BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■3Dプリンタ 2009.10.05

得意先が本社を移転したので、
役員全員(3人)で挨拶に行った。
さすがは上場企業、
秋葉原のど真ん中に、
本社ビルがドーン!
だけど、
なんでアキバなんだろう?
商売はアキバと何の関係もないのに。

夜、得意先と会食。
専務と部長が口をそろえて、
アキバはなじめないとボヤく。
たしかに、今のアキバは、
オジさんが心安まる街ではない。
さては、
オーナーの独断?
ところが、
目の前の松阪牛に気を取られ、
理由を聞くのを忘れてしまった。

今回の出張はこれでおしまい、
のはずだったが
東京まで来て、
晩飯食って帰るのはちょっと ・・・
ということで、
翌日、再びアキバへ行った。

特に行くあてもないので、
社長の知り合いの会社にお邪魔することにした。
狭いビルの一室に、
所長(72歳)、
部長(50歳代?)、
社員2人(40歳代?)
だけ。
おっさん4人組 ・・・ 異様な雰囲気。

ところが、話してみると、
けっこう明るい。
年の功か、ジョークもさえて、
みんな和気あいあい。
なんか楽しそうだ。
全員、一丁上がりで、
燃えるような熱意はないが、
ダラダラでもない。
初めて見る不思議な社風だ。

ところが、
そのさびれたビルの一室で ・・・

僕は「未来」を見た。

机におかれた1本のモンキーレンチ。
長さ10cmほどのレプリカで、
半透明の樹脂でできている。
スクリューギアを回すと、
レンチの幅が変わる。
おー、すごい!

だから?

注目すべきは、
モンキーレンチの精巧さではなく、
製造方法にある。
なんと、
3Dプリンタで印刷したのだという。
「3次元物体」を印刷?
久々に、技術者ゴコロが騒いだ。

 ところが、話を聞くと、
原理は意外にシンプル。
以下、その製造方法

・・・

まず、3次元形状の設計図をつくる。
Max、Maya、LightwaveなどのCGソフトで、
モデリングすれば、
それが設計図になる。
次に、その設計図をもとに、
形状を地図の等高線のようにスライスし、
下から上に順番に実体化していく。
それだけ。

スライスを実体化するには、
「光造形」という方法を用いる。
スライスごとに、
特殊な樹脂(液状の光硬化性樹脂)の平面板を用意し、
実体化する部分に紫外線をあてる。
すると、その部分だけが硬化し、実体化される。
この作業は二次元処理なので、「印刷(プリント)」。
この二次元印刷を等高線の高さ方向に繰り返せば、
3次元形状が実体化される。
つまり、「3Dプリンタ」。

最後に、
実体化されなかった部分(紫外線をあてない)を取り除く。
この部分は柔らかいので、ポロポロとれて、
気持ちがいい。
中から3次元オブジェクトが現れると、
ちょっと感動。

3Dプリンタは、
一体成形なので、
鋳型や切削が不要だ。
だから、手間もかからない。
しかも、スライスの積み上げなので、
自由度が高く、
複雑な形状もOK。
なんと、
ボトルシップまでできてしまう。

口の小さなボトルの中に、
大きな帆船が入っているアレ。
たねあかしは、
小さなパーツにばらして、
ボトルに入れ、
中で組み立てる。

タネでもなんでないけど、
子供の頃は、
不思議でならなかった。
ところが、
スタートレックの「転送」を観て、
「これや!」
と感動したことを覚えている。

冗談はさておき、
そんな魔法のボトルシップも、
3Dプリンタなら簡単に作れる。

ただし、素材に問題がある。
周囲の温度が50度を超えると、
固体を維持できないという。
ドロドロ溶け出す?
ん~、ちょっとコワイ。

できあがったオブジェクトは、
じつに滑らかだ。
目を凝らしても、
スライスの段差は見えない。
その秘密はスライスの ピッチにある。
わずか16ミクロン(0.016mm)。
この3Dプリンタのウリは、
ココらしい。

ところで、
開発したのはどこの誰?
むろん、先の4人組じゃない。
イスラエル。
ファイアウォールを発明したのも、
名戦車メルカバを開発したのも、イスラエル。
先入観もあるが、
「ドキドキする発明=ユダヤ人」?

この3Dプリンタで、
心底感動したのは、
テクノロジーではなく、機能。
形状データさえあれば、
何でも実体化できる!
僕の子供ゴコロには「魔法」に見えた。

今は、形状しかコピーできないが、
遠い未来には、
材質までコピーできるかもしれない。
そうなれば、
スタートレックのレプリケーター(複製器)だ。
とはいえ、
今の「形状コピー機」でも、
十分商売になる。

たとえば、
アキバの中央通りに、
ガラス張りの店舗をかまえる。
そこで、
フィギュア、戦車、宇宙船、城の3D印刷を実演する。
さらに、それを即売。
きっと、人だかりができるだろう。

そうなれば、
形状データを持ち込んで、
これを作ってくれとせがむオタクも出てくるだろう。
データをメールに添付すれば、
地方からでも注文できる。

新築するとき、
マイホームのミニチュアがもらえたら、
どんなに嬉しいだろう。
3Dプリンタならカンタンだし、
建築業者のウリにもなる。

自分だけの宇宙船、飛行機、戦車をモデリングして、
3Dプリンタで、サクサク実体化 ・・・
考えただけで、ワクワクする。
ひょっとして、
プラモデルはなくなる?

すっかり興奮した僕は、
彼らに自分の思いを打ち明けた。
「個人でこのプリンタ買います。いくらですか?」

「えーと、たしか、5000万円 ・・・」

by R.B

関連情報