BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

週刊スモールトーク (第74話) 宇宙家族ロビンソンⅠ~僕らが愛した昭和40年代~

カテゴリ : 娯楽

2006.11.27

宇宙家族ロビンソンⅠ~僕らが愛した昭和40年代~

■昭和40年代

昭和40年代、日本はとても貧しかった。田舎の道はほとんど砂道で、雨が降れば水びたしになった。車が走ることなど想定されていなかったのだ。目に入るのは、山、田畑、カラス。たまに、キツネやタヌキが道ばたを駆け抜けた。おやつといえば、柿、栗、サツマイモ。年中、腹ペコだった。冷やっこが一番のご馳走で、そのときはご飯はいつも5杯、決まってお腹が痛くなった。学校の校舎は木造で、廊下を走ると、ミシミシ音がした。そのため、教室を抜け出すには、忍び足が必要だった。夏休みになれば、セミ採りの網を握りしめ、山でセミやチョウを追いまわした。不思議なくらい採れなかったが、世界のすべてを忘れるほど夢中になった。たまに、家族で海水浴に出かけたが、前日は興奮して眠れなかった。何もかもが不足していたが、すべてが宝石のように輝いていた。昭和40年代は、そんな時代だった。

毎日が貧乏だったある日、海外SFドラマ「宇宙家族ロビンソン」が始まった。宇宙船、レーザー銃、ロボット、宇宙人、どれも見たこともないものばかり。画面はモノクロで、どんな色か検討もつかなかったが、彩色された現実よりも現実感があった。自分が住むこの世界に、セミ採りや海水浴より面白いことがあることを知った。夜空の星々は、手の届かないかなたにある星図ではなく、身近な、実体をもったものへと変わっていった。宇宙船さえあれば、広大な宇宙を旅し、星の上に降り立つことができるのだ。

こうして、「宇宙」は貧しい田舎少年の夢の象徴となった。さっそく、父にねだり、小さな天体望遠鏡を買ってもらった。安物の屈折望遠鏡で、筒がきちんと固定できず、徐々に傾いていき、やがて星が視界から消えるのだった。それでも、「望遠鏡」と「宇宙家族ロビンソン」は、田んぼと山以外何もない田舎の少年にとって、至高の宝物となった。

■家族愛

宇宙家族ロビンソンはそれまでのSFドラマとは一線を画していた。計器で埋めつくされた操作パネル、透明チューブに巨大電気コイル、奇怪なマッドサイエンティストなど、SFお決まりのギミックはさておかれ、「人間愛」がテーマだった。今から思えば、宇宙家族ロビンソンは、舞台を宇宙に置き換えた「名犬ラッシー」や「大草原の小さな家」だったのかもしれない。ほぼ同時期に放映された「宇宙大作戦(元祖スタートレック)」も、ある意味ヒューマンドラマだったが、同じ人間愛でも、カーク船長、副長スポック、ドクター マッコイのひねくれた大人の人間愛?

いずれにせよ、宇宙家族ロビンソンとスタートレックは、SFといえども、
成功の秘訣は人間の泣き笑い
を証明した。もちろん、このルールは現代も生きている。世界でヒットするのは、決まってハリウッド映画。あくびがでるほど芸術的なフランス映画や、情緒モードと挑発モードしかない日本映画と違って、ハリウッド映画は「人間の泣き笑い」を突いている。

宇宙家族ロビンソンには、親の子に対する慈しみ、子が親に抱く敬愛、兄弟愛、隣人愛、そして異性愛、つまり、「人間のすべて」がそこにある。信頼しあえる家族や友人や恋人と語らい、互いの価値観を理解し合えたとき、人間は大きな喜びをえる ・・・ I’m not alone.

