BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ再び・水舞間(水のショー) 2012.07.21

マカオはカジノの街だが、
他にも楽しみはある。
世界遺産巡りもいいが、
やはり、
ラスベガスバージョンの「ショー」は必見。

そのショーだが、
昨年、マカオで、
シルク・ド・ソレイユ「ZAIA」を観て、
いたく感動したので、
今回は出発前に予約することにした。
ところが、
すでに打ち切り ・・・
あんなすごいショーなのに、
なぜ?

それを会長にぼやくと、
「有名な水のショーがあるから、それにしたら」
とアドバイスされた。
さすが、マカオ通、
マカオのことは何でも知っている。

さっそく、調べると ・・・

【ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)】
・世界最大の水のショー
・制作費2億香港ドル(20億円)
・オリンピックプール5杯分の水を使う
・開幕から2ヶ月で10万人の入場者
・マカオ人・香港人の間で話題が絶えない人気エンターテイメント
・マカオに来たら必見のショー

よくわからんが、スゴそうだ。
誇大広告分を差し引いても、
観る価値はあるかも。

ところが ・・・

・チケット入手が困難で、良い席は数ヶ月先まで埋まっている
という情報もある。

そこで、
すぐに予約を入れた。
席のグレードは4つある。
・VIP席:1280パタカ
・A席:880パタカ
・B席:680パタカ
・C席:380パタカ
※パタカ:マカオ通貨。1パタカ=約10円

この手のショーは、
VIP席はステージに近すぎて、
全体が把握しずらい。
それに最前列だと、
ピエロにいじられるのがメンドーだ。
そこで、
A席で予約した(約9000円)。

前回に続き、
今回のマカオ出張も、
会長の友人の広告代理店に丸投げした。
その分高くつくのだが、
それを補ってあまりあるものがある。

たとえば、
ガイドとマイクロバスがつくので、
市内観光はもちろん、
空港 → ホテル(行き)、
ホテル → フェリーターミナル(帰り)、
さらに、
ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)の送迎もしてくれる。
しかも、
24時間電話対応なので、
病気のときも安心だ。
伸るか反るかのときに、
中国語で診察はうけたくない。

え?マカオは英語が通じるのでは?

ガイド本には、
ちゃんとした所では英語が通じるとあるが、
期待しない方がいい。
街中やタクシーは×、
一流ホテルでも、
英語を話すのはフロントぐらい。
しかも、
独特のチャイニーズ・イングリッシュで、
まず、聞き取れない。
命はお金に代えられませんよ。

そして、
一番のメリットは、
ガイドさんから、
ガイドブックに載っていない秘密情報?が得られること。

マカオは特殊な地域だ。
中国の影響を受けつつ、
独自の”カジノ”経済を発展させている。
しかも、
巨額のチャイナマネーが流入し、
マネーロンダリング(不法に得た資金の出所を隠す)
のウワサもたえない。
だから、
ガイドさんの裏情報はドキドキして楽しい。

ただ今回は、
「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」で、
「送迎」のありがたみも痛感した。
ショーの会場はシティ・オブ・ドリームス(ホテル)で、
宿泊しているベネチアン・ホテルから近いのだが、
徒歩で行くのはつらい。

ベネチアンやシティ・オブ・ドリームスがあるコタイ地区は、
夜道が暗いうえ、
ホテルばかりで位置がつかみにくいからだ。
なので、タクシーが無難。

ところが、
行きはいいとして、
帰りが大変だ。
ショーが終わると、
大勢の客が一気に帰るので、
タクシー乗り場に長蛇の列ができる。
実際、
ベネチアンでも、
夕方になるとタクシー乗り場は長蛇の列だ。
なので、
マイクロバスの送迎は本当に重宝する。

午後7時過ぎに、
ガイドのNさんがマイクロバスで迎えに来る。

Nさん曰く、
「ウォーターショー(水舞間)は凄い人気なんです。
そのせいで、
シルク・ド・ソレイユ『ZAIA』はお客を取られて、
中止に追い込まれたんですよ」

ZAIAが打ち切りになった理由はこれか?
ん~、期待が膨らむ ・・・

開演20分前に会場に入る。
席は少し分かりにくいが、
係員に聞けば、
マカオ式に簡素に教えてくれる。
ZAIA同様、広くて天井が高い。
ウォーターショーなので、
中央に直径20mほどの円形プールがある。

Nさんによれば、
写真撮影はOKらしい。
マジか?
この手のショーでは考えられない!
さすがマカオというか、大らかというか ・・・
ただし、フラッシュは×。
基本、曲芸なので、
命にかかわるから。

午後8時ちょうどに、
ショーが始まる。

背景に、
映画「ブレードランナー」ような映像が映し出され、
中国人が小船を漕いで現れる(王国の王子)。
そこに、
異国の漂流者が海岸に流れ着き、
トートツに、
天から鳥籠(とりかご)が降りてくる。
その中に美しい女性がいて、
異国の漂流者が一目ぼれ、
以後、彼女の味方になる、
という設定。
(意味が分からん)

