BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■細川ガラシャの辞世の句 2012.01.01

ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の
花も花なれ 人も人なれ
~細川ガラシャ~

散りどきを心得てこそ、
花は花の、
人は人の価値がある、
という意味。

明智光秀の娘、
細川ガラシャが詠んだ辞世の句である。

細川ガラシャは、
織田信長を弑逆した大罪人、
明智光秀の娘として、
そして、
禁断のキリシタンとして、
戦国の世を生き、
カトリックの大罪「自殺」で、
人生を終えた。

美人の誉れ高く、
宣教師が驚嘆するほど、
聡明な女性だったという。

細川ガラシャは、
戦国武将、細川忠興に嫁いだが、
関ヶ原の戦いで、
敵の石田三成に人質に取られそうになり、
自害して果てた。
その時に詠んだのが、
冒頭の句である。

響きの良い句だなぁ、
ぐらいの印象だったのに、
最近、魂を直撃された。

トイレで会長に、
「うちのホームページ、
デザイン会社にしては、
ダサイなぁ。
なんとかならんのか」
とグチられた。

前から気になっていたので、
「わかりました。
リニューアルしましょう。
予算30~100万円で外注します。
ただ、素材は凝りたいので、
社内のデザイナーを使います。
それでいいですね」
と軽請け合いした。

2012年、
ウェブサイト(ホームページ)は曲がり角にある。
ウェブサイトを記述する「HTML言語」が、
「HTML4」から「HTML5」にバージョンアップしようとしているのだ。
2012年3月には正式に勧告されるという。
HTML5は次世代ウェブというべきもので、
10年の一度の革命と言っていい。

1年前までは、
アドビのFlashさえあれば、
HTML5は不要だと思っていたが、
Flashは、アップルに嫌われるし(iPhone、iPod Touch、iPadはFlash未対応)、
グーグルもマイクロソフトもHTML5に力を移している。
ひょっとすると、
Flashが消えて、HTML5の時代が来るかもしれない。

そのHTML5のキモとなるのが、
「JavaScript言語」だ。
そこで、これを機に、
JavaScript言語をマスターしようと思い立った。

じつは、
僕は元プログラマー(今は雑用係)。
悪名高いC++言語も苦にならないので、
チョロイもんだ、と高をくくっていた。
さっそく、参考書を買って、
読み始めたのだが ・・・

理解はできるが、
脳にしみこまない。
この違和感は何?

新入社員時代、
Basic言語は、
ウィスキーを飲みながら、
一晩で覚えられたのに、
なんで?!

若手プログラマーに確認したところ、
「C++があのレベルなら、
JavaScriptはゴミでしょ。
歳のせいじゃないですか」

(この野郎、一番気にしていることを ・・・)

顔色を読んだのか、
プログラマーはそそくさと去っていった。
歳で能力が落ちてたまるか。
俺はいつだって、
プログラマーに戻れるんだ。
ホンドだぞ!

そのとき、
1年前、イタリア語に挑戦したことを思い出した。
学生時代、特技があって、
2回音読すると、ほとんど記憶できた。
おかげで、
ドイツ語は全部「優」だったし、
イタリア語なんて、チョロイも~ん

ところが ・・・

TVでイタリア語講座を始めたが、
文法が難しく感じる。
覚えようとしても、覚えられない。
しかも、何度やってもダメ!
結局、2週間で挫折したが、
覚えた単語は1つだけ ・・・ ジェラート(たしか、アイスクリーム)。
悲しすぎる。

そのときは、
イタリア語が悪いのだろう(意味がわからん)と、
気にもとめなかったが、
商売道具のプログラム言語も頭に入らなくなった。
わー、わたしは誰、ここはどこ?という気分。

昔は、
理解さえすれば、
意識しなくても頭に入ったのに、
その感覚が消失している。
それどころか、
ムリに記憶しようとしても、
ゼンゼン頭に入らない。
アルツハイマーか?

普段、偉そうにしている分、
誰にも打ち明けられない。
これまで、スタッフの前では、
ハードでツッコミが入ると、
「俺の本業はソフトなんだ」
ソフトでツッコミが入ると、
「俺は、元々、ハード屋なんだ、ガハハ」
と、誤魔化してきたのに、
今は、何をやってもダメ?

おわりだ、おしまいだ、
でも、そんなはずはない。
まだまだ、若いもんには負けん!

そのとき ・・・

冒頭の句を思い出した。
そうか、あの句は、
「人生は起承転結」
と言っているのだ。

初めがあって、転機があって、終わりが来る。
これが、世の道理。
森羅万象は、
すべて時間軸の上にあり、
それから逃れることはできない、
それを心得てこそ、
人は人なのだと。

お?一句浮かんだ ・・・

身のほどを わきまえてこそ 世の中の
花も花なれ 人も人なれ

by R.B

関連情報