BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ再び・ポルトガル料理 2012.06.30

マカオ2日目、
カジノの戦績は、
僕とディレクターは2万円の勝ち、
新人プログラマーは2万円の負け。

ということで、
カジノって楽しいなーの世界。
これですめば、
みんなハッピーだったのだが ・・・

夕方、
ケータイに電話が入る。
取引先の事業部長さんからだ。
本社の専務、営業部長、香港法人の社長も
マカオに来ているので、
いっしょに食事しませんか、
というお誘い。

6時半に、
ギャラクシー・ホテルの正門で待ち合わせすることになった。
ギャラクシーは、
宿泊しているベネチアン・マカオ・リゾートのすぐ隣にある。
ただ、「隣」といっても、
日本とは事情が違う。
ここコタイ地区は、
カジノホテル専用地区で、
だだっ広い上、
道が入り組んでいて、
位置が把握しにくい。

不安を感じたので、
1時間前にホテルを出た。
いい歳こいて、
迷子で遅れました、
では末代までの恥なので。

ギャラクシー・ホテルの近くまで行ったが、
とにかく巨大。
見上げると、
首が折れそうになる↓

Macao2012_Hotel_GalaxyOut

正門、正門、正門 ・・・ 一体どこだ?
入り口がたくさんあって、
サッパリわからない。
ホテルのボーイに聞いて、
ひたすら、歩く。
結局、20分もかかった。
視覚上は、目と鼻の先なのに。
(信じられん)

ギャラクシー・ホテルに入ると、
スーパーモデルのような女性が2人立って、
愛想を振りまいている。
小太りの中年男が、
スーパーモデルと並んで写真を撮っている。
モデルのヒザの位置が、
男性の股間あたり。
あんな恥ずかしい写真、
誰に見せるのだろう。

正門入り口あたりで、
取引先一行を発見する。
8人ぐらい?
思ったより大人数だ。
簡単な挨拶の後、
名刺交換する。

ウチの3名をふくめ、
総勢11人でタクシーに分乗し、
マカオ市街に行く。
セナド広場の近くで降りて、
細い道を少し歩くと、
店の看板が見えてきた。
ポルトガル料理「九如坊(Restaurante Platao)」↓

Macao2012_Plata

香港法人の社長のお気に入りの店だそうで、
マカオではかなり有名だという。
入り口に、
巨大な扇風機が回っていて、
なまぬるい風を吹きかけてくる。
なんか意味あるのかな?

中に入ると、
けっこう狭い。
先の香港法人の社長が、
テキパキと料理を注文する。
さすが行きつけ、
手際がいい。

まずはポルトガルビールで乾杯。
ところが、このポルトガルビール(Sagres)、
独特の甘みがあって、
なかなか美味い。
以前、世界中のビールを取り寄せて、
試したことがあるが、
その中でも、トップクラスだ。
(一番はインドの「マハラジャ」)

ビールに飽きると、
次はポルトガルワイン、
そして、最後はウィスキー、
と、順序よく飲んで、
そこそこ酔っぱらった。

肝心のポルトガル料理だが、
去年行ったポルトガル料理店より美味い。

中でも美味しかったのは、
米をトマトで煮込んだ料理(リゾット?)↓

Macao2012_PortDinner

テーブルにドンと置かれたとき、
グツグツ煮立って、
まるで地獄の釜 ・・・
ところが、
食べた瞬間、
みんな口をそろえて、
「美味い!」
たかがご飯、されどご飯、
ご飯がこんなに美味いとは ・・・

つぎに、
ポルトガル料理定番のソーセージ、卵、肉。
こちらも、スパイスが効いて美味しい。
元々、ポルトガル料理は味が濃いのだが、
「九如坊」は少し薄味で、
日本人には合っていると思う。

対面の若い営業マンは、
香港の支店で働いているという。
マカオは近いので、
オフで、よく遊びに来るらしい。
(香港ーマカオはシーエクスプレスで1時間弱)
もちろん、
目的はカジノ。
そこで、
戦績を聞くと、
話をそらされてしまった。

