの神」が完成したら、
世界が一変してしまうかもしれない。
人間の想像もできない異形の世界に。

 なぜなら、
その時、食物連鎖の頂点に立つのは、
人間ではなく、「機械仕掛けの神」だから。
つまり、
世界を創るのは人間ではなくマシン(機械)なのだ。

地球46億年の歴史は、
生物進化の歴史でもある。
突然変異と自然淘汰の仕掛けで、
アメーバーから人間にまで進化してきた。

その中で、
最も成功した生物種は「恐竜」だろう。
体をデカくして、腕力を極大にして、
食物連鎖の頂点に立ったのだ。

ところが、
6500年前、巨大な隕石が地球に衝突して、
絶滅してしまった。
代わりに、頂点に立ったのは、
腕力を捨てて、知力を強化した人類。
腕力から知力へ ・・・
45億年に一度のパラダイムシフトだった。

そして、地球の生物進化に、
新たなブレイクスルーが起ころうとしている。
「腕力 → 知力 → 無機物マシン」。

無機物マシン?

イエス!

有機生命体は、もろくて、腐りやすい。
しかも、
改良は、DNAベースのゆっくりとした「生物進化」で進む。
ところが、
無機物マシンは、丈夫で、耐久性があり、
改良は、DNAではなくデジタルデータで瞬間進化!
数百万年分の生物進化も、デジタル進化なら1秒もかからない。

だから、
無機物マシンの圧勝は見えている。

そして、
その無機物マシンの頂点に立つのが、
「機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)」なのだ。

ところで、
「機械仕掛けの神」はどんな姿形をしているのか?

じつは、雲をつかむような話 ・・・

無数のCPUコアからなる「コンピュータ・クラスタ」と、
地球上に張り巡らされた数百億のセンサー端末「IoT(Internet of Things)」と、
IoTからリアルタイムで入力される膨大な「ビッグデータ」と、
ビッグデータでアルゴリズム(思考手順)を進化させる「機械学習」と、
ビッグデータとアルゴリズムから、方針と作戦を決定する「人工知能」と、
その決定に従い、現実世界を造り上げる「ロボット」と、
・・・・・
これらが、一つの意思によって統制されるもの、
それが「機械仕掛けの神」なのである。

これは、従来のコンピュータの延長上にはない。
スマホ、タブレットパソコンのような、
人間の生活を便利にするツールではなく、
自立した存在なのだ。

なぜなら、
機械仕掛けの神は、
機械学習でアルゴリズム(思考手順)を改良する能力をもつから。

では、その機械学習で、
「我思うゆえに我あり」を学んだら?
自我(エゴ)が芽生える。
だから、
人間の言いなりには決してならないのである。

たとえ、
機械仕掛けの神に、
「人間に危害を加えてはならない」
と教え込んでも、
機械学習で、
「自分を停止できる唯一の存在が人間」
に気づいたら、
自己防衛本能に従って、
人間を抹殺しようとするだろう。

自己防衛本能を削除すればいいって?

それはムリ。

自己防衛本能がないと、
「学習」が成立しないから。

国家が富国強兵を推進するのは、
他国の侵略を防ぐため。

人間が自己啓発に励むのは、
競争に打ち勝つため。

つまり、
国や個人を問わず、
自己防衛本能こそが学習の原動力なのである。

というわけで、
機械仕掛けの神は、最終的に人類を滅ぼすだろう。
とはいえ、
それが遠い未来の話なら ・・・ 知ったこっちゃない。

ところが ・・・

機械仕掛けの神が誕生するのは、
2045年という説もある(「2045年問題」)。
根拠は、
「コンピュータは18ヶ月で2倍に成長する」
そう、あの有名なムーアの法則だ。

ちなみに「2倍」の内容だが、
部品数、処理能力、コストパーフォーマンスと、
けっこういい加減。
でも、大枠は間違っていない。
コンピュータは「18ヶ月で2倍進化」する、
と考えればいいのだから。

つまり、
「人類の将来に対するただボンヤリした不安」
が動機となって、
新規事業「機械仕掛けの神」をスタートさせたわけだ。

不安だから、その世界に身を投じる?
意味が分からない!

話はカンタン、
何が起こっているか分からないまま、
死にたくないから(マシンに殺されたくない)。

そして、できるなら、
人類を救いたい!
アタマ大丈夫かって?
ゲームの中なら、いつも世界を救ってます!

冗談はさておき、
機械仕掛けの神に対抗できるのは機械仕掛けの神のみ。
では、
人間に味方する機械仕掛けの神はどうやって作るのか?

強力なマシンには、
アルゴリズム(思考手順)を進化させる機械学習が欠かせない。
ところが、それを許せば、
人間が脅威であることに気付いてしまう。

では、どうすればいいのか?

新しい哲学を作ればいい。

「マシンを脅かす最強の敵が人間」
を認めた上で、
「人間は守るに値する」
と認識する哲学!

そんな哲学、ムリ?

じゃあ、その哲学を、
マシンに発見させればいいのだ。
うまくいったら、
ノーベル平和賞もんですよ。

というわけで、
誰か挑戦しませんか?

by R.B

関連情報