BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■主人は1年、部下は3年 2013.01.27

主人は1年、部下は3年 ・・・

主人を見極めるには1年で十分だが、
部下を見極めるには3年かかる、
という意味。
主人より部下のほうが評価が難しいわけだ。

で、その根拠は?

主人は高い所に鎮座して、
部下はそれを見上げ、
鼻毛までお見通し。
だから、
部下の方が観察しやすい、
というわけだ。

では、
これを会社に当てはめると、
どうなるか?

まず、
主人=社長、
部下=社長以外
として、
「社長は1年、部下は3年」
は成立するか?

確信はないが ・・・ たぶん、イエス。

これまで勤務した会社は、
① N社(東証一部上場企業)
② V社(100人のベンチャー企業)
③ H社(350人の老舗の中堅企業)
④ D社(35人のミニベンチャー企業)
の4社だが ・・・

N社の社長は、
面接試験と入社式以外見たことがないので、
何とも言えないが、
その他の社長は、
本性が見えるまで1年もかからなかった(と思う)。

というのも、
社長というのは、
会社で一番偉い人なわけで、
部下に気を遣う必要はない。
だから、
いつも地でやっている。
そのぶん、
本性は丸見え。

一方、
部下は常に社長の目を気にしている。
昇給、昇進は社長の腹一つだし、
ヘタをすると、
リストラされるから。

つまり、
社長は地でやるが、
部下は偽装する。

そのため、
部下の「良し悪し」を見分けるには、
偽装を見破る必要があり、
そのぶん、
時間がかかるというわけだ。

ゆえに、
社長は1年、部下は3年 ・・・

大ざっぱだが、
当たらずとも遠からずだろう。

ところで、
「良し悪し」って何?

たとえば、「良い」部下とは?

これは至極簡単。
頭が切れて、
行動力があって、
リーダーシップがあって、
忠誠心が高い。

まさに、
神スペックだが、
理論上の話で、
実在するかどうかはわからない。
(僕は見たことはない)

だいたい、
「頭脳明晰 &行動力OK & リーダーシップOK」
なら、
いつかは独立するだろう。
つまり、
忠誠心は低い。

いくら有能でも、
辞めたら元も子もないので、
「良い部下」の条件に、
忠誠心は欠かせない?

でも ・・・

「辞めない=忠誠心が高い」
とは限らない。
会社を興すなんて夢物語だし、
よその会社じゃ勤まらないし、
会社辞めるのもメンドーだし、
居座るしかないよねー、
の人もたくさんいる。
もちろん、この場合、
「忠誠心」は関係ない。

だいたい、
人材の宝庫「三国志」でも、
「忠誠心付き」の切れ者は、
諸葛亮孔明と姜維(きょうい)ぐらいだろう。

というわけで、
良い社員、悪い社員の定義は難しい。

では、社長はどうか?
ズバリ、
「良い社長」とは?

じつは、これも難しい。

たとえば、
部下に仕事を任す、
高給をおしげもなく払う、
自分の子供に後を継がせない。

なるほど、
これなら立派な社長だ。
ところが、
見方を変えれば ・・・

【部下に仕事を任す】
実務が面倒臭いだけでしょ?
スティーブン ジョブズ」見習ってよ。
あんな大会社(アップル)のCEOでさえ、
死の直前まで、
実務(開発)やってたんだから。

【高給をおしげもなく払う】
カネでしか、
部下のモチベーション上げられない?
芸がないなぁ。
それに、
おカネは麻薬と同じで、
増やすほど効かなくなるのに。

じつは、
これを説明する
「ハーズバーグの2要因理論」
なる経営理論がある。

部下の「満足」、「不満」は、
別の要因だというのだ。

まず、「動機付け要因」。
たとえば、
仕事で何かを達成し、
それが認められ、
昇進すると、
強い「満足感」を覚え、
仕事のモチベーション(動機付け)につながる。
ただし、
これがなくても、
「不満」を覚えるわけではない。

次に、「衛生要因」。
たとえば、
作業環境が劣悪(狭い、汚い、暑い、寒い)、
人間関係が悪い、
給与が安いと、
強い「不満」を覚える。
ただし、
これが満たされても、
「満足感」は得られない。

つまり、こういうこと。

給料が低いと、「不満」だが、
高くても、「満足感」はえられない。
だから、
給料でモチベーションを上げるのは邪道、
というわけだ。
もっとも、
マネーゲーム業界は「カネ」しかないだろうが。

でも、
マネーゲームでなくても、
高い報酬で「満足」が得られるケースが、
あるような気もする。
そこで、
こう考えてはどうだろう。

自分は何もしていないのに、
会社の売上が伸びて、
給料がドーンと増えた。
その時はとりあえず、
「ヤッター!」

でも、1年後に、
そのシーンをイメージした時、
「満足感」を得られるだろうか?

逆に、自分が、
驚異的な売上を記録した、
あるいは、
画期的な商品を開発して、
会社から称賛され、
昇進したとする。
そのときの満足感は、
50年経っても、
昨日のことのように思い出せるだろう。

つまり、
ただの嬉しい、ではなく、
「感動付き」の嬉しい、かどうかが分かれ目になる。
もちろん、
モチベーションにつながるのは後者だ。

話を「良い社長」に戻そう。

【自分の子供に後を継がせない】
たしかに、立派に見えるが、
子供が会社に夢も希望も感じないので、
継いでくれないのでは?
あるいは、
会社が倒産寸前で、
コワくて継げないとか。
(子供が継げないものは他人は継げません)

また、
代々、子孫に継がせるなら、
100年企業を目指すだろうが、
他人に継がせるなら、
自分がいる間、もってくればいい、
と考えても不思議ではない。

バッサリ言うと ・・・

このタイプの社長は、
善良だが、
会社に対する愛着がない。
もっと言えば、
会社や仕事に対して”熱い”ものがない。
当然、
”熱い”部下は、
モチベーションが上がらない。

ということで、
社長は見方を変えただけで、
良い社長にも、悪い社長にもなる。

こういう話をすると ・・・

あー、社長なんかやっとれん!
何を言っても、何をしても、
ケチをつけられる。
世の人は我を何とも言わば言え、
我なすこと、我のみぞ知る、
ゆえに、
我キャバクラに行かん!

よくわからんが、
2代目社長に多いタイプだ。

ところが、
創業社長は別格。
はじめに光あれ、
会社の創造主なのだから。
頭は切れるし、馬力はあるし、リーダーシップはあるし ・・・
と言いたいところだが、
そうでもない。

ただ、
成功する創業者には、
必須の資質があるような気がする。

まず、頭がいいこと。
もちろん、
学歴(読み書きソロバン)のことではない。
真実を見抜き、
問題解決の方法を見つける脳力である。

そして、カリスマ。

これさえあれば、
感情をあらわに怒鳴り散らそうが、
何度失敗しようが、
人はついてくる。
ただし、
30人ぐらいの会社なら、
切れ者が1、2人は必要だろう。
でないと、
日常業務がまわらないので。

ところで、
カリスマとは?

人を引き寄せる磁石みたいなもの。

無実の罪で怒鳴られて、
社長なんか死んでしまぇー、
と、はらわたが煮えくりかえるのに、
翌日には、
社長の顔が見たくなるような ・・・
(いたなー、そんな社長)

まぁ、
こんなあいまいなもので、
良し悪しが決まるわけだから、
「良い社長」など、
定義できるわけがない。
あえていえば、
持って生まれた「運命(ほし)」だろうか。

by R.B

関連情報