■ロビンソン夫婦

宇宙家族ロビンソンに登場するのは、ロビンソン一家、パイロットのダン ウェスト少佐、環境観測ロボット フライデー、そして某国破壊工作員ドクタースミス。中でも、子供心に憧れたのがロビンソン夫妻だった。ロビンソン一家の柱、ジョン ロビンソンは、大学教授。しかも、ハンサムで背が高く、筋骨隆々、その上、思いやりがあり、優しかった。妻、モーリン ロビンソンは、美人で聡明、愛情に満ち溢れ、良妻賢母の鏡だった。そして、この二人は、いつも小綺麗なコスチュームに身を包み、スマートで、どんな逆境にあっても、互いに信じ合い、愛し合い、それを言葉と行動で示すのだった。

アメリカ人の夫婦はなんて仲がいいのだろう。それが不思議でならなかった。田舎のどこを捜しても、あんなスマートな夫婦などいなかった。後に、アメリカ人の方が離婚率が高いと聞かされても、タチの悪い誹謗中傷だと信じて疑わなかった。田舎の少年にとって、アメリカは豊かさと優しさの象徴で、人生の目標でもあった。すべて宇宙家族ロビンソンに刷り込まれたのだが。

■ドクター スミス

舌先三寸ペテンの天才ドクター ザックレー スミス。身勝手で、計算高く、卑劣で、平気で嘘をつく。くわえて、臆病で、生来の怠け者。宇宙で苦境にあえぐロビンソン一家を、破滅の縁まで追いやることが主な仕事だった。名前にドクターがつくので医者なのだろうが、まともな医療行為は見たことがない。設定では42歳だが、どうみても50代。某国スパイとして、出発直前のジュピター2号に乗り込み、破壊を目論むが、脱出に失敗。ロビンソン一家とともに、宇宙をさまようことになった。

シリーズ前半では、融通の利かないロボット フライデーをあやつり、悪業を重ねる不気味な悪党だったが、後に、身勝手と臆病がウリの怠け者に変身。悪事に余念がないが、憎めないじいさんというキャラに変わった。たいていは、フライデーとウィルと行動をともにし、いつの間にか宇宙家族ロビンソンの主役になっていた。

■ダン ウェスト少佐

ダン ウェスト少佐は、ロビンソン一家の長女ジュディに想いを寄せるタフガイで、ジュピター2号の主任パイロットである。筋金入りの軍人で、なまくらで、身勝手で、嘘つきのドクタースミスが大嫌いだった。責任感が強く、正義感もあるが、どこか、ヤンキーなところがあって、ドクター スミスを何かにつけて、いじめるのだった。ところが、宇宙家族ロビンソン全83話の中で一度だけ、ダン少佐とドクターに友情が芽生えたことがある。サード シーズン第64話「宇宙の原始人(The Space Primevals)」である。残念なことに、このエピソードは日本未放映で、この事実を知る人は少ない(当たり前?)。

あるとき、ダン少佐とドクタースミスは、爆発処理を誤り、洞窟の中に閉じこめられてしまう。そのとき、岩間から落下しそうになったダン少佐を、なんとドクタースミスが助けるのである。洞窟の酸素が減っていき、2人の命は風前のともしび。その時、2人に友情が芽生える ・・・

ダン少佐:
「酸素が減っている」

ドクタースミス:
「とっくに、気づいてますよ」

ダン少佐:
「ドクター スミス」

ドクタースミス:
「え?]
「ドクターを付けて私の名を?」

ダン少佐:
「うん」
「命の恩人だし ・・・」
「色々と考えさせられてね」

ドクタースミス:
「私も思いにふけっていました」
「ダン」

ダン少佐:
「あと何時間かな、ドクター スミス?」

ドクタースミス:
「ザックレーと呼んで ・・・」

ダン少佐:
「僕たちは、理解を深めて、友達になろうとしなかった」
「君は怠け者で、自分勝手で卑劣で、臆病で嘘つきだったからな」

ドクタースミス:
「ずいぶんだ」

ダン少佐:
「誤解しないで。悪口じゃない」
「それは過去の事だ。今はもう違う」
「助かるかどうか分からないが」
「ここで築いた僕たちの友情は、不変だよ」

ドクタースミス:
「ありがとう」
「これまで言えなかったことを、私も告白します」
「あなたは、短気で、いつも威張り散らしていた」
「ユーモアのセンスは幼稚で、私を中傷してばかり」
「でも今は友達の友情がわいてきました」
「よければ ・・・」
「友人として握手を」

