BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■NECの放射能リストラ? 2012.03.03

福島第1原発事故以来、
日本はおかしくなってしまった。
いや ・・・
元々おかしかったのが、
あの事故で、
露見しただけかもしれない。

2月28日、
農林水産省は、
今年の「コメの作付け」方針を発表した。
「1キログラム当たり100ベクレル超えた地域は作付け制限する」
を撤回し、
「100ベクレル超でも、条件付きで作付けを認める」

え、なんで?

福島県内の農家が打撃をうけるから ・・・

やっていることの意味が分かっているのだろうか?

消費者の安全より、生産者の都合を優先する!?
言ってしまえば、
人の命より金儲けが大事 ・・・

こんなバカな国があるだろうか?

しかも、
マスコミも世論も見て見ぬふり。
国全体が狂っている
としか思えない。

そして、日本の異常はまだ続く ・・・

2012年2月、
NECが大規模なリストラを発表した。
グループ全体で1万人を削減するという。
じつは、NECは、
2009年にも2万人をリストラしている。
あわせて、3万人?
小さな市の人口だ。

そこで、経営成績をみると、
2008年:4兆6000億円
2009年:4兆2000億円(9%↓)
2010年:3兆5000億円(17%↓)
2011年:3兆1000億円(12%↓)

全くぶれることなく急降下、
しかも、3年で売上が33%も減っている(利益にあらず)。
これはもうムチャクチャ。
普通の会社なら飛んでいる。

売上が33%減るということは、
その会社の1/3が価値がない、
と宣言されているようなもの。
何が悪い、どこがおかしい、以前に、
会社として成立していない。

さらに重要な点は、
NECの顔が見えないこと。
具体的には、
NECって何の会社?

パナソニック、ソニーは家電、
シャープは液晶、
日立は重電(家電以外の電機製品)、
トヨタは自動車、
あの破綻したサンヨーでさえ、太陽電池!

では、NECは?

何も思い浮かばない ・・・
もう、終わっているのかも。

ここまでくると、
選択肢は2つしかない。
1.身売りする(中国企業なら買ってくれるかも?)
2.凄腕の経営者をむかえる。

IBMを蘇らせたルイス・ガースナー、
日産を死地から救ったカルロス・ゴーン、
東芝を再建した土光敏夫(故人)
etc

ところが、
NECが選択したのは、
第3のプランだった。
何の責任もない社員の大量リストラ ・・・
しかも、やり方がえげつない。

東京・神保町にある本社機能を、
宮城県白石市の白石事業所に移すという。
予定では、
東京本社の従業員240人の半数、
仙台本店の従業員の一部を、
白石事業所へ異動させるらしい。

経営が苦しくなれば、
地価の安い田舎に移るのは仕方がない。
だが、問題は「田舎」ではなく、
「放射能」。
白石市は、
福島第1原発から70キロメートルしか離れていないのだ。

白石市の空間放射線モニタリング情報をみると、
「0.2マイクロシーベルト毎時」前後。
通常の4倍の放射線量、
ICRP(国際放射線防護委員会)の安全基準すれすれだ。

ところが、
この安全基準があてにならない。
放射能に安全基準はない
という説があるほど(直線仮説)。
この説によれば、
「放射線量がどんなに微量でも、それに比例して突然変異が起こる」
普通ならビビって当然、
人間は普通の環境でも、
ガンになるのだから。

神保町から田舎へ、
それだけなら大したことはない。
失業するよりはマシ、
衣食住は確保できるのだから。
それに、
僕もそうだが、
都会より田舎が好きな人もいる。

しかし、
放射能なら話は別だ。
白石市の人には申し訳ないが、
NECの社員は、
「放射能か失業か?」
・・・
究極の選択を迫られている。

これはどう見ても、
「本社移転」を口実にした
新手の「人員削減」である。
しかも、
原発事故という国の不幸を、
巧みに利用している。
悪魔の所業、
と言われても仕方がない。

じつは、「2ちゃんねる」でも、
この問題のスレが立ち、
「放射能リストラ」で話が沸騰している。
人員削減はやむをえないにしろ、
他にやりようがあったろうに。

もし、どうしても人員削減をやりたければ、
まずは、 経営陣でしょ。
3年間で売上が2/3なら、
社員に責任はない。
辞めるべきは、
決定権をもち、高禄をはむ経営陣だ。
どうかしてるぞ、NEC。

NECは今後、
成果主義も徹底するという。
「年齢給」を撤廃し、
完全成果主義で昇給を決めるらしい。
つまり、
年功序列の廃止。

確かに、
会社が危なくなったら、
1.人員削減
2.事業のスクラップ&ビルド(これが本当のリストラ)
3.成果主義の徹底

は必要だろう。

だが、NECは関係ない。
3年で売上が2/3なら、
「立て直す」次元ではない。
「背骨」が折れているのだから。

それに、
こういう苦しまぎれの成果主義は、
問題を悪化させることが多い。

もちろん、ここで、
一部のエリートがリッチに、
残る全員が貧乏なんて可哀想 ・・・
的な浮いた話をするつもりはない。
もっと、現実的に、
会社の競争力が失われる可能性があるのだ。

もし、
ろくな準備もなく、
付け焼き刃で「成果主義」を徹底すれば、
何がおこるか?

