BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」 2011.11.13

シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」が、
今年一杯で打ち切りと聞いたので、
家族そろって観に行った。
場所は、
東京ディズニーシーすぐ近くの
「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」。

シルク・ドゥ・ソレイユは、
カナダで設立されたエンターテイメント ブランドだが、
常設公演は、
アメリカ、マカオ、日本でしか観ることができない。
しかも、
演目はそれぞれ違うので、
すべて、地球のオンリーワンショー。

シルク・ドゥ・ソレイユに興味をもったのは、
シルク・ドゥ・ソレイユ「ZAIA」を観てから。
今年6月に、マカオにカジノの展示会があり、
その見学のため、マカオに出張した。
たまたま、宿泊したヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテルに
シルク・ドゥ・ソレイユ「ZAIA」の常設公演があったので、
ついでに観たのである。

ところが ・・・
シルク・ドゥ・ソレイユ「ZAIA」は素晴らしかった。

 今までやってきた仕事(ゲーム・映像制作)は、
何だったんだろう、
全部「まがいもの」だったのでは、
と思ったほど。
本物のエンターテインメントを見せつけられたような気がした。

シルク・ドゥ・ソレイユ「ZAIA」は、
・人間離れした肉体パーフォーマンス(力業・軽業)
・息をのむ空中パーフォーマンス(観客席の上を高速で滑空)
・ヴィヴィッドな衣装と素晴らしい照明
・格調高いオペラ

しかも、それぞれが最上のクオリティ。
特に、力業・空中パーフォーマンスは、
あまりに人間離れしていて、
わが目を疑った。
しかも、
命綱やネットがないシーンもあった。
たまたま、忘れた?
落ちたら死ぬぞ ・・・ 信じられない。
まさに、
シルク・ドゥ・ソレイユ(太陽のサーカス)の名にふさわしい、
至高のサーカスだった。

「ZAIA」を観て以来、
シルク・ドゥ・ソレイユのファンになり、
「ZED」も観ようと思い立ったわけだ。
家族に、その素晴らしさを熱く語り(まだ観ていないのに)、
さんざん、期待をもたせて、
いざ、会場へ。

ところが ・・・

シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」は、
いまいちだった。
こぢんまり、まとまっていて、
いかにも、日本的。
特に、肉体パーフォーマンス(力業)が、
「ZAIA」に比べ、ひどく見劣りした。
プロとアマの差と言っていい。

それに、
「ZED」の天井の高さは、
「ZAIA」の半分ほどなので、
空中乱舞のパーフォーマンスの迫力が違う。
天井が高いほど、
振り子が長くなるので、
飛行の距離もスピードも段違いなのだ。

衣装も音楽も、ZAIAが上。
しかも、
ZEDは命綱とネットは万全で、
そのぶん、ハラハラドキドキしない。
安全第一、さすがは日本。
そのせいか、
空中ブランコは3回も落下していた。

ZAIAの空中ブランコもネットはあったが、
1回も落ちなかった(たまたまかもしれないが)。
ZEDで良かったのは、
全員が勢ぞろいするフィナーレ、
こぢんまりまとまって、綺麗だった。

それでも、
家族みんなが感動しているので、
ケチをつけるのはやめた。
ZEDとZAIAを比べて、
批評してみたところで、
誰も喜ばない。
知ったかぶりして ・・・
と思われるのがおち。
ということで、
みんな楽しければ、それでいいじゃん、
しかり。

ただ、
こんなところでも、
日本が中国(マカオ)に負けた気がして、
ガッカリだった。
しかも、
シルク・ドゥ・ソレイユは日本から撤退するという。
開演以来、ずっと赤字だったそうだ。
満席だったのに ・・・
日本は人件費が高いせいだろうか?

それにしても、
シルク・ドゥ・ソレイユは、
演目によって、ずいぶん差があるようだ。
そう考えると、
本場ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユは、
さぞかし、凄いんだろうなぁ。
本当に空を飛んだりして。
一度観てみたい気もするけど、
家族でいくとなると、
200万円!
そんなカネどこにある?

by R.B

関連情報