2人が、宇宙家族ロビンソン シリーズ最初で最後の固い握手をかわす。ところが、それも束の間、事件が解決して、宇宙船に戻るころには ・・・

ダン少佐:
「さあ、行こう、ドクター」

ドクタースミス:
「クタクタで歩けない」
「探検車をここまで迎えに ・・・」

ダン少佐:
「歩いて行くんだ、ザック!」

むろん、「ザック」はドクタースミスの蔑称で、2人の関係はふたたびに元にもどるのだった。宇宙家族ロビンソンでは、この二人のかけあいが、ブラック スパイスだった。

■ロボット フライデー

正式名称は「惑星移住計画 惑星アルファ セントリー Ⅳ 探検用環境観測ロボット B9モデル・マーク3」(とても覚えられない)。チタニウム合金製で、25トンの物体を持ち上げることができ、10万ボルトの電撃も可能だった。危険が迫ると「危険!危険!きわめて危険!」と警告する危険感応回路まで備えていた(何をもって危険なのかは不明)。ところが、その仰々しい名前と、ものものしい装備のわりには役立たずで、ウィルとドクタースミスの話し相手が主な役まわりだった。アメリカでの放映では最初から最後まで「ロボット」と呼ばれたが、日本では、TBSが一般公募した「フライデー」が正式な呼称となった。

ロボット・フライデーは、宇宙家族ロビンソンが始まった頃、ドクタースミスの手先となって、ロビンソン一家を窮地に追い込む一方、無機質で、無感情で、融通がきかない機械という設定だった。遠くに「ガオーッ」という怪獣の音がして ・・・

ウィル:
「あれは何だ?分析しろ!」

フライデー:
「音響です」

その後、ドクタースミスの悪事、ウィルの純真さとロビンソン一家の家族愛に触れることで、感情ロボットとして成長をとげていく。宇宙家族ロビンソン シリーズ中盤では、すねたり、ふてくされたり、高度な?感情をもつにまでになる。宇宙家族ロビンソンの登場人物の中では、ドクタースミスに次ぐ、人気者だった。

このフライデーとドクタースミスの掛け合い漫才が、宇宙家族ロビンソンのウリの一つになったが、予定では、この2人は登場人物には含まれていなかった。番組プロデューサのアーウィン アレンが、CBSテレビの重役たちにPRするために制作したパイロット版「No Place To Hide」を観ると、フライデーもドクタースミスも登場しない。このパイロット版は本編からみればかなり淡白で、2者の役割がいかに重要だったかがわかる。宇宙家族ロビンソンを成功に導いた立役者は、フライデーとドクター スミスだった、と言っても過言ではない。

■ロビンソン一家の子供たち

ロビンソン一家の子供たちは、長女のジュディ、次女のペニー、長男のウィリアム(ウィル)。ペニーとウィルは歳が近いため、よくいっしょに遊んでいた。ウィルは聡明な科学少年、ペニーは音楽と動物と読書な好きな女の子、という設定だったが、ペニーの方がウィルより知能が高い、というウワサもあった。たとえば、第28話「宇宙の変身」の中で、次のような会話がある。

ペニー:
「ねえ、ウィル。このあいだ、負かされたチェスの仕返ししたくない?」

ウィル:
「ぼくがペニーに負けた?」

ペニー:
「忘れたの?」

ウィル:
「でもそんなバカな」

ペニー:
「なにがバカよ。また今日も負かしてやるから」

ウワサは本当だったようだ。また、ウィルは、アメリカの古き良き時代の男の子として描かれていた。つまり、男は男らしく、いざとなれば、か弱き女性を身をもって守る。そのため、姉のペニーを女だと思って、意識的に、見下そうとするのだった。一方、ペニーの方もそれがちゃんと分かっていて、核心を突く反撃を忘れなかった。

ペニー:
「なによ、偉そうに」
「ほっぺたに、カミソリの傷跡なんかつけちゃって」
「ヒゲもはえてないのに、大人ぶって」

しかし、そこは歳の近い子ども同士、すぐに仲直りするのだった。これが、ウィルとペニーの基本的な関係である。

一方、長女のジュディは、子供たちの中では、一番影が薄かった。そのためか、ジュディが主役になったのは、第41話「謎の竪琴」の1回きり。ダン ウェスト少佐に、ほのかな思いを寄せる、控え目で優しいお姉さん、という役どころ。ところが、ジュディには驚くべき秘密があった。

