BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■蒲田と六本木をハシゴ酒 2012.02.18

暗ぁ~い「アニメ会社破綻」会議が終わり、
蒲田に向かった。
大学時代の友人「Y」に会うためである。

Yは大手電機メーカー特許部の部長さん。
ウチが出願した特許の件で、
相談があったのだ。

蒲田は今回が初めてだった。
JR蒲田駅を出ると、
いきなり、商店街。
ん~、庶民の町 ・・・
浅草に似ているが、
どこか田舎っぽい。
店構えも古いし、
「街」というよりは「町」。
映画「蒲田行進曲」をだぶらせ、
勝手に喜んでいた。

ホテルは「東横イン」。
こちらも、蒲田の町にあわせ、
どこか、田舎っぽい。
ん?
テレビがつかない。
がんばって、リモコンを押しまくると、
電源は入るが、
チャンネルが変わらない。
おいおい ・・・
まぁ、いいか、
蒲田なんだから。

JR蒲田駅で、
Yと待ち合わせる。
一応、仕事の話なので、
それなりの居酒屋へ行くことにした。

ところが、
中に入ってみると、
いたって普通。
しかも、
味はマズイと普通の中間 ・・・
ムム、これで高かったら、怒るぞ。
こればっかしは、
「まぁ、蒲田なんだから」
ではすませられない。
「高くてマズイ」が許せないタチなんで。

そのとき、
店に数人のお客が入ってきた。
それを見て、
Yが仰天し、相手も仰天している。
どうやら、Yの会社のグループらしい。
その中の2人とYは、
特許部の「3バカ部長」なのだという(自称)。
あっ、どーしたの、奇遇ですねぇ、
と話し込んでいた。

食事が終わり、
会計をすると、
2人で16000円!
おいおい、
あの料理で、1人8000円はないやろ。

Yが言うには、
この店の2倍うまくて、
値段が半分の店がいくらでもあるという。
マズイ、汚い、は許せるけど、
「値段が高いだけ」
は許せん。
ということで、
つぎは、来るときは、
2倍うまくて、値段が半分の店で。

一次会が終わり、
お待ちかねの中国人クラブに行く。
Yは金沢に来るたびに、
この店の中国人ママを持ち上げる。
そこで、
今回出張する前に、
Yにメールを送った。
「例の中国人ママのクラブに連れて行ってくれ」

すると、すぐに返事が来た。
「”クラブ”というイメージをもつのはやめたほうがいいです。
どちらかというと”場末のスナック”というイメージです」

行ってみると、
本当に、場末のスナックだった。
「夜来香(イェライシャン)」
と店の名はシャレてるのだが、
4坪ほどの空間に、
カラオケが1台あるだけ。
狭くて、ホコリっぽくて、寂れて、
大学時代に行った場末のスナックそのもの。

ところが ・・・

なぜか、居心地がいい。

ママの慧(kei)ちゃんは、
びっくりするほどの美人。
顔の造りが日本人とは違うし、
場を惹きつける”華”もある。
サラリーマン勝ち組で、羽振りのいいYが、
こんな場末のスナックに通う理由は、
ココにある(たぶん)。

ママに出身を聞くと、
「瀋陽」だという。
やっぱり!
金沢で接待でよく使う店の中国人ホステスによれば、
「中国人は、北と南で違います。
北の女性は、背が高くて、色が白くて、美人、
南の女性は、背が低くて、色が黒くて、××」
じつは、このホステスも瀋陽生まれで、
背が高くて、色が白くて、美人。

去年、マカオに出張したとき、
ガイドのランディも瀋陽出身で、
背が高くて美人だった。
今回の慧ちゃんもビンゴ!
ひょっとして、
「中国東北部の女性=美人」
は歴史の方程式なのかもしれない。
(ちょっと、おおげさか)

この店で働いて1年の「ことちゃん」は、
日本的な超美人。
AKB48なんて足元にもおよばない。
なんで、こんな美人がこんな場末のスナックに ・・・
ママに聞くわけにいかないので、
本人に聞いたが、
言葉を濁している。
さては、ママに遠慮してるな ・・・
ところが、なんのことはない、
日本語が話せないだけだった。

ただ、出身地だけは聞き出せた。
それがなんと、福建省。
福建省は中国南部の沿岸地域で、
台湾に面している。
東北部じゃないぞ ・・・
福建省も美人の産地か?
ん~、さすが中国5000年の歴史、
奥が深い。
(まぁ、ドーデモいいのだが)

それはさておき、
いくら美人でも、
話が通じないのでは、”話にならない”。
ふと気がつくと、
Yが絶唱している。
ところが、
僕はノドが弱いので、
カラオケは歌わない。
でも、その日に限って、
なぜかご機嫌で、
何曲も歌いまくった。
(本当に珍しい)