左横の若い営業マンは、
東京本社から、
専務のカバン持ちで来たという。
昨日、回遊魚(大陸小姐)と遊んだらしいが、
どこか不満げ。

そこで、話を聞くと ・・・

あれはダメ、これはダメと、
制限が多く、
ことが終わったあとは、
一転して、冷淡になったという。
中国人は冷たい、
とぼやいていた。

HK$ 1500と言われたんですけど、
HK$ 1000に値切ったせいですかね、
と僕に聞く。
あーいう遊びはロシアンルーレットなので(HIV弾)、
僕は興味ありません、
とも言えないので、
そうかもしれませんねぇ、
とお茶を濁しておいた。

一方、
香港法人の社長ともなると、
話の格が違う。

この社長は香港が長いらしいが、
その中で印象に残ったのが、
天安門事件と、
マカオのカジノ抗争だったという。

天安門事件とは、
1989年、民主化を求めるデモ隊と軍・警察が衝突して、
多数の死傷者を出した事件。
このとき、
多数の中国人が、
広東省から川(水道)を泳いで、
マカオに流れ込んだという(不法入国)。
この事件は、
中国、マカオ、香港では、
大変な騒ぎだったらしい。

そして、
マカオのカジノ抗争。

それまで、
マカオのカジノの運営権は、
マカオの「カジノ王」スタンレー・ホーが独占していた。
ところが、
1999年、マカオが中国に返還されると、
ホーは独占権を失う。

そこで、台頭してきたのが、
アメリカのラスベガス資本だった。
その後、
カジノの覇権を争って、
血で血を洗う壮絶な抗争が、
繰り広げられたという。

その結果、
現在、マカオのカジノは、
ラスベガス資本、
スタンレー・ホーのマカオ・香港資本が
共存している。
最近では、
オーストラリア資本も進出しているという。

というわけで、
去年のマカオにつづいて、
今年もごちそうになり、
楽しい話まで聞かせていただいて、
取引先のみなさんに、シェシェ(謝々)。

食事が終わると、
みんなで、街を散策しようということになった。
マカオのセナド広場は、
世界遺産が集中していて、
観光のコストパーフォーマンスは世界一だ。

香港法人の社長の案内で、
まずは、マカオ歴史地区の顔、
「聖ポール天主堂」にむかった。

その道すがら、
幻想的な路地を発見↓

Macao2012_NightSenad

一見、南欧風だが、
マカオの土地事情を反映して(人口密度世界一)、
こぢんまりしている。
それにしても、
みごとな縦列駐車だ。
マカオではこの超技をマスターしないと、
免許が取れない。
(ホントだぞ)

そのすぐ右横に、
聖ポール天主堂があった。
世界遺産なのに、
ライトアップがイマイチで、
ぱっとしない(昼の方がいい)。

振り向くと、
遠くに、「グランドリスボア」の頂上が見える↓

Macao2012_Hotel_LisboaOut

グランドリスボアは、
先のスタンレー・ホーが所有する旗艦ホテルだ。
SF映画を地でいくような建物で、
インパクトがハンパじゃない。
あんな頭でっかちで、
よく倒れないものだ。
日本なら建築許可はまずおりないだろう。

このグランドリスボアは、
マカオのカジノの顔。
そこで、
リスボアで一勝負しよう、
ということになった。

その道すがら、
世界遺産の「聖ドミニコ教会」を発見。
聖ポール天主堂と違って、
夜の街に映える。
壁がイエローとグリーンで着色されているからだろう↓

Macao2012_NightStDominico

10分ほどで、
グランドリスボアに着く。
カジノの雰囲気が、
ベネチアンやギャラクシーとまるで違う。
あか抜けてはいないが、
やぼったいわけでもなく、
中国というより、
東南アジア風。
曰く言い難し、
独特の雰囲気がある。

正門正面に、
創業者スタンレー・ホーが鎮座している↓

Macao2012_StanleyHo

スタンレー・ホーは、
香港とマカオに広大な土地を持つ大地主、カジノ王、
そして、今でもマカオのドンだ。
有名なマカオタワーもホーの所有だし、
彼の名をとった「通り(ストリート)」まである。
マカオで一番偉いのは、
行政長官だが(ポルトガル統治時代は総督)、
実力では、
スタンレー・ホーが上だという。