社員は、
自分がやるべき仕事を、
「自分の成績」のタシになるかで決めるようになる。
つまり、
会社にプラスになるとわかっても、
自分の成績に反映されないなら、
やらない。

それに、
成果主義では、
決まった原資(おカネ)を社員で分け合うので、
自分の取り分を増やすには、
相手をへこますしかない。
つまり、
助け合うべき仲間が、
敵になるわけだ。

そうなれば、
社員は間違っても助け合わなくなる。
(ベンチャー企業なら致命的)

それに、
単純な成果主義なら、
失敗をおそれて、
難しいことに挑戦しなくなる。
(ベンチャー企業なら致命的)

もちろん、
成果主義を全否定するわけではない。
成果に応じて評価しないと、
組織の活力は失われるから。

何が言いたいのか?

プレッシャーで1人1人を緊張させ、
能力を引き出す方法では、
中長期的にみて、
人的資源を消耗するだけ。

”熱い”モチベーションで、
個人の能力を引き出し、
チームでシナジー効果を生む仕掛けをつくり、
レバレッジをかけるしかない。

そして、もう一つ、
これに乗ってこない人間は、
絶対雇うべからず。

これが、
僕がベンチャー企業で学んだこと。
そして、
毎日実践していること。

ウチみたいな40人ほどのベンチャーなら、
経営陣の一挙手一投足が、
資金繰りを直撃する。
資金繰りが破綻すれば、
そこで、
ゲームオーバー。
明日はない。

言っちゃなんだが、
ミニベンチャーの経営なんて、
ジャンボジェットを、
地上10mで操縦しているようなもの。
いや、5mかな ・・・

2001年、
終身雇用と家族主義経営を守ってきたパナソニックが、
希望退職に踏み切った。
これは象徴的な出来事で、
それ以降、
日本の「終身雇用」は崩壊したといっていい。

とはいえ、
世界で勝つためには、
終身雇用を捨てて、
成果主義を徹底するしかない。
こんなムチャクチャな円高なら、
それしかないだろ。
おっしゃるとおり!

じつは、
今の日本の低迷は、
陰謀とも思える円高が原因だ。
政府は何をしている!

世界が何を言おうが、
周辺国に”失業を輸出”しようが、
自分さえ良ければオッケー~、
で、人民元安を強行する中国を見習ったら?

だが、一方で、
労働者の雇用と生活を守るのが真の経営者。
人減らしで、会社を立て直すのは誰でもできる、
という考え方もある。

それに、
安易な「人減らし」に頼っていると、
「時代の壁」に追い越されることもある。
NECのように。

たとえば、
CDが登場したのに、
レコード針に社運をかけるとか、
iTuneが登場したのに、
CD・DVDの生産に社運をかけるとか、
Googleがソフトをタダで配っているのに、
ソフト開発で儲けようとしたり。

会社は、
「価値」を生むことによってのみ、
存在しうる。
だから、
価値を生まない社員を抱える必要はないし、
会社が傾けば、
生き残るために、
リストラも必要だろう。

だが、本当に怖いのは、
「時代の壁」に追い越されること。
そうなると、
手の打ちようがない。

話をNECにもどそう。

その昔、NECは、
「電電(今のNTT)ファミリー」企業として、
陸上通信設備や電話交換機のような地味な商売をしていた。
ところが、
1970年後半に勝負にでる。

小林会長のもと、
「C&C」をスローガンに、
総合電機メーカーを目指したのだ。
「C&C(Computer & Communication)」は、
コンピュータと通信の融合を意味する。
10年先を見すえた戦略で(今となればだが)、
誰にでも分かる明快さがあった。

そして、1982年、
NECはパソコン「PC-9800」シリーズをリリースする。
それから、15年間、
NECは日本のパソコン市場を独占し、
PC98は日本の「国民機」とまで言われた。

さらに、
NECは1980年代から、
半導体の生産で世界のトップにのし上がる。
こうして、NECは、
日本を代表するエレクトロニクス企業に変身したのである。

そして、
あれから30年たって、
NECは再び変身した。
今度は悪い方に ・・・

しかし、
NECには優秀な人材が多い(かった?)。
みんな高学歴だし、
誰かれ入れなかったので。
では、若手のエースが台頭して、
NECを立て直すかも?

それはない。

そんな人材がいれば、
会社を興すだろうから。

by R.B

関連情報