途中で気づいたのだが、
Yはずいぶん歌がうまくなっている。
さては、
慧ちゃん目当てに、通い詰めて、みついだ成果か?
でも、まぁ、
金沢ではありえない場末のスナックだし、
安いんだろうけど。

ところが、店を出るとき、
2人で、2万4000円!
おいおい、こんな場末のスナックでそれはないやろ!
と思ったのだが、
ママの笑顔を見て、
「また来るわ」
情けない ・・・

Yに携帯電話が入り、
先の3バカ部長の1人F部長(失礼、自称なので)が、
六本木で飲もう、という。
え?蒲田から、六本木って、
けっこう遠かったような ・・・
ところが、
そこで、Yに説得された。

1次会の居酒屋は高くてマズイので、
YもF部長も滅多に行かない。
ところが、
僕が東京に来たことで、
YとF部長と僕の3人の邂逅があり、
これも何かのご縁だから、
六本木に行くべきだ、
という。
よくわからんが、
とにかく、
六本木で飲むことにした。

美人ママの慧ちゃんに
後ろ髪を引かれる思いで、
タクシーで六本木に行く。
30分~40分?
蒲田から六本木は思ったほど遠くなかった。

F部長は、
どこかでシャンパンを買ってきて、
それを店に持ちんでいる。
どうやら、いきつけの店らしい。
店の名は「James monroe」。
蒲田の「夜来香」よりは、
広くてきれい。
まぁ、一応、六本木なので。

この店のママは、
たぶん、それなりの歳なのだろうが、
若く見える。
そんな話をふると、
六本木で4半世紀やっているという。
銀座や六本木で25年なら、立派なもんだ。
実際、
ママと話していると、
頭の良さが透けてみえる。

だいたい、店の名が「James monroe(ジェームズ・モンロー)」。
「モンロー主義:アメリカとヨーロッパは互いに干渉すべきではない」
を唱えたアメリカ合衆国大統領のフルネーム ・・・
モンローはハンサムじゃないし、
派手な功績があるわけじゃないし、
ママがモンローの末裔とも思えない。
さてはインテリ?

そこで、F部長が話しかけてきた。
F部長もかなりの物知り。
理由を聞くと、
本が好きらしい。
彼は北大出身なのだが、
北杜夫の「どくとるマンボウ青春記」のせいで、
大学時代は勉強しなかったという。

そういえば、
「どくとるマンボウ青春記」に、
こんなくだりがある ・・・

北杜夫が東北大学に合格したとき、
彼の父(詩人の斎藤茂吉)は、すこぶる上機嫌で、
大学なんか、4月から行くもんじゃない、
と断言したという。
それを真に受けて、
遅れて大学に行くと、
授業がかなり進んでいて、困った、
という話。

たぶん、
これを言っているのだろう。

そこで、カラオケが始まり、
みんなで歌いまくった。
僕が、井上陽水の「ロンドン急行」を歌うと、
ママが、初めて聞いた、
と感動していた。
そうか、
僕らのスーパースター「井上陽水」は、
いまじゃ、過去の人なんだ。

YもF部長もすっかり、酔っぱらっている。
Yは明日、部の方針演説をすると言っていたけど、
大丈夫かな。

午前1時過ぎたあたりで、
ママが店を閉める準備を始める。
ママいわく、
F部長、以前、六本木で撃沈し、
カバンをなくしたらしい。
そのとき、
ママが朝、F部長の奥さんに電話すると、
「なんで、今、六本木なの?
六本木なんか、燃えてなくなればいいのに ・・・」
これには、ママもいたく感動したらしいが、
僕も感動した。
いいセリフだ。

Yは、今日は徹夜で飲むぞ、と吠えているし、
F部長も歌をやめる気配がない。
そこで、ママは、
F部長にこれが最後、と一曲歌わせて、
そそくさと店を閉め始める。
その手際のいいこと。
その後、
酔っぱらったYとF部長を、宿泊所に誘導し、
僕をタクシーまで送ってくれた。
しっかり者のママだなぁ。
さすが、六本木で4半世紀 ・・・

外に出ると、
1時半だというのに、
街はまだ華やいでいた。
気のせいか、外人も多い。
やっぱり、
蒲田は「町」、六本木は「街」かな。

タクシーで蒲田まで戻ったが、
5600円もかかった。
蒲田でホテルをとった意味ないじゃん。
蒲田と六本木 ・・・
ヘンな「ハシゴ酒」だったが、
なんか楽しい夜だった。
Thank you!Y & F部長

《 六本木 1:30 am 》
Street_Roppongi

by R.B

関連情報