BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■取締役の真実  2011.12.17

数年前のこと、
知人(上場企業の常務)が、
突如、解任された。
まだ、57歳。
理由を聞いたところ、
「新しい社長に嫌われた」

たまたま、
彼の元上司と顔見知りだったので、
事情を聞くと、
「彼は、『俺は頭がいいんだ』が、
プンプンしてたなぁ。
それが社長の気に障ったんだろうね。
あの社長ならありうる」

上場企業なので、
退職金はハンパじゃないし、
子供も自立しているので、
生活に困ることはないだろう。
それに、
非常勤の監査役になったので、
完全失業というわけではない。
ただし、年収は、
3000万円 → 360万円。

たしかに、
取締役は取締役会で解任されれば、
一巻の終わり。
とくに、役付きの役員は、
失業保険もでない。
労働者の権利がないからだ。

しかし ・・・

こんな理由で、
会社をクビになったのではたまらない。
労働者の権利どころか、
人権も無いのでは?

それから、2年経って、
別の上場企業の知人が、
取締役を解任された。
しかも、まだ40歳代。
企画課長 → 企画部長 → 企画担当役員
と順調に出世していたのに ・・・

ところで、理由は?
たまたま、その会社で、
取締役の定員数を減らすことになり、
その中に、
彼が入っただけ。
まぁ、交通事故みたいなもの。

こんな理由で、
会社をクビになったのではたまらない。
仕事にしくじった、
あるいは、
業績が悪化したなら、
あきらめもつくが。

そして、先日、
知人がもう一人、
取締役を解任された。
年齢は53歳。

未上場の中堅企業だし、
退職金も大したことはないだろうし、
子供はまだ大学生だし、
これからどうするのだろう?

ところが、
会ってみると意外に元気。
どうやら、
会社を立ち上げるらしい。
温厚な人物なので、
腹いせというわけではないだろうが、
クビになった会社からスタッフを引き抜くという。
こんな仕打ちをされたのだから、
会社に同情する気にもなれない。

解任された理由を聞くと、
よくわからないと言う。
彼の事業は会社の稼ぎ頭だし、
まぁ、社内抗争で、
トコロテン式に、
はじき出されたのだろう。

確かに、
取締役は労働者ではなく、
経営者だ。
だから、
会社の経営に責任を負ってしかるべきだ。

しかし、
だからといって、
テキトーな理由をつけて解任、
では筋が通らない。
特に、日本の取締役は、
欧米ほど報酬が高くない。
それに、権限も小さい。
権利と責任は「対」だが、
権利は軽量級で、責任だけが重量級、
ではたまらない。

そうでなくても、
最近は、「株主訴訟」で、
取締役個人が訴えられることもある。
しかも、企業の損害賠償なので、
金額はハンパではない。
自己破産するしかないだろう。

美人秘書と社用車付き、
なんて遠い昔の話。
まして、
中小企業の役員なら、
年収800万円~1500万円で、
上場企業の「課長~部長」並み。
付き合いも多いし、
子供にカネはかかるし、
家のローンもあるし、
貧乏ではないが、決して楽ではない。
しかも、
いつクビが飛ぶかわからない。

しかも、
仕事の内容は種々雑多。
資金繰り、事業管理、組織管理、商品企画、雑務一般。
ソフト会社をやっている知人は、
日中は、派遣先でプログラムを書いて、
夜会社に帰って、
部下の進捗状況を確認し、
経理を処理して帰宅する。
やっとれんわ ・・・

ところが、
取締役の受難はこれだけではない。
知人があるベンチャー企業の取締役をやっていた。
ある日、社長によばれ、
こう言われた。
「代表取締役・副社長になってくれ」
「こんな小さい会社に、代取(代表取締役)が2人もいるんですか?」
彼は、数時間断り続けたが、
最終的には承諾した。

ところが、その直後、
経理部長が飛んで来て、
「この手形に『裏判』をお願いします」
と言われ、金額を見て卒倒しそうになったという。
金5000万円也。

商取引では、
現金の代わりに手形が使われることがある。
受け取る側にしてみれば、
現金ではないので不安だ。
そこで、
手形の裏に「記名捺印」させ、
個人保証をとるのである。
もし、その手形が現金化できなければ、
個人で保証しなければならない。
いわゆる連帯保証人だ。

そもそも、
代表取締役の「代表」は、
連帯保証人の「代表」という意味。
この知人は、
2年間、代表取締役・副社長を勤めたが、
その間、熟睡できなかったという。
その後、
平の取締役にもどり、
今は元気にやっている。

ところで、
そんなにイヤなら、
辞めたら?
ご冗談でしょう。
こんな歳じゃ、どこも雇ってくれないし、
失業保険も出ない。

人間は肉体をもつ。
ゆえに、食料を補給しないと死ぬ。
自殺するつもりはないのでカネがいる、
というわけだ。
取締役受難の時代である。

by R.B

関連情報