BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■アニメ会社破綻! 2012.02.11

デザイン会社のA社長から電話があった。
いつもは、メールなのに ・・・
さては緊急事態?
ビンゴ!
年明け早々、またかいな。

半年前、このデザイン会社に、
アニメパートを発注したのだが、
元絵のアニメだけ、別のアニメ会社に発注している。
(餅屋は餅屋)
ところが、
このアニメ会社の納品が遅れに遅れ、
あげく、
「会社が閉じた」
という。

閉じたって、倒産?
ノー!
この業界は、
手形は使わないので、
「手形の不渡り → 倒産」
は基本ありえない。
では、
「会社が閉じた」とは?

アニメ、CG、コンピュータソフトウェア、サウンド、
それがなんであれ、
成果物が無体物なら、
原材料はいらない。
つまり、仕入れがないわけで、
ほぼ「経費=人件費」。
だから、
資金がショートしても、
倒産はなく、
給料の支払いが滞るだけ。

ところが、
「給料の遅配」が続くと、
労働基準監督署にかけこむ従業員が出てくる。
すると、
労働基準監督署は、
(この会社の)債権者に通達する。
結果、
関係者に「アブナイ」が知れわたるわけだ。

しかも、
今はインターネット社会、
2ちゃんやSNSに書き込まれた最後、
悪事千里走るで、
「みんなの共有情報」になってしまう。

そうなると、
従業員も浮き足立ってくる。
給料がもらえないかも ・・・
で、仕事に精を出すバカはいない。
優秀な人材から逃げ出し、
やがて、自然消滅 ・・・

だから、
根も葉もないウワサでも、
いったん、広まったが最後、
本当に破綻する。

そうなると、
この会社の責任だけではすまない。
ウチも、アブナイ会社に発注した責任、
完成できなかった責任で、
最悪、損害賠償もありうる。

当然、ウチも、
下請けに損害賠償を請求したいところだが、
下請法の問題もあって、
ヘタをすれば、
こっちが訴えられる。

だいたい、
ここまでくると、
破綻した会社のほうが強い。
もう後はないので、
「信用」を気にする必要がないからだ。
「無いものは払えない」
と居直って、
借金を踏み倒して、
後は野となれ山となれ~
コワイコワイ。

ということで、
頭をかかえた4社が一堂に会した。
元請け、
ウチ(1次下請け)、
デザイン会社(2次下請け)、
アニメ会社(3次下請け)。
場所は東京のとあるビルの1室。

会議では、3つのプランが提案された。
【プランA】 このアニメ会社で開発を続ける。
【プランB】 アニメ会社を変える。
【プランC】 開発を断念し、損害賠償モードへ。

もう一つ、
【プランZ】 神に祈る
というのもあるが、
さすがに口に出せない。

ところが、驚くべきことに、
問題のアニメ会社の社長が吠えだした。
「納品が遅延しているというが、
ウチは、全部納品している。
なんで、カネを払わない!」

瞬間、みんな仰天して、
「宇宙人を見るような目」で社長を見た。

このアニメ会社は、
確かに、全カット納品しているが、
30%がメーカー(発注者)からNGが出ている。
OKが出て初めて、納品でしょ。
これを、リテイク(やり直し)というが、
このメーカーは確かにリテイクが多い。
ただ、その分、
高品質 → 販売好調 → 業績好調 → カネ払いがいい

ウチみたいな下請けデベロッパーは、
優良企業に信用されてナンボ、
嫌われたが最後、
明日はない。

だから、
ウチはメーカーが満足するまでリテイクに応じる。
目先、赤字でも、
次の仕事につながるからだ。
明るい未来はきっと来る、
そう信じて頑張ってるわけだ。
そんな努力のかいあって、
今では、このメーカーのトップデベロッパーに紛れ込んでいる。

ところが、
このアニメ会社はそういう意識がない。
TVアニメの延長で、
納期が迫れば、
品質を落として、平気で納品してくる。
しかも、
かなりの部分が中国。
納期が間に合いそうにない、
人件費が安い、
からだ。

しかし、
「中国=人件費が安い=安く上がる」
が、いつも通用するとは限らない。
今回のように、
高品質が要求される場合だ。
いくら、安くても、
リテイクを繰り返せば、
納期はのびるし、コストもアップする。
あげく、予算オーバー ・・・
何をしているかわからない。

ということで、
このアニメ会社はプロ根性がない!
と言いたいところだが、
話はそうカンタンではない。

アニメ制作のスキームはザックリ、
1.総作画監督(規模が大きい作品の監督・一番偉い)
2.作画監督(規模が小さい作品の監督・偉い)
3.原画マン(アニメの原画を描く人・絵が上手)
4.アニメーター(原画と原画を補間する絵を描く人・作業員)

ところが、
「4.アニメーター」は分業なので、
品質がバラつく。
それをおさえるのが作画監督(作監)だ。

ただし、例外もある。
たとえば、シルヴァン・ショメ監督の「イリュージョニスト」。
このアニメは、
アカデミー賞(長編アニメーション部門)にノミネートされたが、
作監クラスがアニメーションを描いている(たぶん)。
なので、
このクラスなら、そんな心配はない。

ということで、
一部の例外をのぞけば、
アニメの品質は作画監督で決まる、
といっていい。

ところが、最近、
日本の作画監督の数が減っている。
総作画監督は100人、
作画監督は200人ぐらいだという。

さらに、
アニメ会社のスタッフ(作監も含む)は、
ほとんどがフリーで、
仕事が終わると、
解散して、次の仕事に移る。
当然、仕事場(会社)も変わる。
だから、
「リテイク(やり直し)」と言われても困るのだ。
解散して描き手はもういないのだから。

ということで、
アニメ会社にはアニメ会社の事情がある。
もちろん、
これを許せば、
メーカー → 元請け → ウチ → デザイン会社 → アニメ会社
と、損害賠償のドミノが始まる。
もちろん、
そんな事態は誰も望んでいない。

会議は紛糾し、
のべ4時間にもおよんだ。

夕方の4時、
会議をおえて、蒲田に向かう。
大学時代の友人Yと会うためだ。
居酒屋で一杯やって、
その後、
Yおすすめの中国人クラブへ(後で「場末のスナック」と判明)。
今回の出張は、これだけが楽しみ?
寂しい人生だ ・・・

by R.B

関連情報