アメリカで宇宙家族ロビンソンの放映は3年に及び、その間、育ち盛りのペニーはどんどん大きくなり、少女のあどけなさは消えていった。また、母モーリン ロビンソンも肥満と老いが進み、サード シーンに入ると、メークの苦労が目立つようになった。ところが ・・・ ジュディこと、マーター クリスティンは、シリーズ最後まで、全く老けることなく、美人で優しいお姉さんのままだった。

■アメリカ西部開拓史

宇宙家族ロビンソンの原題は「Lost in space(宇宙の迷子)」。ストーリーは、1997年10月16日、アメリカのアルファ基地から始まる。深刻化する地球の人口増加問題を解決すべく、宇宙移民第1号、ロビンソン一家が地球を出発しようとしていた。人間が生存できる唯一の惑星アルファ セントリー星へ向けて。もし、ロビンソン一家が成功したら、最終的に1000万所帯を宇宙に移民させる計画だった。

ロビンソン一家は、アルファ セントリー星までの5年半、ジュピター2号の冷凍チューブで仮死状態にされる予定だった。食料と酸素を節約するためである。ところが、想定外のドクタースミスの乗船が、すべてを狂わせた。重量オーバーで、ジュピター2号のコースが狂い、原題どおり、宇宙の迷子になったのである。宇宙船の修理、物資を補給するため、未知の惑星に降り立ち、危険を乗り越え、生き抜いていくロビンソン一家。宇宙家族ロビンソンは、舞台を宇宙に見立てたアメリカ西部開拓史ともいえる。それが、ファースト シーズン第3話「宇宙の孤島」にはっきり出ている。

ロビンソン一家は、やっとの思いで、ある惑星に着陸。そこで、新たな生活基盤を築こうとしていた。このエピソードの最後に、隊長のロビンソン博士が、寝室で、日誌をつけるシーンがある。なぜか道具は、紙とボールペン ・・・

未知なる惑星での、最初の夜を迎えている。
先はわからないが、現状は良好だ。
空気と食べ物はあるし、宇宙船で寒さも防げる。
今、私たちは、アメリカ大陸の開拓者の心境を味わっている。
それは神への感謝の気持ちだ。

宇宙家族ロビンソンのストーリーの芯には、西部開拓時代のフロンティア スピリッツとキリスト教の教えがある。今のアメリカのドラマではすっかり失せてしまったが。

■無情の愛

宇宙家族ロビンソンの主役は、たいていは、ドクタースミス、ウィル、そしてフライデーだった。まず、降って湧いたように、事件が起こり、それをドクタースミスが地球帰還への願望にからませ、話をややこしくする。自分だけ地球に還りたい一心で、仲間を売る。手に入れたところで、使い道のない金品に目がくらみ、ロビンソン一家を裏切る。飲み水がなくて、明日の命も知れぬ中、貴重な水をシャワーで使いきる。どうして、こんなのがいるんだ、見捨てればいいのに、と子供心に思った。

人のいいウィルは、ドクターに簡単にダマされるし、フライデーはそれを防ぐのに無力だし、ダン少佐はドクターをののしるだけ。ところが、最後は決まって、ロビンソン一家はドクターを許すのだった。たとえ、ドクターが、自分が地球に帰還する見返りとして、ロビンソン一家全員の命を差し出した後であっても。これは無上の愛であり、キリスト教の教えそのものである。

宇宙家族ロビンソンには明確なフォーマットがあり、17世紀ヨーロッパの演劇「コンメディア デ ラルテ」によく似ている。コメディア デラルテは、「職業俳優による喜劇」という意味で、大きく2つ特徴があった。ストーリーの組み方が同じであること、そして、登場人物が類型化され、固定されていることである。極論すると、どれもこれも似たような話で、登場人物も同じ。これは、日本の長寿番組「水戸黄門」、吉本新喜劇にもあてはまる。もちろん、宇宙家族ロビンソンにも。