一般に、
マカオのカジノは、
丁半バクチ系が人気がある。
客の8割を占める中国人が、
大好きだから。
というわけで、
グランドリスボアも、
スロットマシンは少なく、
ほとんどが、丁半バクチ系。
中でも人気があるのは、
大小(サイコロゲーム)とバカラ(トランプゲーム)。

本当は、
ブラックジャックの方が、
ゲーム性が高く、
駆け引きもあって面白いのだが、
マカオではサッパリ。
ベネチアンでも、
去年に比べ、
ブラックジャックのテーブルが激減していた。
というか、
ゼンゼン見かけなかった。

さて、
そんなこんな諸事情で
取引先の専務と部長が選んだのは、
「バカラ」。

まずは、部長。
開始早々、
瞬く間にお金を取られていく。
5分で3万円の負け!
さすがに、そこで中断。
こんな調子じゃ、
10万円なんてあっという間だ。
コワイコワイ。

そして、
専務の方は ・・・
これまた、凄まじい負けっぷり。
確率は1/2なのに、
なんであんなサクサク負けるのだろう。
しかも、
賭け金が大きいので、
負け金もでかい。
とても見ていられないので、
取引先の事業部長さんに挨拶をして、
ホテルを出た。

グランドリスボアから
ベネチアン・マカオ・リゾートまで、
タクシーで約500円。
時間にして15分ほどなので、
日本より安い。
それに、
ヨーロッパみたいにボラれることもないし、
チップもいらない。
だから、
マカオのタクシーは安心で便利。
実際、
通勤でタクシーを使っている人もいるくらいだ。

ただし、
マカオのタクシーは、
コミュニケーションに問題がある。
英語も日本語も全く通じないのだ。
なので、僕は、
手帳にホテル名やレストラン名を中国語で書きこみ、
それを見せることにしている。
ちなみに、
ベネチアン・マカオ・リゾートは、
「澳門威尼斯人渡假村酒店」。
(サッパリわからん)

あと、もう一つ。
手帳にはでかい字で書くこと。
マカオの運転手さんは、
若い人はまずいない。
だから、
字が小さいと読めないのだ(老眼)。

ホテルに着くやいなや、
ディレクターと新人が熱く語り始める。
取引先の専務と部長の負けっぷりをみて、
テンションが上がっているのだ。
「負け」で盛り上がるというのもヘンな話だが、
人間は不思議な生き物である。

僕は、2万円勝ったのでもう十分。
欲をかくとロクなことはない。
だって、
カジノは勝つか負けるか、
そして、負ければ、
10万円は吹き飛ぶ。
プチ貧乏の僕なら、
3ヶ月は立ち直れない。

だから ・・・

1000円でも勝てば、
10万円以上の価値があるのだ!

取引先の専務と部長は、
結局、いくら負けたのだろう?
次に顔を合わせたとき、
話題にしていいものやら ・・・

ノドが乾いたので、
ジュースを買おうと思ったが、
なかなか見つからない。
ベネチアンに入っている店は、
ほとんどが、レストランか免税店。
しかも、
ホテルのあるコタイ地区は、
カジノホテル占有地なので、
民家も店もない。
なので、
生活雑貨類は手に入らない。

そこで、
「スターバックス」に行き、
サイダーとジュースを買った。
サイダー「France 330ml Pierrie」が、HK$24(240円)。
オレンジジュース「Starbucks Fresh Oran」が、HK$27(270円)。
高い!

店員が、
「おつりはパタカでもいいですか?」
と聞いてくる。
「いいよ」
と不機嫌に答えると、
ニッコリ笑って、
「サンキュー」

マカオは、
香港ドルと現地通貨のパタカが流通している。
レートは、ほぼ1対1なので計算しやすい。
1香港ドル(HK$)=1.03パタカ(MOP)=10.6円(2012年5月)

ただし、
パタカが使えるのはマカオだけ、
しかも、
他の国では現地通貨に交換もきない。
なので、
金額が大きいなら、
おつりは香港ドルでもらったほうがいい。

部屋に帰って、
ベッドに入って、
ジュースを飲みながら、
小松左京の「果しなき流れの果に」を読む。
面白くないせいか、
疲れたせいか、
あっという間に夢のへ。

by R.B

関連情報