BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ再び・お土産 2012.07.28

前回同様、
帰りの荷造りが大変だった。
トランクに荷物が入り切らないのだ。
前回よりお土産を減らしたはずなのに ・・・

そこで、
買ったモノをテーブルに並べてみた。
まずは食べ物系 ・・・
マカオ名物の干し肉(左側)とクッキー(右側)↓

Macao2012_Cake

この干し肉は、
ホテルのショップで買ったものだが、
「日持ち」を意識してか、
真空パックされている。

一方、
街中で売られている干し肉は、
現物そのまま。
なので、
真空パック版ほどは日持ちしないだろうが、
ほぼ半額。

もっとも、
今回、真空パック版を買ったのは、
「長持ち」のためではない。
そもそも、
干し肉は日本には持ち込めないので。
(日本への肉製品の持ち込みは全面禁止)

では、なぜ真空パック?

野ざらし同然の干し肉を、
食べる勇気がなかっただけ。
聞くところによると、
日本人は、
バイ菌のザコキャラでもイチコロらしいので。

ということで、
入国時に没収されるのもバカバカしいので、
荷造りしながら食べてしまった。
今回買った干し肉は2種類 ・・・

1.真空極品猪柳(76 HK$=760円)
豚肉?肉薄で、臭いがきついが、スパイシー。

2.真空頂級黒椒牛柳(100 HK$=1000円)
牛肉?スパイシーではないが、肉厚で軟らかい。

で、肝心のお味は?
ただのビーフジャーキーだと思っていたが、
とんでもない。
干し肉というより、
肉料理にちかい。
水分を適度に含み、
柔らかくて、ジューシー。
酒のつまみはもちろん、
おやつでもOKだ。
(たぶん、やみつきになる)。

つぎに、マカオ名物の「クッキー」。
パリパリして香ばしいので、
前回も好評だった。
ただし、
防腐剤をつかっていないので、
賞味期間は1ヶ月。

あと、
チョコレート類もたくさんあったが、
重くてかさばるので、
買わなかった。
それに、
わざわざマカオまで来て、
中国製のチョコを持ち帰るのもバカバカしいので。

そもそも、
マカオの産業は、
カジノをのぞけば、
線香と爆竹しかない。
(干し肉とクッキーはマカオ製)

つぎに、
「ランチョンマット」↓

Macao2012_LanchMat

2枚セットで、
収納袋もついている。
袋は朱色をベースに、金色の装飾で、
いかにも中国風。
ただし、
描かれているのは、
すべてポルトガルのもの。

生地はしっかりしているし、
食卓、装飾、様々な用途に使える。
しかも、
値段も1000円と手頃なので、
おすすめだ。
(でも、去年は800円だったぞ)

ホテルのショップで、
よく見かけたのが、
「仮面舞踏会のマスク」↓

Macao2012_Mask

イタリアのヴェネツィア発祥で、
「マスカレイド」、「バル・マスケ」ともよばれる。
値段は、
2000円~3万円とピンキリ。
原料は紙と羽なので、
ほとんどがデザイン料だろう。
そういえば、
ショップで写真をとっていた女性が、
注意されていた。

2000円のマスクも十分綺麗なのだが、
高いものと比べると、
その差は歴然としている。
値が張るほど精緻で上品、
そして、
見ていて飽きない。

ショップの店員が、
イタリアから取り寄せたという
「COLOMBIA STRUZZO CENTR(↑写真)」
をしきりに勧めるので、
吟味もせずに買ってしまった。
990 HK$(約1万円)と高いが、
そもそも、
非日用品に「安い」は意味がないので。

部屋にもどって、
マスクをかぶってみたが、
不思議なほど似合わない。
さて、
何に使ったものか?

つぎに、
時計付きオルゴール「MERRY GO AROUND W CLOCK」↓

Macao2012_MerryGoLand

ゼンマイ式らしく、
上部を回すと、
音楽を奏でながら、
メリーゴーランドが回る。
彩色が鮮やかで、
328 HK$(約3000円)と安いので、
衝動買いしてしまった。
ところが、
帰国して大仰天!

時計付きなので、
バッテリーの交換方法を確かめようと、
分解したが、
それが災いの元だった。

ネジを2本はずすと、
「ゴツン」と不吉な音がした。
何が起こったか調べようと、
中フタをはずそうとしたが、
はずれない。
なんと、
中フタがボンドで固定してあるではないか。
あのネジは何のためにあるのだ?

そこで、
ボンドを削り落とし、
むりやり中フタをあけると、
オルゴール部分が転がっていた。
先の2本のネジは、
オルゴール部分を中フタに固定していたのだ。

ところが、
どこを捜しても、
バッテリーが見あたらない。
時計部に直づけ?
電池が切れたらどうするのだ?

問題はそれだけではない。
時刻を日本時間に設定しようとしたが、
その仕掛けがない!
おかげで、
今でもマカオ時間のまま。
装飾品が消耗品?!

