BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東京ディズニーシーでお疲れぇ 2011.11.26

はじめて、東京ディズニーシーに行った。
シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」を観るついでだが、
子供にしてみれば、
「ZED」のほうがついでだろう。

ディズニーシーなら、
ホテル「ミラコスタ」がベストと聞いたので、
2ヶ月前に予約を入れたが、
すでに一杯だった。
5人部屋は数が少ないらしい。
そこで、少し遠いが、
東京ベイ舞浜ホテルにした。
というか、
ここしか空いていなかった。

初日は、
「金沢 → 東京」の移動と、
シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」だけ。
「ZED」の開演は16:00だったので、
40分前に会場に入り、
「ZED」グッズを買いあさった。
今年一杯で打ちきりなので、
もう買えなくなるから。

店を物色し、
Tシャツ2枚、帽子、ボールペンセット、携帯ストラップ、サントラCD、
を無造作にカゴに放り込み、レジに行くと、
カミサンがいた。
気のせいか、
目がつり上がっている。
レジの横に、「ZED」のイラストがあったので、
「おー、この絵センスいいな、買いかなぁ?」
とカミサンに振ると、
「ゼンゼン!なんでそんなムダ使いするの?
沖縄に家買えないじゃない!」
はい?

じつは最近、家で、
日本は放射能汚染列島で、
安全なのは沖縄だけだから、
貯金して、
沖縄に家を買おう、
と吹いていたのだが、
それを逆手に取られたわけだ。

カミサンの頭上に暗黒パワーを感じたので、
買うのをやめた。
4万円のイラストを節約しても、
沖縄に家は買えないと思うけど ・・・

ZEDが終わり、
ホテルに帰って、
中華料理レストランで、
食い放題メニューを注文した。
ところが、
これが、けっこううまい。
ディズニーランドのレストランは
マズくて高いと思い込んでいたので、
ちょっと、ビックリ。

ホテルの部屋は、
まぁ、こんなもん。
さっそく、 窓をあけて、
ガイガーカウンターを取り出す。
この日のために、
アマゾンで購入した「RD1706」だ。
RD1706は、
ガイガー・ミューラ管を2個備えた、
最新鋭のガイガーカウンターだ。
千葉は放射線量が高いはず ・・・

ところが ・・・

5回測定したのに、
毎時0.12~0.13マイクロシーベルト。
昨日、金沢で測定したら、
毎時0.1~0.15マイクロシーベルト。
ゼンゼン変わらんぞ。
海に近いせいか?

RD1706は、
簡易ガイガーカウンターなので、
精度はそんなに高くない(たぶん)。
実際、
金沢の公称値は毎時 0.05マイクロシーベルトなので、
2倍の誤差がある(公称値が本当なら)。
RD1706は、
毎時0.1マイクロシーベルト未満は、
正確に測れないのだろう。
であれば、放射線量は、
「金沢=千葉・舞浜=毎時0.05マイクロシーベルト」
と考えていいかもしれない。

しかし ・・・

これで、ディズニーシーの作戦は水泡にきした。
その作戦とは?

聞くところによると、
ディズニーシーの見世物は、
1時間待ちがザラだという。
そこで、列についているとき、
おもむろに、ガイガーカウンターを取り出して、
「おぉぉぉー、すごい放射能や」
とつぶやいてみせる。
すると、みんなビビってを列を離れる。
これで、
待ち時間がぐっと減る、というわけだ。

それを家族に話すと、
みんな顔をしかめて、
「それ、ひんしゅくもんやわ」
そこで、
「ジョーダン、そんなことするわけないわ」
と反論すると、
みんな僕の顔をのぞき込んで、
「やりかねんわ ・・・」

僕は小さい頃から、
この手のいたずらが大好きだった。

翌日、10時に、
ディズニーシー行く。
聞くところによると、
まず、
ダッフィー(Duffy)という人形を買うのが作法なのだという。
ところが、店に行くと、
整理券を渡された。
店に入れない?!

指定された時間に行くと、
さらに、1時間も待たされた。
何のための整理券や?
店の中に入ると、
歩けないほどの大混雑。
酸欠で倒れそうになった。
店の外で長蛇の列、
さらに、
店のレジでも長蛇の列。
体力ゲージが一気に半分になった。

しかも、
カミサンが言うには、
ダッフィー(Duffy)は2体買うのがルールなのだという(オスとメス?)。
リボンがついてるほうがメスか?
ようわからん ・・・
さらに、
着せ替えの服まで買わされたのだが、
1着8000円!
おいおい、
昨日買った「ZED」のTシャツより高いじゃないか!

その後、
いろいろ見世物を観たが、
どれもこれも、1時間待ち。
しかも、
観ている時間は5分前後。
なんの冗談や?

たとえば ・・・

タートルトーク。
待ち時間50分。
CGのカメとたわいもない会話、
それだけ?

センター・オブ・ジ・アース。
事前に予約したので(ファストパス)、待ち時間は20分。
ジェットコースターの地底版で、
恐くも何ともないが、
3分ほどで終わり。
はぁ?

海底2万マイル。
1時間待ち。
ジュールベルヌの「海底2万マイル」ネタ。
潜水球に乗って、
海底らしき場所を探索する。
出し物がとうとつで、ようわからん。
待ち行列に、
ノーチラス号の船内、潜水服など
海底2万マイルグッズが展示されていたが、
こっちはリアルで良かった。
(じつは、ジュールベルヌの大ファン)

貧乏性でせっかちなので、
待つのが耐えられない。
それでも家族が喜んでくれれば、
と修行のような1日だった。

夕方になったので、
ホテルに帰って、一杯やろうと思ったら、
まだ出し物があるという。
ディズニーシーのフィナーレ「ファンタズミック」。
「メディテレーニアンハーバー」という大きな池で、
ミッキーのショーがあるらしい。

混むと思ったので、
良い場所をとろうと、
1時間前に行ったのに、
すでに、たくさんの人が陣取っていた。
係員に聞くと、
前に5列できているので、
下がって観たほうがいいという。
そこで、建物のアーチまで下がって待っていたら、
別の係員が来て、
ここは通路なのでどいてください ・・・
どっちやねん!

20時になって、やっとショーが始まった。
広大な空間を使い、
レーザーやら、炎やら、大音響やら、
そりゃ、ライブなんだから迫力はあるわ。
下のおチビがゼンゼン見えないので、
長男がかついで、そのまま20分。
さすが、剣道3段のガードマン、
体力あるわ ・・・
こんな時に役に立つ。

疲れ果てて、
ホテルに帰り、
レストランに行くと、
長蛇の列。
はぁ?
30分待って、
やっと食べ物にありついた。

ぐったりして、
スパゲッティをつついていると、
下のおチビが、
「来年も来ようっと!」
瞬間、
体力ゲージがゼロになった。

by R.B

関連情報