じつは、
彼女は王国の王女で、
王女の母「蛇の女王」によって、
命を狙われていた。
蛇の女王は、
自分の息子を王位に就かせたかったのである。

こうして、
王女と異国の漂流者、
それを助ける者、
それを害しようとする者の戦いが始まる。

ようわからんストーリーだが、
気にすることはない。
この手のショーは、
音楽とビジュアルがキモなので。

基本、水のショーなので、
水を使った肉体パーフォーマンスが多い↓

Macao2012_Show_Water

水と光は相性がいいので、
こんな幻想的な演出も↓

Macao2012_Show_Queen

鳥籠の王女は、
どうやらこの物語の主役らしい。
すべての演出が、
王女を中心に構成されているからだ。

跳んだりはねたり、
遠目でみると凄い美人、
圧倒的な存在感がある↓

Macao2012_Show_Heroin

ところが、アップにすると↓

Macao2012_Show_FayeLeung_Up

ちょっと微妙 ・・・

この王女を演じるのは、
「フェイ レオン(Faye Leung)」。
元、香港バレー団の主役級のダンサー(Principal dancer)で、
ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターの主演に抜擢されたのだという。
英語、広東語、北京語が堪能、
ここまではいいのだが、
”水”が大の苦手らしい(これは笑うわ)。

そして 今では、
香港、マカオを代表するスーパースターらしい。
グッズ売り場では、
彼女の生い立ちから現在にいたるまでのサクセスストーリー本を売っていた。

ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)は、
「ウォータースペクタクル」銘打つだけあって、
水を使った演出を極めている。
たとえば、
吹き上げた水の壁に映像を投影する演出↓

Macao2012_Show_WaterMirror

ところが、
ショーの中盤、
突如、プールの水が引いて、
バイクの曲芸場へ早変わり。
ストーリーとどんな関係があるのだ?

Macao2012_Show_Bike

一見すると、
ありがちなバイクの曲芸だが、
下が水でビショビショ、
よくすべらないな ・・・

ところが、
あとで、ガイドのNさんに聞いたところ、
”よくすべる”らしい。
本番でもバイク事故があったという。
コワイコワイ。

「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」は、
1時間半ほどのショーだが、
総じて完成度は高い。
制作は、著名なショーメーカー「フランコ・ドラゴーヌ(Franco Dragone)」。
彼は、ラスベガスで絶賛された水のショー「O(オー)」や、
「ミステール」も手がけている。

また、
ドラゴーヌは「シルク・ド・ソレイユ」の制作にかかわったことがあり、
そのせいか、
ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターは、
シルク・ド・ソレイユの匂いがプンプンする。
ただ、
この手のショーを極めると、
こういう文法に行き着くのだろうが。

そこで、
これまで観た3つのショーを比較してみよう。
シルク・ド・ソレイユ「ZAIA」(マカオ:既に終了)
シルク・ド・ソレイユ「ZED」(東京:既に終了)
・「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター水舞間」(マカオ:上演中)

共通点は、
シルク・ド・ソレイユの文法 ・・・
1.サーカス+バレエ
2.人間離れした肉体パーフォーマンス
3.空中パーフォーマンス
4.高い芸術性

そこで、
項目別に比較すると ・・・

「肉体パーフォーマンス」は、
ZAIAが他を圧倒する。
人間業とは思えなかった ・・・

「空中パーフォーマンス」も、
ZAIAが他を圧倒。
空中を飛び交う超技は、
夢かCGかと思うほど ・・・

「芸術性」も、
ZAIAが一番。
ただし、
フェイ レオンの「舞」は息を呑むほど美しく、
存在感も圧倒的。
なので、
気分次第で、
「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター水舞間」が一番もあり?

あと、
音楽も「ZAIA」が一番。
曲はいいし、
生オペラの声楽が魂を揺さぶる ・・・
(CDを買った)

ということで、
東京のシルク・ド・ソレイユ「ZED」は、
ぱっとしない。
すべてが”こぢんまり”して、中途半端。
だから、
いの一番に打ち切りになったのだろう。

ショーが終わって、
ホテルの外にでると、
タクシー待ちで長蛇の列。
やっぱり ・・・

そこで、
ガイドのNさんが来て、
マイクロバスで脱出する。
感謝感謝。

ホテルに帰ると、午後10時。
ほとんどのレストランは、
ラストオーダーの時間だ。
そこで、
カジノの中の中華レストラン(24時間営業)で、
夕食をとった。

メニューは、
写真が付いてないので、
何がなんやらサッパリ。
ただ今回は、会長から、
「あのレストランは日本語のメニューがある」
と入れ知恵されていた。
そこで、
日本語のメニューはないか聞くと、
あるという。
ラッキー、
これで救われた。

メニューは、
中華料理中心で、
普通に美味い。
食べたのは ・・・

“Kong Po” Prawn(エビチリ:エビがプリプリしてうまい):108HK$(1000円)

Fried Pork Ribs(豚肉のスペアリブ:普通にうまい):78HK$(780円)

Yang Zhou F/Rice(チャーハン:かなりうまい):60HK$(600円)

XO Beef Noodle(どんな料理か忘れた):63HK$(630円)

Orange Juice(オレンジジュース):35HK$(350円)

Macau Beer(マカオビール):180HK$(4本:@45)(1本450円)

Heineken beer(ハイネッケンビール):45HK$(450円)

Tsing Tao(青島ビール):135HK$(3本:@45)(1本450円)

Bai Mu Dan(白牡丹・茶):24HK$(3杯:@8)(1杯80円)

以上、
3人で飲み食いして、
合計 728HK$(8000円弱)。
1人2500円!?
あんまり安いので、
僕がおごることにした。
(先輩風を吹かすだけ吹かして)

部屋に帰ると、
土産物の整理が待っていた。
明日、帰国なので、
今晩中にトランクに詰めこまなければならない。
全部、入るかな?

by R.B

関連情報