■宇宙家族ロビンソンの運命の真実

宇宙家族ロビンソンの主役ドクタースミスは、ジュピター2号の招かれざる客であり、ロビンソン一家の鼻つまみ者、嫌われ者、そして疫病神だった。ところが、ここに知られざる事実がある。ドクタースミスはロビンソン一家の命の恩人だったのだ ・・・

この事実は、宇宙家族ロビンソン サード シーズン 第77話「時間商人(Time Merchant)」の中で明らかにされる。ウィルは宇宙粒子を捕まえる実験をしていて、誤って宇宙人を捕えてしまう。この宇宙人は、時間を管理する時間商人クロノスだった。怒ったクロノスは、ウィルを自分の時間工場に連れ去る。そこで、ロビンソン博士はウィルの救助に向かうが、そのどさくさに、ドクタースミスはクロノスのタイムマシンで過去の地球にもどってしまう。ジュピター2号がまさに地球を出発せんとする時空に。もちろん、ドクタースミスはジュピター2号には乗らず、愛しの地球で暮らそうとする。つまり、自分だけ助かろうというのだ。

一方、ロビンソン博士にとっても、その方が都合が良かった。ドクタースミスさえ、ジュピター2号に乗らなければ、重量オーバーでコースをはずれることもなく、無事アルファセントリーまで行ける。ところが、一人気をもむウィルは、心配そうにロビンソン博士に尋ねる。

ウィル:
「このままだと、どうなるの?」

ロビンソン博士:
「ドクタースミスがジュピター2号に乗船しなければ、問題ない」
「予定どおり、アルファ・セントリー星に行くよ」

クロノス:
「いや、未知の小惑星に衝突する。つまり、皆の命もそこで終わる」

ロビンソン博士:
「彼が乗らなかったら、だな」

クロノス:
「乗らないでしょう。彼が望み通りしか動かないのは明らかだ」

ロビンソン博士:
「乗船するよう伝言を送れないか?」

クロノス:
「実現不可能な夢です。送っても聞かないでしょう」

つまり、ドクタースミスが乗らなければ、ジュピター2号は、出発早々、小惑星に衝突し、全員が死亡するのである。こうして、フライデーは、ドクタースミスをジュピター2号に乗船させるため、タイムマシンで、ドクタースミスのもとに行く。そこには、地球に帰還し、長年の夢がかなって、ご機嫌のドクターがいた。フライデーは、さっそく、ドクターにジュピター2号に乗船するよう説得する。もちろん、他人のことなど知っちゃいねえ、のドクターは聞く耳を持たない。

フライデー:
「良心ニ訴エタイノデス。アレバノ話デスガ

ドクタースミス:
「皮肉はやめろ。これでいいんだ」
「私の体重が加わって、コースを外れたわけだろ」
「これで、無事、アルファ セントリー星に着くさ」

フライデー:
「イイエ。4ヶ月以内ニ、宇宙船ハ消滅シマス」

ドクタースミス:
「バカな。デタラメだ」

フライデー:
「本当デス。未知の小惑星トノ衝突ヲ クロノス博士ガ予測シマシタ」

ドクタースミス:
「でも助けられない」
「ここに残って、人生をやり直すのが私の務めだ」
「お前も一緒に残ってくれ」

フライデー:
抑エガタイ感情ガアリ、私ハ皆ト運命ヲ共ニシマス」

ドクタースミス:
「待って。行かないでくれ。私と一緒に人生をやり直そう」

フライデー:
代償ガ高スギマス

ドクタースミス:
「分かってる」
「私も立派でありたいが、弱くてもろい人間だから、ダメなんだ」
「こんな自分を変えたいが、どうにもならない」
「許してくれ」

フライデー:
許シマス

フライデーは、ジュピター2号に乗船するべく、その場を去る。部屋に備えられたモニタには、ジュピター2号の中の様子が映し出されていた。ペニー、ジュディ、ウィルが入った透明チューブは、不気味な光線とともに、冷凍状態に。それを見たドクターは苦渋の表情に変わり、大声で叫ぶ。

