BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ再び・ベネチアンホテル 2012.06.02

去年につづき、
マカオに出張することになった。

目的はG2Eの視察。
「G2E」は、
アジア最大のカジノの展示会で、
最新の遊技機が展示される。
とはいえ、
ウチはカジノの遊技機を作っているわけじゃないし、
カジノを経営しているわけでもない。

でも、視点を変えれば ・・・

カジノの遊技機の液晶演出は、
コンテンツ制作の参考になるし、
明るくて行儀の悪いチャイナパワーを目の当たりにすれば、
こっちも元気が出る、
というわけだ。

ところが、
誰を出張させるかでもめた。
会長には、
僕も含め「3人」で行くよう言われたが、
あとの2人が決まらない。
ウソのような話だが、
みんな行きたがらないのだ。
「出張」でマカオだぞ?

忙しいのもあるが、
あーだこーだと理由を付けて、
行きたがらない。
こっちも頼んでまで連れて行くつもりはないので、
会社の方針「ディレクター → チーフ → 5年以上勤務」
は無視して、
行きたがる人優先で決めた。

ということで、
残り2人は、
デザイン部門のディレクターと、
新人プログラマー。
どちらも、パチスロとバクチが大好き。
なので、
きっと得るものも大きいだろう。

去年のマカオは、
会長について行くだけのお気軽旅行だったが、
今回は僕が引率者。
無事帰って来れるかなぁ、
海外も飛行機も苦手だし、
と、不安にかられながら、
一路マカオへ。

ところが、
出発早々、トラブル発生。
金沢から関空に向かう途中、
特急サンダーバードが、
緊急停止したのだ。

車内アナウンスによると、
「駅の構内で風船が付着しているため、
撤去作業を行っております。
しばらく、お待ちください」

はぁ?
鋼鉄の電車がフーセンで止まるか?
そのまま突っ切れば、
まんま「撤去」やろ?!

ということで、
17分遅れで新大阪に到着。
ところが、
乗り継ぎの特急「はるか」は発車した後。
5分待ってくれたら乗れたのに ・・・
「新大阪 → 関空」だから、
フライトの客もいるんだぞ!

風船のために電車止めて、
乗り継ぎ電車が5分も待てない?
どうかしてるぞ、JR!

とにかく、
最近のJRはすぐに止まる。
ちょっとした強風でもだ。
「安全対策」にしては度が過ぎるし、
事故が起こったとき、
とやかく言われるのがイヤなのだろう。
でも、客にしてみれば、
そんな当事者事情、どうでもいいわけで、
ちゃんと仕事しろよ、
と言いたくなる。

してるって?

ウソ。

「風船が付着 → 特急止めて安全確保」
は大人の「仕事」とは言わないでしょ。
プロで、カネとっておきながら、
問題解決力がスッポリ抜け落ちている。
この手の理不尽は本当に腹が立つ。
歳のせいかな。

ということで、
「くろしお」に変更し、
フライト1時間前に関空に到着。
マカオ航空は出発40分前までに、
搭乗手続きをすませなければならない。
なので、けっこうギリギリ。

まず、
スーツケースを取りに行く。
持ち歩くのが面倒なので、
2日前に空港宅配で送ったのだ。
関空4FのJAL ABC出発カウンターに行き、
スーツケースを受け取る。

つぎは、搭乗手続き。
あたふたと、
マカオ航空のカウンターに行き、
パスポートとeチケット控えを提示し、
スーツケースを預け、
航空チケットを受け取る。
ヤレヤレ、なんとか間に合った ・・・

時間がないので、
すぐに、セキュリティチェックへ。
物騒なモノを持ち込まないか調べるわけだ。
ところが、
新人プログラマーがここでひっかかった。
整髪料を持ち込もうとしたのだ。
というのも、
100ミリリットルを超える液体は手荷物で持ち込めない。
そういえば、言ってなかったっけ?
ということで、
整髪料はポイ ・・・

つぎに、出国手続き。
パスポートにはられた写真から、
7kg痩せて、髪型も変わり、メガネもかけて、
ゼンゼン別人なのに、
おとがめナシ。
さすがはプロ、
何かチェックポイントがあるんだろう。