ということで、
なんだかんだと、
ヘンなものを買ってるなぁ。
結局、トランクに入りきらず、
手荷物が2つになってしまった。

翌朝、5時に起床。
枕元にチップ10パタカ(100円)おく。
ところが、
後でガイドのNさんに聞くと、
マカオのホテルはチップが不要だという。
宿泊客の80%を占める中国人に、
チップの習慣がないから。

とはいえ、
「パタカ」を持ち帰っても、
円に交換できないし、
メモ用紙にもならない。
チップに使うしかないな。

6時15分、
ホテルの西口ロビーに集合。
ガイドのNさんが迎えに来る。
マイクロバスで、
一路フェリーターミナルへ。

フェリーターミナルからは、
シーエクスプレス(高速船)が出ていて、
香港空港までノンストップ行ける。
ただ、
出国手続きは、
香港空港ではなく、
マカオのフェリーターミナルで行う。
なので、
フェリーターミナルで荷物を預ければ、
次に関空で受け取れる。
これは楽ちんだ。

親切なNさんは、
最後に出国手続きまで代行してくれた。
(後でこの親切がアダに)

Nさんに別れを告げ、
シーエキスプレスで香港空港へ。
ところが、
香港空港で問題発生。

香港航空のカウンターで、
eチケット(航空券の引換券)を見せたが、
係員が、
「荷物を持ってるでしょ?
荷物を出してください」
と、早口の英語でまくしたてる。

あれ?
確か荷物は、
関空でそのまま受け取れるはずだが ・・・
それを係員に説明するが、
なかなか通じない。
香港人の英語はなまりがつよく、
機関銃みたいに速いし、
こっちの英語もいいかげんなので。

スッタモンダの挙げ句、
ようやく謎がとけた。
よく見ると、
僕のeチケットに、
預けた荷物のシールが貼ってない!
では、僕の荷物シールはどこへいった?
同行したディレクターのeチケットに貼ってあった。

そこで、
Nさんが出国手続きをしてくれたことを思い出した。
Nさんは、
3人分の荷物シールを、
ディレクターのeチケットにまとめて貼ったのだ!

係員に、
ディレクターのeチケットを提示して、
3人を指さして、
「group」
というと、やっと話が通じた。
ヤレヤレ ・・・

よく見ると、
カウンターの係員がとても美人だったので、
にっこり笑って、
「Finished?」
と言うと、
彼女もにっこり笑って、
指でOkマークつくって、
「Ok!」
超かわいい。
一生の思い出だな(大げさな)。

搭乗手続きを終え、
香港国際空港の中へ。
そこで、
カミサンにお土産を買おうと思ったが、
何を買っていいか分からない。
品行方正な人生を送ってきたので、
女性にプレゼントしたことがないのだ。
(ウソつけ)

同行した新人が、
姉さんのお土産にクリスチャンディオールの香水を買うという。
そこで、彼に、
「姉さんはオシャレか?」
と聞くと、
「はい、オシャレには気を遣うほうです」

ん~、なら、
クリスチャンディオールで間違いないかも。
そこで、
いつも貧乏な思いをさせているカミサンに
奮発して、
クリスチャン ディオールの香水「CD MDC EDT 100ML」
を買った。
890 HK$(約1万円)なので、
機嫌を損ねることはないだろう。

その後、
香港ドルをすべて円に替えた。
(ケチなので、余ったドルでお土産を買うようなことはしない)
交換所の係員が、
僕の顔を見るなり、
「Japanese Yen?」
なんでわかるのだ?
マカオではいつも、
「Chenese」に見られたのに。

11:10発UO616便(UOは香港航空)で、
一路関空へ、
のはずだったが、
一向に離陸しない。
やがて、
「気候が不安定なので ・・・」
という機長のアナウンスがあった。

結局、
1時間遅れで、飛行機は飛び立った。

飛行機の中で、
同行したディレクターと新人で、
カジノのホテルについて熱く語り合った。
あーだこーだ、
議論は白熱したが、
どのホテルも特徴があって、
甲乙つけがたい。

たとえば、
今回宿泊した「ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテル」
は、「クラシックで絢爛豪華」↓

Macao_Venetian_Front

内装はロココ式で統一され、
まるで中世ヨーロッパの宮殿だ。

一方、
「ギャラクシー ホテル マカオ」は、
「現代的」↓

Macao2012_Hotel_Galaxy

ロビーには、
スーパーモデルがいて、
「並んで撮影」にも応じてくれるし、
総じてサービスがいい。
また、
カジノも、ベネチアンより照明が明るい。
最近、ラスベガスのホテルはファミリー層を狙っているらしいが、
方向性は同じだろう。

一方、
香港資本を代表するホテル「グランドリスボア」は、
東洋風↓

Macao2012_Hotel_LisboaIn

ただし、カジノは、
中国風というよりは、
東南アジアっぽい。
一種独特の雰囲気だ。

ということで、
それぞれ差別化に成功しているが、
僕としては、
宿泊したベネチアンが一番気に入っている。
ホテル全体が、
まばゆいばかりに「絢爛豪華」なのに、
圧迫感がない。
カジノも適度に暗くて、
賭け事をするには、
いい雰囲気だ。
それに食事も安くておいしい。

マカオ談義に花を咲かせているうちに、
飛行機はあっという間に、
関空に着いた。

そして、
しばらくして、
あることに気づいた ・・・

元々、眠りが浅く、
1晩で数回も目が覚めるのに、
グッスリ眠れるのだ。
ところが、
2週間経つと、
元に戻ってしまった。

ひょっとして ・・・

眠りが浅いのは、
遺伝のせいだと思っていたが、
本当はストレスが原因だった?

たしかに、
マカオは性に合っている気がする。
街並みはどことなく好きだし、
カジノは適度の緊張感があって楽しいし、
ショーも素晴らしい。
それに、
食べ物は口にあうし、
ホテルの部屋は広く豪華で、
くつろげる。
何から何まで心地良いのだ。

ということで、
年に一度は、
マカオ式「心の治療」が必要かも ・・・

by R.B

関連情報