ドクタースミス:
「ペニー、ジュディ、愛しのウィル ・・・」
「 ダメだ!放っておけない」
「待ってくれ!私も行く!」

こうして、ドクタースミスはジュピター2号に乗りこみ、宇宙の歴史は元にもどり、ロビンソン一家の旅もつづく。それにしても良くできた脚本だ。ムダな台詞は一つもない。この短いシーンには、宇宙家族ロビンソンの運命、メンバーの心の絆が凝縮されている。宇宙家族ロビンソンでもっとも好きなシーンの一つだ。ところが、この77話が入ったサード シーズンは日本では放映されていない。

■宇宙家族ロビンソン LD BOX

宇宙家族ロビンソンは、40年前に放映されたドラマだが、今でも観ることができる。DVDコレクターズ ボックスなら、ファースト シーズンセカンド シーズン、日本未放映のサード シーズンを含め、全作品を観ることができる。一方、同じアーウィン アレンのSFドラマ「タイムトンネル」は、未だにDVDが発売されていない(2006年現在)。LD版は出たが、すでに廃盤になっている。

ところで、「宇宙家族ロビンソン」はDVD版ではなく、LD版(レーザーディスク)がお薦めだ。昔、パイオニアLDC株式会社からでた「宇宙家族ロビンソン BOX」である。Vol 1からVol 6まであるが、全部そろえると、20万円をゆうに超える。もちろん、日本未放映のサード シーズンを含め、最終回まですべて収録されている。

ところが、LDプレイヤーが店頭から消え、LD版も絶版、オークションで入手するしかない。そんな状況で、なぜLD版にこだわるのか?ズバリ、LD版ならではの大判のカーラー解説書。これは本当に素晴らしい。

大手広告代理店の友人に見せると ・・・

「これ、すごいですよ。思いっきり、金かけてますね。データも細かいし、デザイン レイアウトもいい。豪華カラーグラビアで出版したら、5000円は軽くとれるでしょう。もう売ってないんだし、これ絶対、プレミアもんですよ」

この宇宙家族ロビンソン「カラー解説書」の最大のウリは、大判であること。縦横295mmもある。全エピソードのストーリーのあらすじが掲載され、カラーのグラビアもふんだん。ドラマのカットはもちろん、当時、発売された宇宙家族ロビンソングッズ、プラモデルまで紹介されている。また、少年マガジンなど雑誌を飾った懐かしい2色刷りの誌面も載っている。そして、マニア心をくすぐる技術情報。ドラマに登場するジュピター2号、宇宙探検車、電磁バリア、レーザー銃、さらに、サード シーズンから登場する小型宇宙艇スペース ポッドの三面図まで載っている。これを見ていると、ジュピター2号や電磁バリアが、シリーズとともにバージョンアップしているのが分かる。マニア必見。

また、解説本の重箱をつついていると、思わぬ発見もある。宇宙家族ロビンソンのテーマ曲はジョン ウィリアムズだが、あの「スター ウォーズ」、「ジョーズ」のJ ウィリアムズである。ということで、LDより解説本のほうが宝。映像コンテンツは劣化しないが、紙媒体の寿命はわずか700年。どっちが大切かは明らか。

そして、肝心の映像だが、LDプレイヤーが消えるのが怖いなら、バックアップ機をまとめ買いしておけばいい。それに大きな声では言えないが、LDにはコピーガードがかかっていない。個人使用に限るが、パソコンのハードディスクにコピーし、編集すれば、「宇宙家族ロビンソン プライベート データベース」のできあがりだ。しかも、ハードディスクなので、クリック一発、ランダム再生も可能。DVDはコピーガードされた上、ディスクの入れ替えが必要で、こんな芸当、逆立ちしてもできない。

さらに、検索機能をつければ、「宇宙家族ロビンソン映像アーカイブ」のできあがり。これは宇宙家族ロビンソンの全時空につながる「魔法の扉」 ・・・ そして、その向こうにあるのは、僕らが愛した昭和40年代 ・・・

《つづく》

参考資料:
「宇宙家族ロビンソン BOX」パイオニアLDC株式会社

by R.B

関連情報