その後、
モノレールで搭乗ゲートへ。
これで一安心。

関空からマカオへは、
直行便が出ている。
なので、
関西からマカオへのアクセスはいい。
ところが、
東京からだと、
羽田から香港まで飛んで、
香港からマカオまで高速船で行く必要がある(50分くらい)。
なので、ちょっと面倒。
成田からは直行便があるらしいが、
成田までが面倒だ。

なんだかんだ、
バタバタしたけど、
マカオ航空NX837便は、
16時30分、定刻どおり関空を飛び立った。

フライトは4時間だが、
これがけっこうキツイ。
「高所恐怖症&飛行機恐怖症」なので、
生きた心地がしないのだ。
機長がアナウンスで、
「高度3万メートルを時速890kmで順調に飛行中 ・・・」

高度30km?時速890km?
これで、順調じゃなかったら、タダじゃすまんやろ、
と、居ても立ってもいられなくなった。
窓をのぞき込んでは、
翼が金属疲労で折れるんじゃないか、
爆弾が持ち込まれてるんじゃないか、
ハイジャックされたら体当たりするしかないな、
でも先陣をきるのはイヤだな、
2番目か3番目にしよう、
と、ハラハラドキドキ、
そんなこんなで、
針のむしろの4時間だった。

午後7時35分、
無事、マカオ空港に到着。
外はまだ明るい。
空港からホテルまでは、
無料のシャトルバスが出ているが、
徒歩でも行ける距離だ。

宿泊は、去年と同じ、
「ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテル」↓

Macao2012_Hotel_Venetian

アメリカ・ラスベガスの「ラスベガス・サンズ」が管理する
世界第2位の巨大ホテルだ。
全室スウィートルームで、3000室もある。

チェックインすると、
3人の部屋が飛び飛び。
というか、フロアも違う。
聞いたところ、
満員で、隣室にする余裕がないという。
ということは、
今日の宿泊客は、3000人~6000人!

後で聞いたところ、
ベネチアン・マカオ・リゾートの来客数は、
1日数万人だという。
ほとんどの客が、
日帰りでカジノに遊びに来るわけだ。
ホテル内を行き来する人を観察すると、
去年の2割増しという感じ。
いまどき、売上2割増なんて、
日本じゃありえんぞ。

チェックインをすませ、
部屋に入る↓

Macao2012_Hotel_VenetianRoom

あいかわらず、
広い、綺麗、豪華。
でも、ちょっと気になることが ・・・

ドアチェーンの先が壁にあたって、
壁がへこんでいる↓

Macao2012_DoorChain

ドアチェーンと壁が近すぎるのだ。
ドアチェーンをもっと左にずらすか、
ドアそのものを左にずらすか、
どちらにせよ、
設計ミスでは?
ベネチアン・マカオ・リゾートは、
マカオではトップクラスの高級ホテル。
日本では考えられない。

今回は、
お世話になっている取引先の人たちもマカオ入りしていて、
彼らと連絡を取りあう必要があった。
そこで、
ケータイの充電器とコンセント変換プラグを持参した。
ケータイのバッテリーはすぐ切れるし、
日本とマカオはコンセントの形状が違うからだ。
ところが↓

Macao2012_RoomConsent

あらら、変換プラグが備え付け?
ということで、
ベネチアン・マカオ・リゾートは変換プラグは不要。
ただし、
充電器が220Vに対応していないとダメ。
(マカオは220Vなので)

ウチの社員2人は、
マカオが初めてなので、
部屋に呼んで一通り説明する。
もっとも、
僕もまだ2回目なので、
よくわからんのだが。

説明が終わると、
疲れがドッと出た。
腹が減ったような、減らないような ・・・
というのも、
機内食は出るのだが、
おやつ程度だし、
出る時間も早い(午後6時?)
だから、
中途半端に腹が減るのだ。

ところが、
ホテルの店には、
寿司とか、カップラーメンとか、
軽食になるものはない。
(お菓子類はある)

しかも、
ベネチアン・マカオ・リゾートがあるコタイ地区は、
すべて、カジノ管理会社が所有していて、
住宅街も、飲食店も、コンビニもない。

そこで、今回は、
金沢名物「芝寿司」を買ってきたのだが、
これが大正解だった。
出発前に、
マカオ常連の某上場企業の元会長にアドバイスされたのだ。
(大王製紙の井川元会長ではないです)

ということで、
いい具合に腹がおさまった。
若者よ、
長老の言葉には耳を傾けるべし!
僕はゼンゼン若くないけど ・・・

by R.B

関連情報